最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

勝てない理由はここにあった!卓球の試合で勝つコツ

      2016/06/07

勝てない理由はここにあった!卓球の試合で勝つコツ

卓球は学校の授業や温泉などで一度は経験したことがある人も多いと思います。

そんな卓球の魅力にはまって本格的に始めてはみたものの、どうしても勝つことができない!いいところまで行くんだけど最後は何故か負けてしまう!

などと悩んでいるあなたに朗報です!

今回は卓球の試合で勝つコツを紹介します。

勝てない理由はここにあった!これであなたも万年最下位から脱出です!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


練習はしているのに試合で勝てなくなる卓球イップス

卓球をやっている人の中には、どう頑張っても試合で勝てなくて悩んでいる人もいる音もいます。

自分は練習をさぼるどころか練習以外でもトレーニングをしているし誰よりも努力をしている!それなのに試合ではどうしても勝てない。

それどころか今まで勝てていた人にまで負けてしまうなんて事も。

なぜこのような事が起こってしまうのでしょうか?

考えられる原因の一つにイップスが考えられます。

イップスとは、精神的な影響が心身に影響を及ぼし、身体が思うように動かなくなってしまう症状の事を言います。

スポーツで言えば、極度のプレッシャーによって思い通りに身体を動かすことができなくなり、それが試合の度に起こってしまう事で勝てなくなってしまうわけです。

イップスは誰もが発症する可能性がある症状で、スポーツ界では不治の病とも言われています。

イップスにかかってしまった時は、今の自分としっかりと向き合い、すべてを受け入れて乗り越えようとすることが重要です。

練習量が多いから試合で勝てるわけではない

自分はどう考えても卓球イップスではない、でも試合では勝てない、あんなにたくさん練習しているのに、と悩んでいる人はもしかしたらただひたすら練習量を増やすことばかりしているのかもしれません。

いくら多くの時間を練習に費やしたとしても、練習の質が悪ければ何も意味がありません。

あなたは今、自分の弱点を言うことはできますか?

自分の弱点は何なのか、なぜいつも試合で勝てないのか、どうやったら試合で勝つことがでk莉宇野かを考え、様々な工夫をしながらポイントを絞った練習をしなければ効率よく上達することはできません。

勉強でもスポーツでも、要領がいい人は自分に必要な事を理解してピンポイントで必要な事だけをやっていきます。

その為、費やす時間は少なくてもメキメキと上達して結果につながるのです。

何も考えずにただ時間を費やすだけの苦労では結果は伴いません。

考える努力をして的を絞った質の高い練習を行い、効率よく上達していけるように自分の練習方法を見直してみましょう。

とにかく1勝をあげたいならサーブとレシーブを磨け!

あなたがまだ卓球初心者で、試合に出てもなかなか勝つことができないと悩んでいるのであれば、とにかくサーブとレシーブを磨いて少しでも上達できるように努力しましょう。

ラリーがどんなにうまくても、サーブやレシーブが苦手では、重要な局面で勝ちを拾うことができません。

しかし、ラリーがそんなにうまくなくても、サーブやレシーブが得意であれば、相手に勝つことは十分可能なのです。

あなたがどんなにラリーが苦手でも、相手が返すことができないような強力なサーブができればラリーの心配をする必要はありません。

また、サーブで決める事が出来なかったとしても、サーブで相手を崩すことができればラリーに持ち込まれる前に勝負を決めてしまえる可能性も高まります。

そして、相手がどんなサーブを打ってきても返せるだけのレシーブの技術があれば、それだけで相手へのプレッシャーになります。

それが今日初めて会った対戦相手の初見のサーブをレシーブできれば尚更です。

このように、サーブとレシーブを上達させておくことで試合で勝てる可能性は格段に高くなるので、まずはサーブとレシーブを磨く事を心掛けましょう。

卓球の試合で勝つコツは相手の癖を見抜く事

今までの練習を見直して、質の高い練習をしてきたあなた。

でも、今まで全然試合に勝てなかったのであれば、なかなか自信を持つことができずに自分のプレイばかりに意識がいってしまって視野が狭くなってしまって、また負けてしまうかもしれません。

卓球の試合で勝つためには、相手の癖を見抜く必要がありますが、緊張のあまり自分の事ばかり考えていては、勝てるものも勝てません。

まずは一度深呼吸をして相手のプレイをよく見るようにしましょう。

相手の癖を見抜く時は、試合中で勝ちにつながるような役立つ癖を見つける事を心掛ける必要があります。

その為に特に注意して観察したいのは、サーブの回転のかけ方やコースの偏りに癖がないかどうかです。

サーブの回転のかけ方やコースに偏りがあれば、相手の出方がある程度読めるので、前もって対応しやすくなります。

特に試合の時は緊張感から無意識に得意な回転やコースばかりに偏る人も結構多いので、そこを見抜いてゆさぶりをかければいいのです。

相手の偏りを見つけて、自分のチャンスにつなげましょう。

相手の性格を知ることも試合で勝つコツ

相手のプレイスタイルを見抜くだけではなく、相手の性格を知る事でも勝ちにつながるチャンスが生まれます。

対戦相手が積極的なプレイスタイルなのか、それとも消極的なプレイスタイルなのか、またはその両方を併せ持ったプレイスタイルなのかがわかれば、対策も練りやすくなります。

例えば、積極的な相手に対してはドライブできないようなところに上回転計のサーブで球を浮かせたり、消極的な相手に対しては設定る場面でロングサーブなどを出すことで有効な攻撃ができます。

また、攻撃的なタイプであれば、長期戦は苦手な可能性もあります。

自分が持久戦が得意なタイプであれば、相手の攻撃をひたすら拾って返して、相手がしびれを切らしてミスをするのを誘うというのもいいでしょう。

相手の性格を知ってペースを崩し、自分のプレイができなくなって焦りだしたところで相手の苦手なポイントをせめれば一気に形勢はあなたに傾く事でしょう。

試合で勝ちたいのであれば、とにかく落ち着いて相手の事を観察する癖をつけましょう。

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ