最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

      2016/06/07

体重を減らす効果抜群!お風呂でできるダイエットまとめ

多くの女性がスタイルや体重を気にしてダイエットに励んだことがあると思います。

今回はお風呂でできるダイエットについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


湯船につかることを習慣化する

湯船にきちんと浸かる事で普通に生活しているよりも多くのカロリー消費が望めます。湯船を作るのが面倒くさくてシャワーのみで終わらせてしまっている方もいると思われますが、もしダイエットを効率良くしたいのであれば湯船に浸かる事を習慣化した方が良いですね。

何故湯船に浸かる事でダイエット効果が期待できるのかと言うと、それには色々な理由があるので紹介します。まず第一に血行促進を挙げる事が出来ます。自分の体温より温かいお湯にゆっくりと浸かれば、血液の流れを促進する事が出来ます。血液の流れが改善されてスムーズに流れれば脂肪の燃焼効果と老廃物の排出に繋がりますね。また、ストレス解消効果も大きな要因です。ストレスが溜まり辛い状況と言うのは非常に痩せにくい体になっているので、毎日ゆっくり湯船に浸かりリラックスする事が重要です。

引用元-−-体重を落とす方法を紹介

ダイエットにオススメの正しい入浴法

ポイント1 食前はダイエット効果大、食後はNG
食前にお風呂に入ると胃液の分泌が抑えられ、食事量を減らす効果が。逆に食後の入浴は、胃や腸などに血液が集まらず、消化不良の原因となります。

ポイント2 水分補給を忘れずに
1回の入浴で分泌される汗は200〜400ml。脱水症状を避けるためにも、入浴前・入浴後にはコップ1杯程度の水を飲むようにしましょう。入浴中にも水分をとれば、汗をかきやすくなり、デトックス効果もアップします。

ポイント3 お湯はぬるめ
熱すぎるお湯は心臓に負担をかけるため、長時間の入浴には向きません。デトックス効果や冷え性改善を狙うなら、お湯の温度はぬるめ(38℃〜39℃)が最適です。発汗作用のあるバスソルトを利用してもいいでしょう。

ポイント4 まずは体をあたためる
髪や体を洗う前に湯船に入り、体全体を5分ほどあたためることで、汗をかきやすくなります。手足や体の汚れは、浴槽にためたお湯を「かけ湯」にして、ざっと落としておきましょう。汗をかくので、メイクは入浴前に落としておくのがベストです。どうしても抵抗があるという人は、肘から指先までをしばらく熱め(42℃程度)のお湯につけておきましょう。末端があたためられることで汗をかきやすくなります。5分ほどお風呂につかったあと、髪や体を洗い、再び浴槽に入ります。

ポイント5 20分以上つかる
20分間つかりつづける必要はありません。少し休憩したいと思ったら、浴槽から出て一休みしてもOK。トータル、20分以上入浴し、体の芯からあたためましょう。

ポイント6 楽しみながら続ける
ダイエットや体質改善は1日にしてならず。毎日の入浴習慣の積み重ねが、大きな効果を生み出します。楽しみながら続けるためにも、アロマや入浴剤、音楽、スマホ、読書などを取り入れるなどしてみましょう。体調のすぐれない日は無理をしないことも大切です。

引用元-−-FYTTE

半身浴で体重を減らす

お風呂に下半身だけ浸かるだけでいいので長時間苦痛なく行えますし、
汗が出始めたら中々止まらないので意外とすぐに体重を落とすことができます。

ポイントとしては汗が出始めるまでは全身浸かり、
汗が出始めたらへそ辺りまでの半身浴に切り替えることで楽に継続できるのです。

私は減量の時は毎回“半身浴”を行っていましたが、
体調にもよりますが“30分で500g〜1Kg”程度体重を落としていました。

引用元-−-ダイエット&健康の最新情報

半身浴の方法と効果

(1)お風呂に入る前に、熱いシャワーを出しっぱなしにして、浴室を湯気でいっぱいにしておきます。冬場は特に風予防にもなりますので忘れずに行ってください。

(2)冷えている足などから、かかり湯を丁寧にしていきます。

(3)まず、42度の熱めのお風呂に首まで1〜2分つかって、しっかり身体を温めます。

(4)少し勿体ないですが、お湯を少し減らし、温度も少し下げます(38〜40度程度)。少しぬるいと感じる位が調度良いと思います。みぞおちあたりまでつかり、1回20分を目安に入ります。

40度のお湯に20分入っているだけで約100kcalも消費する事が出来るのです。さらに半身浴を続けたい場合は一度休憩を入れ、入浴中でも水分を取るようにします。

半身浴は体に負担もなく、体が芯まで温まり、血液の循環を促して脂肪が燃焼し易い体に変えて行きます。ただ、食後すぐは消化に良くないので、食前がオススメです。

【半身浴の効果】

(1)血行が良くなることで血液が全身を巡り、汗をかいて老廃物が出易くなります。

(2)湯船につかるだけで1トン近い水圧が体にかかるそうです。首までつかる全身浴だと、その分心臓にも負担がかかります。半身浴で上半身の負担を無くし、むくみがちな下半身を重点的にほぐせます。

(3)体の芯まで温まることで、皮膚の血管が広がり、胃腸の血管が収縮します。その為、胃の運動が緩やかになり、胃液の分泌が減る事で食欲を抑えられます。

(4)ぬるめのお湯にゆっくりつかる事で、自律神経のバランスが整います。結果、心身ともにリラックスでき、ダイエットに付き物のイライラも抑えてくれます。

引用元-−-短期ダイエット方法と成功への秘訣 – MISS-ARIZONA

ダイエットに効果的な高温反復入浴法とは?

「高温反復入浴法」は、水圧と温度の2つの負荷が体にかかるため、けっこう疲労する入浴法となりますが、血液の流れが良くなり新陳代謝が活発になることでダイエット効果も高まります。その消費カロリーは1回の入浴で300〜400kcal程度になるといわれていますから魅力的です!

基本的な「高温反復入浴」は、以下の順に従って、42〜43℃の熱めのお湯に短時間を何回かに分けて入浴しますが、体調の悪いときや疲れがひどいときにはわないようにしましょう。

1 かけ湯をする
まず体をお湯に慣らすため、かけ湯をします。お湯が熱いため、ざぶんと一気につからないように注意しましょう。

2 1度目の入浴→休憩5分
2〜3分間入浴する。その後、バスタブから出て休憩(約5分)。この時、体か髪のどちらかを洗います。

3 2度目の入浴→休憩5分
2度目の入浴。2〜3分入浴したら、またバスタブから出て休憩。(約5分)。1度目の休憩の際に洗わなかった体か髪のどちらかを洗います。

4 最後にゆっくり入浴
最後に5分間程度入浴する。

引用元-−-All About

なぜお風呂で痩せるのがいいのか?

効果的な痩せる方法にお風呂がいいというのは、一体何故でしょうか。

お風呂にゆっくりと入るとボディが温まり、体温が高くなります。身体が熱くなると血流も良くなり、新陳代謝が上がります。熱いお湯に入ったり出たりを繰り返す事で交感神経が高まり、脂肪燃焼が促進されるので、短時間で効率的に脂肪燃焼されるのです。

有酸素運動などで体内の脂肪を燃焼することが、痩せる方法ではよく行われます。脂肪を燃やす手段として、お風呂で痩せるでは湯船に入ったり、出たりを行います。より一層ダイエット効果を高めるには、お湯に入ったままで軽く体を動かし、運動をした時のように脂肪を燃焼します。

体の中に残っていた老廃物や毒素が、お風呂で体重を減らすことをすることによって速やかに出て行きやすくなる状態になることもこのダイエット方法の魅力です。

体に溜まっている老廃物を排出することによって行われるデトックスダイエットも人気の痩せる方法のひとつです。お風呂に入ることでデトックスの効果も期待できます。

引用元-−-お風呂で痩せる方法

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ