最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

冬の頭痛や吐き気の原因は?改善方法や対処法のまとめ

      2016/06/07

冬の頭痛や吐き気の原因は?改善方法や対処法のまとめ

冬になると偏頭痛に悩まされる方が多くなります。

暖かい時期よりも、どうして冬に頭痛が多くなるのでしょうか?

冬の頭痛に関する原因や対策などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

スポンサーリンク


なぜ冬に頭痛が多いの?

Graziella

●季節の変わり目に起こる頭痛

春から夏、夏から秋、秋から冬と季節が変わっていくまさにこの時期、頭痛が頻発して起こります。

暖かい状態から寒い状態や、寒い状態から暖かい状態になることで、体もそれに合わせようとします。それに対応するために、血管が収縮したり拡張したりするわけですが、この動きが急に起こることで神経を刺激してしまうことがあります。これが頭痛の正体です。

「昨日まで暖かだったのに、今日は寒い」と感じると、血管の収縮が突然起こりますので、頭が痛くなってくるのです。風邪の引き始めのような状態の痛さを感じたりします。

●冷え性と頭痛の関係

女性に多い“冷え性”は、頭痛にも関係があります。冷え性は、急な寒さが起こるとそれに対応できないために発症します。温度変化に敏感であればあるほど、冷え性の度合いが強いと言われています。それに伴って血管の収縮と拡張が速くなってしまうことが頭痛と関係しているようです。

このようなタイプの頭痛は『緊張型頭痛』と呼ばれています。

血管の収縮が原因で、筋肉に余計な力が加わって起こります。じわじわとした痛みで、長時間にわたって続くことが特徴です。首筋や肩から痛みがのぼってくることもあります。

引用元-アメーバニュース

寒さで肩こりへの影響も

肩こりは筋力の低下や血行不良などでおきやすくなります。
原因として、猫背、冷え性、運動不足、長い時間同じ姿勢でいる、足を組む、身体を締め付ける服や下着、精神的ストレスなどいくつもあります。
このほかに肥満や、極度の痩せすぎ、なで肩などでも肩こりが起きやすいそうです。
特に冬に肩こりが多い理由としては、寒さにより肩の筋肉が萎縮してしまい、血行が悪くなりやすい為です。

引用元-HEALTHY-One

肩こりがひどくなると吐き気を伴う場合も

肩こりの経験がある方結構多いと思います。
最近では小学生くらいの年齢でも肩こりがあると良く耳にします。
首の筋から肩にかけて、張った感じや痛みを伴い、ひどい方は
“吐き気”を感じるほどつらい症状です。

引用元-シェルクルール化粧品

対策や解決方法は温めること!冷やさないこと!

トラブルがある場所を温めて解決しよう
冷えて起きる頭痛の場合は、問題が起きている場所を温めることで、頭痛が解消するケースが多いです。

1 首元や肩をしっかりあたためて!
まず、全体の冷えが原因なら、寝る前から体を冷やさないように工夫しておきましょう。
特に首元や肩をしっかり温められるように、その部分だけの毛布を買うのもおすすめです。

2 お風呂に入ろう
お風呂にはしっかり入り、寒冷地にお住いの方は、朝起きる30分前くらいから暖房をつけておいてもよいでしょう。

3 イヤーマフをつけよう
耳からの寒冷刺激によって頭痛が起きているなら、イヤーマフなどで耳を温めるようにするとよいでしょう。
雪の降る日には、イヤーマフの上にさらにフードを被れば、耳の冷えはかなりの割合で防ぐことが出来ます。

4 マッサージ
家に帰ってきてしばらくしたら、耳の血行促進を図るためにマッサージするのもおすすめです。耳周辺を指で揉むだけでマッサージになるので5分程度、行ってみましょう。

冬は一年で一番寒い時期ですので、冷え対策などもかなり力を入れて行いたいところです。
特に女性は冷えやすいので、カイロや手袋、マフラーなどを使いながら、上手に全身を温めましょう。

引用元-カラダノート

 

医学博士である石原結賽先生は、自らの著書で『体を温めることが回復につながる』と述べています。

急に寒い日が続いて頭痛が起こりだした場合は、温めることが一番効果的です。寒さが原因で、血管の収縮で筋肉に余計な力が加わってしまっていることも考えられますので、それらを温めほぐすことも大切です。

防寒対策をして体を冷やさないことも重要な予防になりますし、帰宅後にゆっくりと湯船につかることも頭痛だけでなく、冷え性にも効果がありますので実践してみましょう。

引用元-パピマミ

冬の頭痛に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ