最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

卓球のラケットで初心者向けのおすすめは

      2016/06/07

卓球のラケットで初心者向けのおすすめは

若手選手の台頭により日本の卓球界が盛り上がってきました。

この機会に卓球を始めてみようと思っている人も多いことでしょう。

でも初心者はどんなラケットを選べばいいのかよく分からないのも事実。

そこで、初心者にも分かるようにラケット選びを解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


卓球の初心者向けのラケットにはどんな種類があるの?

ラケットの種類はグリップの握り方の違いによって大きく分けて二つあります。

一つ目は、握手をするようにグリップを持つシェークハンドラケットです。

現在の主流で多くのプレイヤーがこのラケットを使っています。

テレビで見る選手がラケットを握手するように握っていれば、それはこのシェークハンドラケットです。

両面にラバーを貼って使用し攻撃型と守備型があるのもこのラケットの特徴です。

二つ目は、ペンを持つようにグリップを持つペンラケットです。

国内で最も多く使われていましたが、主流の座をシェークハンドラケットに明渡しました。

片面だけにラバーを貼って使用することが多いのですが、両面にラバーを貼る選手もいます。

なお、ペンラケットには形の違いによって日本式ペンラケットとシェークハンドラケットのグリップを短くしたような中国式ペンラケットがあります。

日本式ペンラケットは片面にラバーを貼り中国式ペンラケットは両面にラバーを貼ることが多いようです。

卓球のラケットに貼るラバーにはどんな種類があるの?

ラケットはラバーを貼って使います。

通常はラケットとラバーは別売りになっていますがラバー貼りはショップで行ってくれるところも多いので、まずはショップで聞いてみましょう。

ラバーは球に回転を与える重要な役割をします。

しかし、使っているうちにラバーの表面が磨り減ってきて球に回転を与える力が弱くなってきます。

これは筆者が教えてもらったラバー交換時期を判断する方法です。

ラケットのラバーを頭に当ててそれを少し力を入れて下ろす。

髪の毛が引っ張られている感覚があればそのラバーはまだ大丈夫。

逆にその感覚がなければ交換時期です。

ラバーの種類は大きく分けて、裏ソフトラバー、表ソフトラバー、粒高ラバー、アンチソフトラバーの四種類があります。

裏ソフトラバーは主流のラバーで、卓球初心者にも一番なじみがある種類でしょう。

表面は平らなシートになっており、球に回転がかかり威力あるボールを打つことができます。

表ソフトラバーは裏ソフトラバーの次に愛用者が多いラバーです。

表面に小さな粒があります。これは回転をかけるというよりもスピードを出せるラバーです。

粒高ラバーは表ソフトの表面にある粒をさらに高くしたラバーです。

これは球の回転の影響を受けないのでレシーブが楽です。

アンチソフトラバーは回転が全くかからないラバーで、販売数も少なく現在の卓球界では絶滅危惧種ともいえるでしょう。

卓球のプレースタイルとラケットの関係とは?

卓球にはいくつかのプレースタイル(戦型)があります。

そのいくつかを紹介しましょう。

ドライブやスマッシュなどパワーのあるボールで得点を取りに行くタイプ。

ラケットはシェークハンドだけでなくペンラケットも多く使われます。

確かに、見ている方としてはドライブやスマッシュが決まれば気持ちいいですね。

ラリーを続けて相手のミスを誘って得点するタイプ。

ラリーが延々と続けば見ている方としては手に汗を握る状態になるでしょう。

そして、その時間が長ければ長い程決着がついたときは盛り上がります。

ラリーはカットでしのぎ相手のミスを誘って得点するタイプ。

相手が打ってきたドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールを卓球台から遠く離れてカットでしのぐ。

そして、遠く離れた卓球台にきちんと返す。

こちらも見所満載といえるでしょう。

ラリーはカットでしのぐがチャンスボールが来たら積極的に攻撃を仕掛けるタイプ。

こちらは一人二役のタイプといえるかもしれません。

矛と盾ではないけれど、パワーのあるボールで得点を取りに行くタイプとラリーはカットでしのぐタイプが対戦したらどうなるのでしょうね。

卓球の選手はどのようなラケットやラバーを使っているの?

ラケットは選手の戦型に合わせて選択されるものです。

そこで、卓球の戦型にはどんなものがあるのか。

そしてどのようなラケットやラバーが使われるのかを説明しましょう。

ドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールで得点を取りに行くタイプ。

こいうタイプの選手は、シェークハンドラケットだけでなくペンラケットを使うことが多いです。

ラバーは両面に裏ソフトまたは片面に裏ソフトを貼ることが多いです。

ラリーを続け相手にミスをさせて得点につなげるタイプ。

ラバーは両面に裏ソフトまたは片面に裏ソフトがもう片面に表ソフトを貼るケースが多いです。

性質の違うラバーを使い球質に変化をつけ相手のミスを誘うタイプ。

ラバーは片面に裏ソフトを貼りもう片面に表ソフトやツブ高ラバーを貼ることが多いです。

ラリーをカットでしのいで相手のミスを誘うタイプ。

ラバーは両面に守備用の裏ソフト、または、片面に守備用の裏ソフトともう片面にツブ高を貼るケースが多いです。

チャンスボールが来たら攻撃を仕掛けて得点をねらうタイプ。

ラバーは両面に守備用の裏ソフト、または、片面に守備用の裏ソフトもう片面に攻撃用の裏ソフトを貼るケースが多いです。

卓球の初心者向けの戦型はラリー勝負です

確かに、ドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールが打てるようになれば気持ちいいでしょう。

しかし、初心者がいきなりドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールを打つことは難しいでしょう。

また、相手が打ってきたパワーのあるボールをすべてカットで返すことにも憧れるでしょう。

しかし、相手の打った普通のボールを満足に返すことができない初心者がそんな神業を繰る出せる訳はありません。

そこで、初心者がめざすべきはラリー勝負。

まずは相手の打ってきたボールをきちんと返す練習をしましょう。

そして、ラリーを続けてミスを減らすことを目標としましょう。

ラケットはシェークハンド、ラバーは攻撃用の裏ソフトラバーを両面に貼るのがいいでしょう。

これがある程度できるようになってくれば、自分の性格に合った戦型をに挑戦するのがいいでしょう。

そういったプレーができるのも卓球の大きな魅力のひとつです。

ちなみに、筆者があこがれるのはドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールが打てるようになることです。

さあ!練習しよう!

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ