最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

卵巣がん腫瘍マーカーの基準数値を知って早めに治療しよう

      2016/06/07

卵巣がん腫瘍マーカーの基準数値を知って早めに治療しよう

今の医学ではがんを未然に防ぐことはできません。

がんを早期に発見して早期に治療するしか、いまのところ方法はありません。

それは、卵巣がんについても言えることです。

では、どうすればいのでしょうか。

一つの方法は、卵巣がん腫瘍マーカーの数値を確認することです。

今回は、卵巣がん腫瘍マーカーの基準数値を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


腫瘍マーカー数値による診断のメリットとデメリット

腫瘍マーカー数値による診断は完璧なものではありません。

それには、デメリットとデメリットというもんがあります。

まずは、それから見て行くことにしましょう。

腫瘍マーカーは、がん細胞から多く作り出されるタンパク質や酵素のことです。

これは、がん細胞の有無やがんの種類、がんの進行状態をあらわす指標となるものです。

腫瘍マーカーを検査するには、血液を採取して検査するだけです。

このように容易に検査できるというメリットがあるため、がん検査の方法として広く普及しています。

一方、デメリットというものもあります。

それは不確実性です。

まずは、偽陽性。

がんにかかっていなくても陽性、つまりがんにかかっていると判断される場合があります。

逆に、ある程度卵巣がんが進行しなければ検査で陽性反応が出ない場合もあります。

また進行している卵巣がんでも陽性反応が出ない場合もあります。

そうなれば、早期がんを見逃すことにもなります。

さらに、腫瘍マーカーは複数の臓器で作られます。

そのため、複数の臓器にがん細胞ができた場合、どの臓器ががんになっているのかを特定することはできません。

いずれにしても、あくまでも目安に止めておくべきでしょう。

卵巣がん腫瘍マーカーの基準値【CA125,CA602,CA72-4】

ここからは、気になる腫瘍マーカーの基準値を見て行くことにしましょう。

CA125:基準値は35U/ml以下です。

卵巣がんの診断や治療効果をみるときに使われる指標です。

この数値は生理によって変動します。

そのため、がんにかかっていなくても、生理の前後には100U/mlを越えることも珍しくはありません。

ただし閉経後の数値は安定してきます。

卵巣がん以外にも、移行上皮がんなどで陽性になる確率が高くなり、それは8割から9割に達します。

CA602:基準値は63U/ml以下です。

CA125の数値と相関関係が高いとされています。

そのため、CA125と同じく、卵巣がんの診断や治療効果をみるときに使われます。

CA72-4:基準値は10.0U/ml以下です。

ムチン性嚢胞がんの場合、陽性になる確率が高くなります。

これ以外にも、消化器系のがんの場合にも、陽性になる確率が高くなります。

卵巣がんの腫瘍マーカーとしては主として、ここに紹介したCA125やCA602を使います。

また、いずれの腫瘍マーカーも卵巣がんの陽性率は高くなります。

つまり、それだけがんが見つかりやすいということです。

卵巣がん腫瘍マーカーの基準値【CA54/61,STN,GAT】

先に説明したCA125は、漿液性襄胞腺がんなどの陽性率が高くなるというメリットがあります。

しかし粘液性襄胞腺がんの陽性率は低くなるというデメリットがあります。

そのため良性疾患で偽陽性になるというリスクがあります。

つまり、がんを見逃すリスクがあるということです。

CA54/61:基準値は12.0U/mlです。

粘液性能嚢腺がんの診断、治療効果の判定、がんの移転やがんの再発を見つけるのに有効です。

STN:基準値は45U/ml以下です。

卵巣がんや消化器のがんでは高い値がでます。

その一方、良性の疾患では低い値がでます。

そのため卵巣がんの他、胃がんの再発を診断したり、治療結果を判定するのに有効です。

GAT:基準値は13.6U/ml未満です。

GATは、CA125やCA602ほど陽性率は高くはありません。

しかし、CA125やCA602では見つけにくい内膜症性嚢胞がんには効果を発揮します。

そのため良性や悪性の卵巣腫瘍を見つけるのに効果的です。

ここで取り上げた3つの腫瘍マーカーそれぞれに、特徴やメリットとデメリットというものがあります。

卵巣がん腫瘍マーカーの基準値【CEA,CA19-9】

CEA:基準値は2.5ng/ml以下です。

卵巣がんで陽性となる確率は約5割です。

また、喫煙の習慣がある人は数値が高くなります。

なお、このCEAは卵巣がんだけでなく、他のがんのでも数値が高くなります。

そのため、このCEAの数値が高いだけではどの臓器のがんかを特定するのが難しくなります。

CA19-9:基準値は37U/ml以下です。

これもCEAと同じく、卵巣がんで陽性となる確率は約5割です。

この他にも消化器のがんが見つかりやすくなっています。

先に説明したように、腫瘍マーカーの数値だけをみても卵巣がんがどのような状態になっているのかを明らかにすることはできません。

しかし、この腫瘍マーカーの数値が高くなってきているのにもかかわらず、積極的な治療を行わず様子を見るということは、卵巣がんの早期発見ができなかったり、再発を見逃してしまうリスクがあります。

いずれにしても、担当医師とよく話し合ったうえで、これからの治療方針を決めるべきでしょう。

腫瘍マーカー数値を踏まえた代替治療のすすめ

不幸にして卵巣がんが進行してしまっていても諦める必要はありません。

がんの悪化をおさえて症状を改善するために、代替治療を取り入れてはどうでしょうか。

ただし、きちんとした科学的根拠のある治療法を取り入れましょう。

怪しい民間療法だけは止めておきましょう。

世の中には、人の弱みに付け込んでカネを稼ごうとする人も少なくないのですから。

まとめ

卵巣がん腫瘍マーカーの基準数値を見てきました。

先に説明したように、どれも絶対というものはありません。

いずの検査にもメリットとデメリットというものがありました。

検査で陽性が出たといっても慌てることはないし、逆に陽性が出たからといって必ずしも安全だというわけでもありません。

いずれにしても、定期的に検査を受けるにこしたことはありません。

その時は、これらの腫瘍マーカーの特徴を十分に理解したうえで行うようにしましょう。

そうすれば卵巣がんの早期発見、早期治療につながるでしょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ