最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

公務員の福祉職を受験するのに有利な資格とは?

      2016/06/07

公務員の福祉職を受験するのに有利な資格とは?

いつの時代も安定した公務員は人気があります。

しかし、その分競争率も高くなる傾向があります。

では、どんな資格を持っていれば受験に有利になるのでしょうか。

今回は資格を保有するメリットとデメリットを解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


公務員の福祉職はどんな仕事なのか

ただ安定しているというだけで漠然と公務員を目指すのなら、公務員になった後に理想と現実のギャップに悩むことになるでしょう。

そうならないためにも、公務員の福祉職を受験をする前にそれがどのような仕事かを十分に理解しておくことは重要です。

そして、それが本当に自分のしたい仕事なのかを自問自答した上で公務員試験を受けるのなら、その後の長い公務員生活は充実したものになるでしょう。

公務員の福祉職は、生活に困っている人々が独り立ちできるように福祉サービスを提供し、その自立を手助けするのが主な仕事です。

試験科目は、教養科目(知識系科目や知能系科目)と専門科目があり、専門科目は大学で習う教育学、社会福祉学、社会学、心理学などの分野から出題されます。

その他として文系職種と共通の教養試験もあります。

なお、福祉系職種の場合は採用のある職種とない職種があったり、年によっても採用枠が違ってくるので事前に調べておく必要があるでしょう。

公務員福祉職の受験要件とは

福祉職の受験要件は、東京都や特別区が「社会福祉士」「児童指導員」「保育士免許」とされています。

なお、「児童指導員」は「教員免許」でも代用可能です。

つまり、資格の保有が受験に有利になるか不利になるかという以前に、これらの資格がなければ試験は受けられないということです。

なお、資格が受験要件にはなっておらず、年齢以外の要件を課していない自治体もあります。

次に、これらの資格について簡単に説明します。

社会福祉士は、ソーシャルワーカーの国家資格で介護福祉士、精神保健福祉士と並び、福祉系三大国家資格の一つです。

児童指導員は、児童福祉現場において主に父母等に代わって児童を監護する職です。

教員免許は、就学前教育・初等教育・中等教育等にかかわる教育職員に就くための資格です。

保育士は、一般に保育所など児童福祉施設において子供の保育を行う職です。

受験する前に地方自治体の募集要項の受験資格欄に記載されている資格名を確認しておきましょう。

公務員福祉職の試験形式とは

地方上級福祉職では、大半の自治体が教養試験40題と専門試験40題の合わせて80題で一次試験を実施しています。

なお、一次の教養試験は自治体によって選択型と全問必答に分かれます。

専門試験は特別区を除いて択一型で実施されて全問必答です。

また、課題式論文は一般的に一次または二次試験において課されます。

二次試験は、個別面接、適正検査等で構成され、自治体によってはそれに加えて健康診断を課すところもあります。

また、自治体によっては集団面接や集団討論を課すところもあります。

いずれにしても、自分が受験しようとする地方自治体の受験形式を事前に調べておき、その試験形式に慣れておくのが合格への近道だといえるでしょう。

例えば、集団討論を課す自治体を受験する場合には同じ受験仲間と集団討論の練習をしておくのもいいでしょう。

また、健康診断を課す自治体もあるので、日ごろから規則正しい生活をこころがけ心も体も健康な状態で試験に臨みたいものです。

公務員試験を受験するのに資格は有利になるのか

一般職の公務員の場合、資格の有無によって試験結果に加点することはありません。

したがって、資格そのものが有利になることも不利になることもありません。

また、自治体の募集要項の受験資格欄に資格名が記載されていることがあります。

これは受験資格であり資格が有利・不利ということではありません。

つまり、その資格を持っている人または合格する見込みのある人しか受験できないということです。

ただし、難関試験を一発で合格できて資格を保有できるような人はそもそも地頭がいいはずなので、資格が有利になるか不利になるかを考える以前に公務員試験合格は近いのではないでしょうか。

また、保有している資格その物ではなく、資格保有を目標にして続けてきた勉強によって高められた学力が、結果的に公務員試験の受験の際に効果を発揮することも十分に考えられます。

つまり、資格そのものは受験に際して有利にも不利にもならないけれど、その保有を目指して続けてきた勉強は受験に際して有利に働く可能性があるということです。

公務員試験の面接を受けるのに資格は有利になるのか

先に述べたように、資格そのものが有利になることも不利になることもありません。

ただし、資格保有をうまく面接官にアピールできれば相手の評価を上げる武器として使うことができる可能性は十分にあります。

しかし、肝心の武器も使い方を誤れば逆効果になってしまうでしょう。

例えば、資格保有を自慢するような態度を取ってしまえば間違いなく落とされます。

ペーパーテストで高得点を稼いでも資格をいくつ保有していても、人間性に問題があるとすれば試験に受かることはできないでしょう。市民の模範となるべき公務員ですから。

なお、教員免許を持っているのなら履歴書に書いておく方がいいでしょう。

教員免許が採用にとってデメリットとなるとは考えられないからです。

しかも、後で提出する成績証明書から教職課程の単位があることが分かってしまいます。

もし、なぜ教員にならなかったのかと突っ込まれたときは、自分の将来の選択肢を増やすためなどの理由をあげておけばそれ以上は突っ込まれないでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ