最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

働く妻も好きだ!共働き夫婦ですれ違わないための必須心得

      2016/06/07

働く妻も好きだ!共働き夫婦ですれ違わないための必須心得

結婚したら女性は家に入るもの、という考えもまだありますが、共働きの夫婦も、今は全く珍しくありません。

ただ、夫も妻も仕事を持つとなると、家庭がおろそかになってすれ違ってしまうということも、悲しいことに珍しくありません。

今回は特に、子供を持たない共働き夫婦の円満方法についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


共働きのデメリットを今一度確認しよう

平日は完全なすれ違い
共働きの場合には、どちらも朝早く出勤して、夜に帰宅するというのが普通です。お互いが合わせるのは、お互いの生活ではなくて、お互いが勤めている会社の時間に合わせる事になるからです。2人とも働いている場合には、2人がどちらも仕事場でストレスを抱えて帰ってきて、自宅に帰って来てからはゆっくりしたいと思っています。しかし、誰かが料理を作らなければいけませんし、誰かが部屋の掃除なども行わなくてはいけません。どちらも疲れて帰ってくる中で、更に作業が待ち構えている平日は、全く余裕の無い生活になってしまいます。

旅行の為に一緒に休みづらい
共働きの場合には、旅行の為に一緒に休みを取るのは非常に難しくなってしまいます。片方がそれほど忙しくない職場であったとしても、もう片方が非常に忙しい職場であれば、旅行に行く為の休日は取りづらくなってしまいます。仕事が忙しすぎて、2人で1年に1回の旅行にも行けないようでは、何の為に働いているのかすら分からなくなってしまいます。こういった状況が続くと、お互いが新婚生活に不満を持つようになってしまいます。

女性がストレスで体を壊しやすくなる
一般的に女性の方が男性よりもストレスに強いと言われています。しかし、ストレスにどんなに強い女性であっても、男性と一緒に競争を行う職場では、大きなストレスを抱えてしまいます。女性が大きなストレスを抱え込んでしまうと、精神的に不安定になったり、身体的に自虐的になったりなど、様々な症状が出てきます。そのように女性が崩れると、その影響が男性側の精神状態にも大きく影響してくる事になりかねません。

2人で住む場所の調整
2人が職場まで通勤して勤務する場合には、どちらかの勤務地の近くにしたり、お互いの中間にするなど勤務地の調整が必要になってしまいます。勤務地が遠ければ遠いほど通勤時間がかかるようになるので、2人で居る時間を減少させるようになってしまって、2人のすれ違いを生む原因となってしまいます。

共働きをやめた時の不安
共働きであれば、1人20万円の手取りがあったとすれば、2人で40万円の生活をする事が出来ます。家賃、光熱費、水道代、ネット代金などの家計を維持する費用を20万円と見積もったとしても、1人10万円ほど貯金する事が出来ます。しかし、もし1人が辞めてしまって、手取りが20万円だけになってしまった場合には、2人が貯蓄できる金額は大幅に減ってしまう事になります。また、自動車ローン、住宅ローンなどを抱えていた場合には辞めたときの不安は更に大きなものになるでしょう。

引用元-−-HOW CHU

家事は女がするもの、なんて思っていないだろうか?

家事分担は夫婦喧嘩の原因にもなり、離婚原因にもなる
家事分担が原因で夫婦喧嘩になることも多いものです。
話し合いがこじれ、喧嘩続き、改善されない事への不満からこの人は一生自分の頼みなんか聞いてくれないんだという絶望へと続き、もう一緒に暮らしていけない=離婚したい、となるケースも多々あります。
なぜ家事分担がケンカの理由になるのでしょうか?

男性側の考えから探ってみましょう。

家事は女の仕事だと思っている
男が家事を手伝うとなめられると思っている
共働きだろうと夫の方が稼いでいるのだから、妻が家事をやるべきだと思っている
実家の母親が家事をすべてやっていたから
自分は家事ができないから、できる女性がやればいい
などの考えがケンカの元になりやすいようです。

対して、女性側はどうでしょうか。

稼ぎに関係なく仕事に時間を取られているのは一緒。時間のある人がやるべき
夫もこの家に暮らしているのだから、家事をやるのは当然
妊娠・育児と仕事で手いっぱい。家に帰ったら何もしないなんて、単なるお荷物
今家事ができないなら覚えればいい。はじめから完璧にしろなんて言わない
女が家事をやるのが当たり前という態度は、妻を母親や家政婦とはき違えている
妻が求めるのは、何よりも思いやり

家事分担を原因に離婚を考えるのは圧倒的に妻側が多いです。
なぜなら、ただ単に「家事をしない夫」に不満があるばかりでなく、「愛情のない夫」だと思うからです。
愛する妻が食器洗うのがしんどいと言うならば、洗ってあげればいいじゃないですか。
そこに妻は夫の愛情を感じるのです。
自分は大切にされているんだと。

また、難しいのが、「しんどい」と言えない妻です。
でも、言葉に出せなくても冗談っぽく本音をもらしてみたり、食器洗いながらため息ついてみたり、何かしらのサインは確実に発しています。
そのサインに気付くことのできる男性は、ごくまれだとは思います。
しかし妻は、小さなそのサインに気付いてほしいのです。
要は、どれだけ妻に思いやりを見せるか、愛情を見せるかが大事なのです。

引用元-−-家事のコツ

まずは臨機応変・適当でも、二人の家事リズムを構築すべし

【1】洗濯・掃除をする日を決める
朝ほど忙しい時間はありませんね。食事をした片付けもあるし、洗濯物や掃除もあります。
朝ご飯は遅く家を出る方が片づけると良いでしょう。洗うだけで、水切り容器に伏せておけば、帰って来るまでに自然に乾きます。
また、洗濯と掃除に関しては、する日を決めると良いでしょう。お子さんが2人以上いる場合は洗濯は毎日になってしまうでしょうが、夫婦2人なら洗濯も掃除も週に3回程で充分です。気になる汚れは休みの日に掃除するようにします。

【2】得意なもので分担
例えば夫が全く食事作りに関心もセンスも無い場合、「共働きだから、週に半分は作ってね」と言っても、時間がかかるだけで、美味しいものを作ることも期待出来ません。
そういう場合は、その他のこと、例えば洗濯物を干す、または畳むとか、お風呂洗いをしてもらうとか、その他のことを任せましょう。
「何でも半分」と言うのは、「言うは易く行うは難し」です。女性だって家の中の大工仕事関係を任されても当惑すると思います。
お互い得意なことはまず引き受け、それから後のことを分担するようにすると効率的です。

【3】段々と生活のリズムを掴んいく
共働きを始めてすぐに上手くいくとは限りません。
分担は最初からキッチリと決めず、少しずつ様子を見て臨機応変に対応して行くことが一番です。
例えば、どちらかが繁忙期に入ったら、少しは家事を免除して上げないと身体を壊してしまいます。
両方が忙しい時は、外食をしたり、洗濯物もすぐ乾燥機に入れて乾かすなどして、2人共に負担が掛からないようにしましょう。
何よりも身体を大事にすることが一番です。
焦らず、数年掛かりで段々と2人でリズムを掴んで行きましょう。

引用元-−-THE ANY TIMES

お互いの予定の共有と、一緒に食事する時間はとれているか?

夫婦のコミュニケーションの基本は、予定の共有
夫婦のすれ違いのパターンとしては、仕事が休みの曜日が違う、勤務時間帯が違うなどさまざまだと思います。しかし、大切なことは、お互いの予定を共有しあっておくこと。「週末は一緒に買い物に行きたかったのに、ゴルフの予定が入っているなんて!」「今週夜勤があるなんて聞いてない!」など、相手の行動を把握できないことから起きるイライラは、事前に自分の予定を伝えあうことで回避できます。

書き込みのできるカレンダーを目立つ所に貼って、それぞれの予定をしっかり書き込んでおきましょう。生活時間帯にすれ違いの多いご夫婦ほど、この作業は大切。数少ない共有できる時間を前もって把握することで、その機会を有意義に使うことができます。

リアルコミュニケーションの理想形は「一緒にごはん」
理想的には1日に1回は夫婦が一緒に食事ができること。もしくはお茶やコーヒー、お酒を一緒に飲む機会でもいいです。「同じ釜の飯を食う」などという慣用句があるように、一緒に飲食をする、という行為は人と人のつながりを強めるのに最も有効です。夕食の時間がバラバラなら、少し早起きして一緒に朝ごはんを食べるようにしてはいかがでしょう? 朝型の生活スタイルは仕事のリズムを作る上でも有効なはず。朝食を食べる習慣のない方は、ジュース一本、コーヒー一杯でも夫婦一緒に飲むようにしてみては?

朝も一緒に食事をする時間も取れず、夜も残業で遅い方ならば、会社の帰り道のコンビニでアイスクリームやプリン等を買って帰るだけでもOK。それを食べるたった10分だけでも、夫婦が共有できる時間が作れます。

あるいは、お子さんの心配がいらないなら、仕事の帰りに待ち合わせて、一緒に外食ですませるのも忙しいご夫婦にはおすすめ。二人で向かい合って座れば、たとえファーストフードであっても、デートのような新鮮な気分が味わえると思います。さまざまなアイデアで、一緒に飲食する機会を作ってみましょう。

引用元-−-AllAbout

妻の仕事に対して理解と思いやりを持とう

327c2d5380f4d3171f3c61f23bdb00b2_s

相手の仕事を理解する努力は必須!

相手が仕事で忙しく、一緒にいる時間がなかったり、家事をできなかったりということは、共働きだと良くあることです。でも、そんなときに相手をなじったり、「仕事と自分(家庭)とどっちが大切なのか」と聞くのはナンセンス。
自分も仕事をしているからこそ、相手の忙しさや大変さも理解してあげられるはず。「大変なのは理解している」というメッセージを、何らかの形で伝えてあげてください。そうすることで、仕事で擦り減っているパートナーの手助けをしてあげられるはずです。

少しでもコミュニケーションを!

少しの時間でも会って話せるのが一番良いのですが、それも難しい時は、例えば通勤途中にメールをやり取りするなどしてコミュニケーションを取ってみてはどうでしょう。
相手が何を考えているのか、どんな気持ちでいるかが全く分からないと、相手のことを思いやる気持ちも無くなりますし、自分の気持ちを溜め込んでしまうと、ちょっとしたことでイライラして、お互いの関係にも悪い影響が出てきてしまいます。
どんな形でも気持ちを伝えることが大切です。

月に1〜2度は家事をしない日を作るべし!

共働きだと、仕事と家事を両立しなくてはなりません。もちろん、家事を分担するルールを作ることになりますが、どちらかが仕事で忙しくなってしまうと、その家事を放っておくわけにもいきませんから、片方に家事の負担が偏るケースが出てきます。こうなると、家事をしている側は当然不満が溜まります。
そこで、月に何度か「二人とも家事をしない」日を作ります。たまには仕事と家事で忙しい毎日を送る夫婦で、ゆっくりする日があると、次の日からはまた頑張れるというものです。
掃除や洗濯は後回しにして、食事は外食にしてみるのはどうでしょうか。

引用元-−-nanapi

メールや交換日記でお互いに向き合ってみよう

メールを活用する
一番手軽で簡単にできるのがメールですね。恋人同士のときには頻繁にメールをし合っていたけれど、夫婦になったらしなくなった、という夫婦もいるのではないでしょうか?

そこでメールを交換日記風に活用してみてはいかがでしょう?連絡伝達だけではなく、“こんなことがあったよ”とか“風邪は大丈夫?”などちょっとしたエピソードなどを盛り込んだ愛情入りメールを送ってみましょう。それを読むのが楽しみになりますよ。

交換日記をする
仕事で帰ってきたときに、リビングの机の上に『今日の1日』という日記が置いてあれば、うれしくないですか?

夫婦の愛情を深めるには会話がとても大切です。でも、顔を合わせる時間がないと会話もできませんね。その代わりに日記をつけるというのはどうでしょう?もちろん返事も書いてくださいね。

すれ違いの日々が続くと、相手が何をしているのか全く分からなくなってしまうことも。そんな日が続くと夫婦でいる意味が分からなくなって、気持ちも離れてしまいます。せめて交換日記で、相手と向き合う機会を作りましょう。

引用元-−-女性の美学

週末や休日は二人のために 合わなければ有給消化も考える

共働きの夫婦が増えています。
不安定な世の中では、夫だけの収入では厳しい現実があります。
まず夫婦が一緒に働きに出るのは、悪いことではありません。
夫も妻も「家庭を安定させたい」という意識が一致している証拠です。
妻も「働きたい」という意欲があるのは、素晴らしいことです。
夫婦で協力して働きに出ることで、収入面だけでなく、気持ちの面でも一致するでしょう。
協力関係が結べていますし、夫婦で一緒に働くことで、お互いの苦労を理解し合えます。
しかし、夫婦が共働きに出ると、顔を合わせる時間が少なくなりがちです。
すれ違いの多い毎日になると「夫婦関係も冷めるのではないか」という不安が出てくるのです。
このときポイントになるのは、週末です。
たとえば、平日に忙しくても、週末であればいかがでしょうか。
平日にできなかったコミュニケーションを、週末に取り返せばいいのです。
お互いに疲れているのなら、一緒に温泉に行けば、バランスが取れることでしょう。
めりはりがあって、夫婦の形の1つとして素晴らしいと感じます。
週末さえ時間が取れなければ、有給休暇を取ってみるのはいかがでしょうか。
こういうときこそ、有給の出番です。
夫の都合に合わせて妻が有給を消化したり、妻の都合に合わせて夫が有給を消化したりします。
お互いに交互で有給を消化すれば、偏りもありません。
忙しくて時間がないのは、仕方ありません。
忙しくても、時間のあるときにたっぷりコミュニケーションを取ればいいのです。

引用元-−-HappyLifeStyle

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ