最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

卓球のラケットで初心者向けのおすすめは

      2016/06/07

卓球のラケットで初心者向けのおすすめは

若手選手の台頭により日本の卓球界が盛り上がってきました。

この機会に卓球を始めてみようと思っている人も多いことでしょう。

でも初心者はどんなラケットを選べばいいのかよく分からないのも事実。

そこで、初心者にも分かるようにラケット選びを解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


卓球の初心者向けのラケットにはどんな種類があるの?

ラケットの種類はグリップの握り方の違いによって大きく分けて二つあります。

一つ目は、握手をするようにグリップを持つシェークハンドラケットです。

現在の主流で多くのプレイヤーがこのラケットを使っています。

テレビで見る選手がラケットを握手するように握っていれば、それはこのシェークハンドラケットです。

両面にラバーを貼って使用し攻撃型と守備型があるのもこのラケットの特徴です。

二つ目は、ペンを持つようにグリップを持つペンラケットです。

国内で最も多く使われていましたが、主流の座をシェークハンドラケットに明渡しました。

片面だけにラバーを貼って使用することが多いのですが、両面にラバーを貼る選手もいます。

なお、ペンラケットには形の違いによって日本式ペンラケットとシェークハンドラケットのグリップを短くしたような中国式ペンラケットがあります。

日本式ペンラケットは片面にラバーを貼り中国式ペンラケットは両面にラバーを貼ることが多いようです。

卓球のラケットに貼るラバーにはどんな種類があるの?

ラケットはラバーを貼って使います。

通常はラケットとラバーは別売りになっていますがラバー貼りはショップで行ってくれるところも多いので、まずはショップで聞いてみましょう。

ラバーは球に回転を与える重要な役割をします。

しかし、使っているうちにラバーの表面が磨り減ってきて球に回転を与える力が弱くなってきます。

これは筆者が教えてもらったラバー交換時期を判断する方法です。

ラケットのラバーを頭に当ててそれを少し力を入れて下ろす。

髪の毛が引っ張られている感覚があればそのラバーはまだ大丈夫。

逆にその感覚がなければ交換時期です。

ラバーの種類は大きく分けて、裏ソフトラバー、表ソフトラバー、粒高ラバー、アンチソフトラバーの四種類があります。

裏ソフトラバーは主流のラバーで、卓球初心者にも一番なじみがある種類でしょう。

表面は平らなシートになっており、球に回転がかかり威力あるボールを打つことができます。

表ソフトラバーは裏ソフトラバーの次に愛用者が多いラバーです。

表面に小さな粒があります。これは回転をかけるというよりもスピードを出せるラバーです。

粒高ラバーは表ソフトの表面にある粒をさらに高くしたラバーです。

これは球の回転の影響を受けないのでレシーブが楽です。

アンチソフトラバーは回転が全くかからないラバーで、販売数も少なく現在の卓球界では絶滅危惧種ともいえるでしょう。

卓球のプレースタイルとラケットの関係とは?

卓球にはいくつかのプレースタイル(戦型)があります。

そのいくつかを紹介しましょう。

ドライブやスマッシュなどパワーのあるボールで得点を取りに行くタイプ。

ラケットはシェークハンドだけでなくペンラケットも多く使われます。

確かに、見ている方としてはドライブやスマッシュが決まれば気持ちいいですね。

ラリーを続けて相手のミスを誘って得点するタイプ。

ラリーが延々と続けば見ている方としては手に汗を握る状態になるでしょう。

そして、その時間が長ければ長い程決着がついたときは盛り上がります。

ラリーはカットでしのぎ相手のミスを誘って得点するタイプ。

相手が打ってきたドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールを卓球台から遠く離れてカットでしのぐ。

そして、遠く離れた卓球台にきちんと返す。

こちらも見所満載といえるでしょう。

ラリーはカットでしのぐがチャンスボールが来たら積極的に攻撃を仕掛けるタイプ。

こちらは一人二役のタイプといえるかもしれません。

矛と盾ではないけれど、パワーのあるボールで得点を取りに行くタイプとラリーはカットでしのぐタイプが対戦したらどうなるのでしょうね。

卓球の選手はどのようなラケットやラバーを使っているの?

ラケットは選手の戦型に合わせて選択されるものです。

そこで、卓球の戦型にはどんなものがあるのか。

そしてどのようなラケットやラバーが使われるのかを説明しましょう。

ドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールで得点を取りに行くタイプ。

こいうタイプの選手は、シェークハンドラケットだけでなくペンラケットを使うことが多いです。

ラバーは両面に裏ソフトまたは片面に裏ソフトを貼ることが多いです。

ラリーを続け相手にミスをさせて得点につなげるタイプ。

ラバーは両面に裏ソフトまたは片面に裏ソフトがもう片面に表ソフトを貼るケースが多いです。

性質の違うラバーを使い球質に変化をつけ相手のミスを誘うタイプ。

ラバーは片面に裏ソフトを貼りもう片面に表ソフトやツブ高ラバーを貼ることが多いです。

ラリーをカットでしのいで相手のミスを誘うタイプ。

ラバーは両面に守備用の裏ソフト、または、片面に守備用の裏ソフトともう片面にツブ高を貼るケースが多いです。

チャンスボールが来たら攻撃を仕掛けて得点をねらうタイプ。

ラバーは両面に守備用の裏ソフト、または、片面に守備用の裏ソフトもう片面に攻撃用の裏ソフトを貼るケースが多いです。

卓球の初心者向けの戦型はラリー勝負です

確かに、ドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールが打てるようになれば気持ちいいでしょう。

しかし、初心者がいきなりドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールを打つことは難しいでしょう。

また、相手が打ってきたパワーのあるボールをすべてカットで返すことにも憧れるでしょう。

しかし、相手の打った普通のボールを満足に返すことができない初心者がそんな神業を繰る出せる訳はありません。

そこで、初心者がめざすべきはラリー勝負。

まずは相手の打ってきたボールをきちんと返す練習をしましょう。

そして、ラリーを続けてミスを減らすことを目標としましょう。

ラケットはシェークハンド、ラバーは攻撃用の裏ソフトラバーを両面に貼るのがいいでしょう。

これがある程度できるようになってくれば、自分の性格に合った戦型をに挑戦するのがいいでしょう。

そういったプレーができるのも卓球の大きな魅力のひとつです。

ちなみに、筆者があこがれるのはドライブやスマッシュなどのパワーのあるボールが打てるようになることです。

さあ!練習しよう!

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - スポーツ

ページ
上部へ