最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

卒乳のベストな時期は?3歳まで授乳を続けた方がいい理由

      2016/06/07

卒乳のベストな時期は?3歳まで授乳を続けた方がいい理由

子供への授乳はいつまで続ければいいのか悩んだことがあるお母さんも少なくないと思います。

中には仕事への復帰や2人目を考えていて、子供が1歳になった頃から断乳を考えているなんて事もあるのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。実は無理に断乳しないで卒乳させてあげる事が子どもにも母親にも良いって知ってましたか?

今回はベストな卒乳の時期と3歳まで授乳を続けた方がいい理由を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


断乳と卒乳の違い

ひとことに卒乳と言っても、意味合い的には2つのものがあります。

親の意思で子供への授乳をやめてしまう断乳と、子供自身が自然と飲むのをやめる卒乳です。

本来の卒乳は後者の事のみを指していますが、近年では断乳も卒乳とひとくくりにして呼ばれていることも珍しくありません。

しかし、同じ卒乳でも親が強制的に子供を卒乳させる断乳と、子供が自分から母乳を飲まなくなる本来の卒乳では子供に与える影響が全く違いますので、この2つの違いはきちんと理解しておく必要があります。

母乳で子育てをしている多くのお母さんたちは、子供が1歳になったころから授乳をやめることを考え始めるようです。

中には、まだ授乳を続けていることを周りの人に驚かれたのがきっかけで断乳したという人もいるでしょう。

断乳をすすめる人からは「授乳期間が長い子供は甘えん坊で中々自立できない」などの、子供の成長を妨げてしまうかのような声がよく聞かれますが、実はこれが大きな間違いで、親が強制的に断乳をさせる方が子どもに悪影響を及ぼしてしまうんです。

授乳は3歳以降まで続けてよい

授乳は子供の成長に大きく関わりがあるのは事実です。

子供は1歳頃から脳や心が著しく成長をします。

まだ自我も芽生えていない時期から我慢を強いる様な事をしてしまうと、精神的に不安定になってしまい、自立心が育ちません。

安定した健全な精神を育てるためにも、1歳頃の子供に不安や我慢を強いてはいけないのです。

そんな子供にとって、母乳を飲むという行為は不安やストレスを解消し、精神を安定させる重要な役割を担っています。

つまり、授乳を続ける事が子供を安定した精神状態で健やかに成長をさせる事ができるのであり、断乳こそが甘えん坊で中々自立できない子供にしてしまうのです。

以前の母子手帳には記載が見られた「断乳」という言葉は平成14年からは削除され、今では卒乳を推奨することが普通になってきています。

実際に日本小児科学会では子供への授乳は4歳までを推奨していますし、世界保健機構でも2歳かまたはそれ以上を推奨しています。

「うちの子は3歳になってもまだ卒乳出来ない」なんて困っているお母さんもいるかもしれませんが、世界的な卒乳の平均年齢が4歳2ヶ月という事実からもわかるように、卒乳の目安を1歳で考えてしまうのは大きな間違いだと言えるでしょう。

卒乳の時期が3歳以降だとある病気になりにくい

最近の研究では、授乳期間が長いことは子供の成長に効果があるだけではなく、母親の身体にも様々な効果があることがわかっています。

子供母乳を飲もうと乳頭を吸うことで、オキシトシンという物質が分泌されます。

このオキシトシンは子供にとっては精神的な安定を促す効果があるのですが、それと同時にお母さんの精神安定剤の役割も担ってくれます。

さらに、収縮した子宮を元の大きさに戻す手伝いをしてくれたり、体重が元に戻りやすくなるなど、産後の身体の回復にも役立つのです。

また、卵巣の機能が低下することでホルモンバランスが崩れてしまって起きる更年期障害も授乳期間と密接な関係があることが判明しています。

50歳前後の子育て経験がある女性の方々を対象に、子育ての方法を、ミルク、授乳期間1年、授乳期間3年以上の3グループに分けて更年期障害の発生率を調べたところ、3年以上授乳を続けたグループの女性達は更年期障害の発生率が最も低いということが判明したのです。

授乳期間の長さが卵巣を長期間休ませてくれることにつながり、ホルモンのバランスを整えてくれるわけですから、尚更断乳はするべきではありませんね。

授乳をする際の注意点

授乳や卒乳の時期が母子に与える影響の大きさについては理解していただけたと思います。

しかし、ただ長い期間授乳を続けてさえいれば問題がないのかと言えば、そういうわけではありません。

スマホをいじっていたりテレビを見たりしながらの授乳で育った子供は、授乳だけに専念して育てられた子供と比べ、注意性多動性血管障害(ADHD)や自閉症になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

なぜこのような事が起きてしまうかというと、本来授乳によって分泌されるはずのオキシトシンが、お母さんが他の事に意識を集中されているために分泌量がすくなくなってしまいます。

その結果、子供は十分な量のオキシトシンを摂取することができず、精神的に不安定になってしまう可能性が高くなるのです。

このように、いくら自然卒乳を目指して長期間授乳を続けていても、授乳の仕方を間違えてしまうと結果的に断乳と同じ事になってしまうので、何かをしながら授乳をする事は控え、子供とたくさん触れ合って愛情を注ぐことに意識を集中するようにしましょう。

どうしても卒乳の時期を決めたいなら

いくら自然卒乳がいいとは言っても、近年では共働き世帯が増えているなど、家庭状況によってはどうしても3〜4歳よりも早い段階で子供には卒乳をしてほしい、だからと言って断乳をするのは良くないと分かった今、どうすればいいか悩んでる人も少なくないと思います。

断乳はしたくないが、事情によりどうしても卒乳の時期は自分達で決めたい時は、子供への授乳の回数を時間をかけて少しずつ減らしていきながら、「おっきくなったらおっぱいとバイバイするんだよ」「あと○回でおっぱいもう終わりだよ」というように言い聞かせて、子供の方から自然と卒乳するように仕向けていくようにしましょう。

ただし、いざ授乳をやめようとした時に子供が泣いて嫌がったりするようであれば、子供にまだ卒乳を受け入れられる準備が整っていませんから、何か月か期間をあけてから再チャレンジするようにしましょう。

また、親の事情で卒乳を早める場合は、最低でも3食を離乳食ご摂れていて、水分補給も自分できちんとできるなど、母乳以外からの栄養補給がきちんとできている事が必須です。

あくまで子供の事を第一に考え、無理な卒乳は行わないように注意しましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 育児・子育て・出産

ページ
上部へ