最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

医療と真剣に向き合う!セカンドオピニオンは迷える患者の光

      2016/06/07

医療と真剣に向き合う!セカンドオピニオンは迷える患者の光

最近では医療と真剣に向き合う方の常識にもなりつつ有るセカンドオピニオンですが

まだまだよく知らないという方も多いかと思います。

このセカンドオピニオンについての様々な情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


セカンドオピニオンについて知ろう!

Doctor in front of her team

セカンド・オピニオンとは、直訳すれば、第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。
「手術をすすめられたけど、どうしよう」。重大な決断をしなければならないとき、他の専門医に相談したいと思うのは当然のことです。
セカンド・オピニオンは、日本ではまだ普及していないため「主治医に失礼になるのでは」と思われがちでしょうが、その心配はまったくいりません。インフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方を分かっている医師でしたら治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているからです。
医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚える場合もあります。だから知識を持っている人=専門医に相談し、意見を聞きたいということになるわけです。これは至極当然な過程です。つまり、インフォームド・コンセントと、セカンド・オピニオンは車の「両輪」なのです。
米国では、ここ10年の間に知らない人がいないほど定着し、医師が診察の終わりに「セカンド・オピニオンをとりますか」と、尋ねるのは当たり前のことになっています。がんの治療で知られるニューヨークのスローンケタリング記念がんセンターには、全米からセカンド・オピニオンを求めて多くの患者が訪れています。
がんや心臓病のように治療法が、日進月歩している領域では、セカンド・オピニオンの必要性はより高まります。治療法の選択肢が多岐にわたるため、専門家でさえどのような治療法にしたらその患者にとって一番いいのか、判断に困り他の医師に意見を求めることもあるのです。知識のない患者にしてみればなおのこと判断はできません。最新の医療情報を持っている専門医に相談にのってもらい、意見を聞くことが大切になるわけです。

引用元-セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンを上手に利用する手順とポイントは何だろう?

1.医師にセカンド・オピニオンを受けたいと告げる。
相手が主治医などの場合には、言い出しにくいかもしれませんが、「家族が知り合いの医師にも診てもらえとうるさいので・・・」とか、「友達が看護師をしていて、セカンド・オピニオンは必要ないのかといわれたのですが・・・」などと、切り出してみるといいでしょう。
2.できるだけ多くの資料をもらう。
紹介状だけでなく、検査結果などの資料をできるだけ多くもらっておきましょう。
3.セカンド・オピニオンをうける病院を決める。
どの病院にするかが難しいところですが、インターネットなどを利用して、自分で情報収集してみましょう。
4.セカンド・オピニオンをうけにきたことを医師にきちんと話す。
セカンド・オピニオンをうけにきたこと、最初の医師の診断・治療法にどんな疑問があるかをきちんと伝えることが大切です。
5.元の医師の診察を再度うける。

あとで診てもらった医師のほうが、情報が多く診断しやすい、前の医師の意見を評価できるなどの理由で、印象がよくなる傾向があり、「後医は名医」といわれるほどですから、その印象だけで簡単に転院を決めてしまわないことも大切です。元の医師にセカンド・オピニオンの内容を伝え、再度アドバイスをもらうと、よりよい判断ができるものです。

セカンド・オピニオンをうける病院を選ぶときのポイント
1.通いやすい病院を選ぶ。
転院することになるかもしれませんから、通えるところにある病院にしましょう。 入院する可能性があるなら、入院施設なども調べておいたほうがベターです。
2.専門病院など、専門性の高い病院を選ぶ。
なるべく、最初に診てもらった医師より専門性が高く、経験の豊富な医師に診てもらえるようにしましょう。
3.セカンド・オピニオンに積極的な病院を選ぶ。
2002年4月から、病院がセカンド・オピニオンを実施していることを広告してもよいことになりました。院内に「セカンド・オピニオンを受け付けています。」というポスターをはったり、セカンド・オピニオン専門の外来などを設けたりする病院も増えています。
4.客観的な判断をしてくれる病院を選ぶ。
系列の病院などにいくと、医師が互いに意見を言いにくくなる可能性もあります。できれば医師の出身校などを調べて、系列の病院やつながりの深い病院を避けるようにしましょう。

引用元-健康Salad

セカンドオピニオンの受け方・探し方を知ろう!

セカンド・オピニオンは、複数の治療法があり判断に迷う場合に適しています。例えば、がんと宣告されてしまった場合、手術、放射線治療、化学療法(投薬)などの、様々な治療法が考えられると思います。主治医が手術が望ましいという考えを持っているようだが、自分や家族としては手術以外の方法が気になる……主治医以外の先生の意見も聞いて検討してみたいと思った場合、セカンド・オピニオンを受けることができます。

セカンド・オピニオンは、あくまで相談して意見を求める場ですので、そこで改めて検査をすることはありません。したがって、最初に受診した医療機関での検査結果を持っていく必要があります。たまに何も持たずに行く方がいるようですが、それでは印象論の話しかできませんので、時間とお金の無駄になりかねません。

「主治医に失礼なのではないか……」と心配する患者さんが多いようですが、今の医師は、「セカンド・オピニオンのために、必要な検査データが一式欲しいのですが」と言えば、ちゃんと協力的に対応をしてくれます。レントゲンなどのコピーのために書類を書いたり、コピーに1週間くらい時間がかかる場合がありますので、医師の事務手続きは多少必要になるかもしれませんが、患者さんが納得しないままで治療をすることに比べれば、ずっと前向きなプロセスです。

仮に主治医の診察や方針に疑問を持っていて、主治医のことがどうしても信頼できない場合でも、「自分にとって大事な決断なので、いろいろな意見を聞いてみたい」と伝えるなど、医師を責めない言い方をすれば問題ないでしょう。

万が一、セカンド・オピニオンを受けるといって嫌がる医師や、書類を渋る医師がいたとしたら、自分の診断に自信がない場合も考えられます。その場合は、思い切って病院を変える決断も必要かもしれません。

引用元-All About

セカンドオピニオンにかかる費用は高いの?安いの?

全国のがん拠点病院や大学附属病院には、セカンドオピニオン外来があります。費用は医療機関によりバラバラですが、通常、1時間あたり、10,000円から30,000円かかります。セカンドオピニオンの費用は、基本的に自由診療で公的保険は使えませんが、中には公的保険が利用できるところもあります。事前に各医療機関にご確認ください。

また、いろいろなクリニックでも専門医がセカンドオピニオンを出しています。次のクリニックは、検査や治療を行っておらず、セカンドオピニオンの提供だけを専門に行っています。相談は有料(自由診療)ですので、各医療機関にご確認ください。

引用元-がん治療費.com

セカンドオピニオンは主治医に失礼ではないのか?

最初にもお伝えしましたが、セカンドオピニオンを採用すること自体は、一般的な流れです。
セカンドオピニオンを活用する方法を解説している病院のホームページも増えてきました。

ですが、「主治医に失礼な気がして、検討しづらい・・・」という方がいるのは事実です。
また、残念ながら、伝え方によっては、一部の医師が機嫌を悪くするケースがあります。

そのため、セカンドオピニオンについて切り出す際は、まず「私はあなたのことを信頼しているんです。その上での“あえての”決断なんです」という立場を見せながら、話を進めると良いと思います。
客観的な意見が欲しいからといって、単純に数多くの医院を受診すれば良いわけでありません。
たとえば、誰が判断しても同じ治療法を勧めるような病気の場合もあります。
その場合、複数の病院にセカンドオピニオンを求めても意味がなくなってしまいます。

そんな形で、医師の意見を信用できず、次から次へとセカンドオピニオンを検討する状態を、「ドクターショッピング」と呼びます。
ドクターショッピングは、お金や時間がかかるだけでなく、体力にも影響してくるため、病状を悪化させる原因にもなります。

セカンドオピニオンを選ぼうとする方は、自分がドクターショッピングの状態に陥っていないかを注意するようにしてください。

引用元-ナースが教える仕事術

セカンドオピニオンに対するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ