話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

夏バテ?夏バテじゃない?夏に体が重いと感じる原因と対策

2016.5.31

北海道でも気温が30度を超えるようになり、年々、日本の夏が暑くなっているように感じます。

この時期になると夏バテ対策も色々考えなければいけません。

でも夏バテ以外でも 体が重いという症状がでる事も。

夏に体が重いと感じたら、試して欲しい対策についてご説明いたします。

夏バテで体が重いと感じる原因は?

夏バテのメカニズムはご存知でしょうか?

人間の体温は一定に保たれるように体が調整しています。しかし、この行為はとってもエネルギーを使うのです。あまりにも気温差が激しかったり、その状態が長期間続くと体が体温調節だけで疲れてしまうのです。それが体の重さやだるさにつながります。

また暑いと人は体温調節のためにたくさん汗をかきます。そうすると喉が渇きますが、その際、キンキンに冷えたビールや氷のたくさん入った飲み物を欲してしまいます。しかし胃はデリケートですから、そんなに冷たいものをたくさん入れられると弱ってしまうのです。

また熱帯夜どころか、夜になっても30度以上の気温になる夜も続くと、寝苦して睡眠不足になる人もすくなくありません。かといってエアコンを効かせすぎると、今度は体が部屋の外と中の温度差についていけなくなり、自律神経が失調する事も。特に女性は、仕事場や家の寝室などで男性とのエアコンの温度設定問題に敗北すると、こういう問題に直面させられます。

これが夏バテによる体が重くなる原因なのです。

夏バテの症状と対策

これって夏バテと感じる症状というとどんな症状を思いつきますか?

体が重いと感じたり、だるくなったり、無気力になったりしますよね。また、暑さによる睡眠不足や、胃の不調、体重が減ってしまったり、こんな症状は夏バテかもしれません。
また前述したように冷房だって、現代人にとっては無くてはならない必需品ですが、これもまた体調を崩す原因になります。手足が冷えていたり、しびれたり、腰に痛みを感じるようなら冷房による夏バテの可能性があります。また女性は生理が不順となってしまう人もいます。こういった症状が一定期間続くと、体の抵抗力が落ちてしまい夏風邪を引きやすくなるので注意が必要です。

さて夏バテしないようにするにはどうすべきでしょうか?

まずは体に抵抗力をつけなくてはいけません。規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事が体の免疫力をアップしてくれます。また夏はシャワーで済ます人が多いですが、湯船につかるのは、体を芯から温めてくれるので、冷房で冷えた体には効果的です。
特に女性は冷房の温度設定を自由に出来ない人は、自分の体を守る防寒具を装備していください。

夏に体が重いのは夏バテだけではない?

前述した症状があった場合、みな「あ、夏バテだな」と考えますが、そうでない事もあるのです。夏と言えば、気分的にも開放的になります。ついつい無茶した結果が体に跳ね返ってくるなんてこともあるので注意が必要です。

例えば、昼間は暑いから、友達や恋人と遊ぶのはもっぱら夕方から夜となり、そのままオールで飲んだりしていませんか?

また、夏だからと毎日のように予定を入れていませんか?今日はバーベキュー、明日はプール、その次は山でキャンプをして、週末はバーベキューなんて、リア充夏満喫状態になっていませんか?

夏になると帰省する人もいるでしょう。お盆シーズンの帰省ラッシュや久しぶりの親戚との顔合わせにつかれる人もいるでしょう。

夏になるとみな活発に動きますが、体はいつも通りとはいかないのです。こういった疲れが重なっていつの間にか体が重く感じるようになるのです。

もし心当たりのある人は、少し予定に余裕を取るようにしましょう。力いっぱい楽しむ事も大切ですが、きちんと休みをとって、ほどほどで切り上げる事も体のためです。

体が重いのは水分の取り過ぎ?

熱中症の予防には適切な水分を定期的に摂取する必要があります。しかし、飲み過ぎも体調を崩す元になるので注意が必要です。

特に天敵なのは「冷たい飲み物」です。胃が冷え切ってしまいます。確かに氷がたくさん浮かんだ冷たい飲み物を喉が渇いたときに飲む快感は何物にも代え難いと思いますが、胃が調子を崩すと、そのまま体調を崩す原因にもなります。

また飲み物の種類も重要です。

ジュースや炭酸水などを飲みすぎると、糖分が過多になるので、食欲が落ちたりビタミンが不足する事があります。また、スポーツ飲料も同様です。スポーツをした人であれば必要な成分が含まれていますが、特にスポーツをしていない状態で飲むには少々成分が過剰です。たまに飲むレベルであれば全く問題ありませんが、日々の摂取には向いていません。

そして大人にとって、キンキンに冷えたビールは夏の大切な風物詩。しかしこれもやはり飲みすぎると、中性脂肪が増えたり、肝臓に問題が発生することもありえます。

夏バテに負けない体をつくるために

食事は大切です。夏はついつい夜しかまともな食事をしなかったり、冷たいものばかりを選択しがちですが、これは悪循環になります。きちんとした食事が夏バテに負けない体を作ってくれます。毎日三食取るようにしましょう。

前述した通り、いくら美味しいとしても冷たい飲み物ばかり飲まないように。温かい飲み物は大量に摂取しなくても喉の渇きをいやしてくれます。

汗が出ると、ビタミンやミネラルが体から失われます。これらの栄養素が体に不足すると、乳酸が溜まりやすくなるため、疲れやすい体になってしまいます。そして、ビタミンやミネラルは体で作る事が出来ないので、体外から積極的に摂取する必要があります。

特に必要なのはビタミンB1ですが、これは豚肉に多く含まれています。豚ひれや豚ももなどの部位やハムなどがオススメです。

その他たんぱく質も大切な栄養素です。これを含んだ食品には肉類、魚介類、大豆製品に多くありますので、積極的にとるようにします。

この記事をご参考にしていただき、是非夏に負けない体で夏を乗り切りましょう。

 - 健康・病気