話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

受験を失敗。大学に行く意味について悩んでいるなら…

2016.3.12

受験に失敗すると、世界が終わる気がしませんか?

皆が楽しそうな春休みの計画をしているのに、置いてきぼりになった気分でしょう。

そして大学って本当に行く意味があるかと感じるようになります。

もう一度大学進学について考えてみましょう。

大学受験に失敗して感じる事

高校生にとって、学生生活の半分くらいは大学への受験勉強に費やしている事になるでしょう。

そこまでして頑張ったのに、結果が伴わないとものすごいショックですよね。

まして友達なのが進学を決めてしまったら、本来なら楽しいはずの春休みの計画も味気ないものになり、なんとなく自分が世界から置いてきぼりになってしまったように感じることもあるでしょう。

今、あなたの気力はゼロです。

もう1年同じ事を繰り返すなんて出来るか自信が無いと思っていませんか?それは当然です。

本来なら、気分が落ち着くまで何も考えていたくないでしょう。

しかし、時間は待ってくれません。

もし進学するなら、予備校に行くなり準備が必要です。

もし進学しないなら、就職を考えなければいけませんが、この時期はそもそも就職も難しい。

まるで、自分がどこかに出口のない迷路に紛れ込んだような気分でしょう。

親も学校も友達も、「頑張れ、元気を出せ」と言いますが、はっきり言ってライフがゼロなあなたにそれは酷ですよね。

大学受験に失敗して考える事

まずはあなたが大学受験に失敗しても世界は終わりません。

これは真理です。

あなたの友達の生活も、あなたの家族の生活もほとんど変わりがありません。

変わるのはあなたの生活です。

新しい環境に戸惑うのは当然です。

一度失敗すると恐怖心が芽生えます。

「また大学受験に失敗したらどうしよう」と考えると、前よりも強いプレッシャーにあなたが襲われます。

また、受験勉強が大変で辛ければ、それをもう一度繰り返す事に対して拒否感もあるでしょう。

受験勉強はしたくないけど、他に何していいか判らないと悩んでいる人におススメなのが、まず初心に返ることです。

なぜ大学進学を選んだか、そして、なぜその大学を志望したかをもう一度考えるのです。

もし本当にその大学に進学したい理由があるならば、勉強するしかないと腹が決まるはずです。

しかしもしそれすら曖昧であるならば、これを機会にぜひ一度大学進学について考えましょう。

何故ならせっかく大学に受かっても、大学が合わずに辞める人が結構いるからです。

大学受験に失敗した人はあなただけではありません

あるアンケート調査によると、受験に失敗した人は全体の3割近くいます。

この大学受験失敗について、どう感じるかについて自由回答のアンケートもあり、大きく二手に分かれます。

大学受験に失敗して後悔していない、落ちてよかったと挙げた人は、「変なプライドがなくなった」「その後合格した大学でいい恩師に出会った」「いい出会いがあった」など落ちた経験を「当時は大変だったけど、過ぎてしまえば大したことない」とポジティブに取らええいます。

逆に、大学受験に失敗して後悔した人は「あの大学受かっていれば、自分の人生が色々変わった」「人生の選択が狭まった」とポジティブにとらえています。

さて、同じ経験でもとらえ方によって、人生が真逆に変わります。

大学受験失敗をポジティブに考えている人というのは、端的に言えば、自分の今の人生を受け止めているのです。

それに比べて、ネガティブに捉えている人は、今の自分の人生を受け入れられずに、ありえた別の人生を夢想しているという事です。

大学受験の失敗は上書き可能

さて前述のアンケートで判るのは、「大学受験の失敗は上書きできる」という事です。

つまり、その後の人生をポジティブに受け止めるかによって、「あの大学受験の失敗が、いい結果をもたらした」という事実に変化します。

しかし、その逆もありえるのです。

もし「あの大学受験を失敗しなければ」という考えに取りつかれて、自分の人生に満足できなければ、後悔するだけの人生になってしまいます。

つまり、本当に大切なのは「大学受験に失敗」した事ではないのです。

「大学受験に失敗」した後に、どんな選択をして、自分の人生を切り開いていったかによって「大学受験の失敗」という事実は変わっていくのです。

有名人の伝記などは絶対に人生のどん底の時期があり、それをいかに乗り切ったかというのが書かれています。

これは、勝ち組の視点で見た人生の挫折です。

そういう時の挫折は、まるで自分の成長を促すための大事な特異点のようにとらえられます。

逆に、人生に失敗したと感じる人の「大学受験失敗」は、人生挫折の始まりという事実になってしまうのです。

大学受験の失敗を取り戻せ

大学受験の失敗は、人生の終わりではありません。

その後の人生の歩み方によって、いくらでもポジティブな出来事に上書き可能です。

また、挫折を知っている人間の方が、プレッシャーにも強く、人生を柔軟に捉える事が出来ます。

折れた骨がくっついた方が、折れていない骨よりも丈夫になるという話を聞いた事があると思います。

順風満帆に生きてきたエリートの人というのは、突然の挫折の弱く、たってひとつの挫折が人生ひっくり返ることもあります。

逆に、ある程度挫折を味わった人の方が、いくらでもリカバリー可能な人生を送っているという事もあるのです。

正直なところ、いくら学歴社会だからと言って、たった1年の浪人が就活や、その後の出世に影響を与える事はほとんどありません。

まして大学では、1年、2年の年齢差など誰も気にしないのです。

大学受験の失敗した時は、ショックで何もする気もなくなると思います。

でもそこから立ち上がって、志望大学に合格できた時の気分は何物にも代えがたいはずです。

それこそ「世界の王様」になった気分でしょう。

そして、挫折から立ち直った自分というのは、あなたにとって大学合格よりもはるかに人生に大きな影響を与えるはずです。

だから、たった一つの失敗で、人生を投げ出さないでください。

あなたの人生はこれからです。

 - 学校・勉強