最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

冬の頭痛や吐き気の原因は?改善方法や対処法のまとめ

      2016/06/07

冬の頭痛や吐き気の原因は?改善方法や対処法のまとめ

冬になると偏頭痛に悩まされる方が多くなります。

暖かい時期よりも、どうして冬に頭痛が多くなるのでしょうか?

冬の頭痛に関する原因や対策などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


なぜ冬に頭痛が多いの?

Graziella

●季節の変わり目に起こる頭痛

春から夏、夏から秋、秋から冬と季節が変わっていくまさにこの時期、頭痛が頻発して起こります。

暖かい状態から寒い状態や、寒い状態から暖かい状態になることで、体もそれに合わせようとします。それに対応するために、血管が収縮したり拡張したりするわけですが、この動きが急に起こることで神経を刺激してしまうことがあります。これが頭痛の正体です。

「昨日まで暖かだったのに、今日は寒い」と感じると、血管の収縮が突然起こりますので、頭が痛くなってくるのです。風邪の引き始めのような状態の痛さを感じたりします。

●冷え性と頭痛の関係

女性に多い“冷え性”は、頭痛にも関係があります。冷え性は、急な寒さが起こるとそれに対応できないために発症します。温度変化に敏感であればあるほど、冷え性の度合いが強いと言われています。それに伴って血管の収縮と拡張が速くなってしまうことが頭痛と関係しているようです。

このようなタイプの頭痛は『緊張型頭痛』と呼ばれています。

血管の収縮が原因で、筋肉に余計な力が加わって起こります。じわじわとした痛みで、長時間にわたって続くことが特徴です。首筋や肩から痛みがのぼってくることもあります。

引用元-アメーバニュース

寒さで肩こりへの影響も

肩こりは筋力の低下や血行不良などでおきやすくなります。
原因として、猫背、冷え性、運動不足、長い時間同じ姿勢でいる、足を組む、身体を締め付ける服や下着、精神的ストレスなどいくつもあります。
このほかに肥満や、極度の痩せすぎ、なで肩などでも肩こりが起きやすいそうです。
特に冬に肩こりが多い理由としては、寒さにより肩の筋肉が萎縮してしまい、血行が悪くなりやすい為です。

引用元-HEALTHY-One

肩こりがひどくなると吐き気を伴う場合も

肩こりの経験がある方結構多いと思います。
最近では小学生くらいの年齢でも肩こりがあると良く耳にします。
首の筋から肩にかけて、張った感じや痛みを伴い、ひどい方は
“吐き気”を感じるほどつらい症状です。

引用元-シェルクルール化粧品

対策や解決方法は温めること!冷やさないこと!

トラブルがある場所を温めて解決しよう
冷えて起きる頭痛の場合は、問題が起きている場所を温めることで、頭痛が解消するケースが多いです。

1 首元や肩をしっかりあたためて!
まず、全体の冷えが原因なら、寝る前から体を冷やさないように工夫しておきましょう。
特に首元や肩をしっかり温められるように、その部分だけの毛布を買うのもおすすめです。

2 お風呂に入ろう
お風呂にはしっかり入り、寒冷地にお住いの方は、朝起きる30分前くらいから暖房をつけておいてもよいでしょう。

3 イヤーマフをつけよう
耳からの寒冷刺激によって頭痛が起きているなら、イヤーマフなどで耳を温めるようにするとよいでしょう。
雪の降る日には、イヤーマフの上にさらにフードを被れば、耳の冷えはかなりの割合で防ぐことが出来ます。

4 マッサージ
家に帰ってきてしばらくしたら、耳の血行促進を図るためにマッサージするのもおすすめです。耳周辺を指で揉むだけでマッサージになるので5分程度、行ってみましょう。

冬は一年で一番寒い時期ですので、冷え対策などもかなり力を入れて行いたいところです。
特に女性は冷えやすいので、カイロや手袋、マフラーなどを使いながら、上手に全身を温めましょう。

引用元-カラダノート

 

医学博士である石原結賽先生は、自らの著書で『体を温めることが回復につながる』と述べています。

急に寒い日が続いて頭痛が起こりだした場合は、温めることが一番効果的です。寒さが原因で、血管の収縮で筋肉に余計な力が加わってしまっていることも考えられますので、それらを温めほぐすことも大切です。

防寒対策をして体を冷やさないことも重要な予防になりますし、帰宅後にゆっくりと湯船につかることも頭痛だけでなく、冷え性にも効果がありますので実践してみましょう。

引用元-パピマミ

冬の頭痛に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ