最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

出産後の外出がいつからできるかの決め手はコレ!

      2016/06/07

出産後の外出がいつからできるかの決め手はコレ!

初めての出産はわからないことだらけです。出産したばかりでは、外出などとても考えられないかもしれません。

でも、出産でダメージを受けたママの体も時間とともに回復してきます。

赤ちゃんも日に日に成長していきます。

出産後すぐは、外出のことなどとても考えられなかったママですが、回復とともに必要になったママ自身や赤ちゃんの物を買いに行きたくなったり、少し外の空気を吸って景色を眺めたりしたくなってきます。

でもまだ体調は完全ではないし、いつになったら出ていいのかわかりません。ママの外出がいつからできるかの判断材料を集めてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


出産後のママの身体の状態はどうなっているのかを知ろう

お腹から頑張って出てきた赤ちゃん。わが子を抱いた時の喜びで胸がいっぱい。赤ちゃんと胎盤が出てしまったので、重く苦しかったお腹も軽くなりました。これで出産は終わったとホッとします。

ところがホっとした気持ちとは反対に、体はかなりのダメージを受けています。やっと終わったはずの陣痛なのに、「後陣痛」という陣痛のような痛みを感じることもあります。出産時に思わぬ力が入ったせいか筋肉痛になったり、会陰切開をした場合は縫った所が痛く座るのも困難になります。

骨盤にも負担がかかります。また、悪露という出血がしばらく続きます。この悪露の量は個人差がありますが止まるまで数週間を要します。

母乳もすぐでるわけではありません。乳腺を開くためのマッサージを数回行います。

生まれたての赤ちゃんは3時間おきにオムツをかえておっぱいをあげなくてはいけません。ぐっすり寝て体を休めたいのにそれどころではありません。

出産でホルモンのバランスも崩れてしまうので、「マタニティブルーズ」という症状も現れます。わけもなく悲しくなったり落ち込んだりしてしまいます。

出産後8週間の「産褥期」は身体の回復に重要な時期

産後の6-8週間は「産褥期」と呼ばれています。この期間は赤ちゃんの世話をしながらも、できるだけ体を休めて体を回復させるようにしなければなりません。

産後から退院までの1週間は、家事をする必要もないし、回復の経過が良くない時は看護婦さんが赤ちゃんの世話をしてくれるので少し体を休めることができます。

不安な事があっても、先生や看護婦さんにすぐ聞けます。病院には他の出産したママたちもいるでしょう。2人目・3人目の出産を終えた先輩ママがいればお手本にもできます。

しかし一旦退院してしまうと、一か月検診まで病院に足を運ぶことはありません。安心できる相談相手がいなくなってしまいます。

退院後、24時間そばでお手伝いできる人が家にいるならば、ママの「産褥期」もかなり楽になります。

でも、核家族で親が少しの時間しか来れなかったり、親と同居・里帰り出産でも家族が働いている時間が何時間もあったりとなると、赤ちゃんの世話や家事もママがひとりでやらなくてはいけません。

少しでも体を休める努力をして、体に負担がかかることは極力控えるように努めましょう。

赤ちゃんの生まれてから1ヶ月までの様子と外出について

生まれたばかりの赤ちゃんは、とても小さいのに泣き声も大きく、おっぱいも良く飲みよく眠ります。ですから、病気とは無縁に思ってしまうかもしれません。でも生まれたばかりの赤ちゃんの免疫力はとても弱く、感染症などにとてもかかりやすい状態です。お祝いにかけつけた人が風邪などをひいていると、簡単にうつって熱をだしたりします。

毎日赤ちゃんの状態を確かめるのもママの仕事です。赤ちゃんの顔色や目・へその緒・便・泣き声・体温・おっぱいやミルクの量など、赤ちゃんに異常がないかに気を配らなくてはなりません。

赤ちゃんの便は生後2日ほどは、暗緑黒色の胎便ですがそのあと黄色いやわらかい便がでます。母乳の場合は便秘は少ないといわれていますが、母乳がでるまでのミルクを飲ませることになるので、便の回数で便秘かどうかを判断します。

この時期の赤ちゃんは、昼夜に関係なく同じ間隔でおっぱいが必要になります。また、清潔を保つための入浴も毎日させます。入浴後はへその緒の消毒や耳の掃除などをしなくてはいけません。

まだ目もほとんど見えないし、手足も思うように使えません。もちろん話もできないので、赤ちゃんにとってもママの毎日の観察が1番必要な時期です。この時期の赤ちゃんは、極力外出を控えなくてはいけません。

赤ちゃんを置いたママだけの外出はいつからしていいのか

赤ちゃんは1ヵ月検診まで、外には出したくないものです。でしたら、赤ちゃんを置いてママだけの外出はいつからが適切でしょう?

ママの体の回復は個人差があります。また、悪露がある間は体が回復していませんから外出は控えた方が良いでしょう。

悪露が黄色くなって少量になるまでは、入浴も禁止されてシャワーだけの生活です。体もまだあちらこちら痛みます。赤ちゃんの授乳や、泣いた時にあやす抱っこで腱鞘炎になることもあります。

ただ赤ちゃんの世話に追われる毎日で、ほんの少し気分転換が必要な時もあります。気晴らしに少し外へでたいという気持ちも日に日につもります。

ですが一般的には、1ヵ月検診までの外出は控えるべきです。いきなり外出するのではなく、家事などで徐々に身体を馴らしていき、体力と自信がつくのを待ちましょう。悪露が黄色くなって少量になり貧血などの症状もなく元気なら、3週間くらいからの外出も可能です。

勿論、最初はほんの少し散歩に出て空気を吸うくらいにし、悪露がひどくなるようならすぐに身体を休めて外出は当分控えましょう。

赤ちゃんとの外出はいつからしていいのか

一般的には、1ヶ月検診からが良いとされています。一か月検診で、赤ちゃんとママの状態を先生に診てもらったうえで、先生にいつからどのくらい外出していいかどうかをきちんと聞きましょう。

先生の許可がおりれば外出は可能ですが、ママの体も十分回復しているわけではありません。赤ちゃんの免疫力も強いわけでもありません。赤ちゃんにはまだ外出は必要ありませんので、外出したいときはなるべく誰かに赤ちゃんをみてもらって赤ちゃんのオッパイの時間までには帰ってくるようにしましょう。

夫婦と赤ちゃんだけの生活でお手伝いの親などが帰ってしまった場合、買い物などが必要でパパに赤ちゃんをみてもらう時間がないような時は、すいている時間にタクシーなどを使い短時間で人に接しないよう移動しましょう。赤ちゃんに負担のかけない新生児用の抱っこひもやベビーカーを用意するといいと思います。

外食などがしたい場合、ファーストフードやお気に入りのフレーバーコーヒーなどを買ってきてもらって、お店でよくかかる音楽などをかけて部屋の中のムードを変えて、おうちカフェやおうちレストランにして雰囲気を味わうなどの工夫をしてみてはいかがでしょう。

買い物も今や、ネットスーパーやネットショップで大概の物は揃います。赤ちゃんを隣の部屋の見える位置に寝かせて、仲の良い友人を呼んでネットショップのお買い物に付き合ってもらうのも外出気分が味わえます。

外出できないとブルーにならずに、外出を控える工夫をして毎日を楽しく過ごしましょう。

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ