最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夏祭りのイベントはこれで決まり!保育園で使えるアイデア

      2016/06/07

夏祭りのイベントはこれで決まり!保育園で使えるアイデア

夏祭りと言えば子供も大人も楽しめる楽しいイベントですね。

しかし、保育園のイベントで夏祭りをするとしたらどんな出し物やゲームがいいか頭を悩ませている保護者の方や先生方もいると思います。

そこで今回は保育園で使える夏祭りイベントのアイデアを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


簡単に作れる夏祭りの出し物

保育園でやるとはいえ、夏祭りと聞いて思い浮かべる定番ゲームは工夫次第でいろいろできちゃいます。

輪投げです

これは夏祭りの定番ゲームの1つですね!

段ボールの土台に水を入れたペットボトルを固定し、投げる輪は細長く丸めて輪にした新聞紙をビニールテープで巻けばOKです。

魚釣り

みんなで書いた手書きの魚の先端にクリップをつけて釣り上げちゃいましょう。

竿は新聞紙を細長く丸めてビニールテープで固定して先端からタコ糸を垂らし、その先に磁石やクリップをつければ完成です。

魚の口には全てクリップを付けて竿の先端を磁石とクリップの2種類用意すれば難易度を変える事ができるので楽しさも2倍になります。

ペットボトルボーリング

500mlのペットボトルに水を入れ、ボーリングのピンのように並べれば準備完了!

あとは普段から利用しているボールなどを使ってボーリングのゲームと同じように楽しめばOKです。

普段から利用しているボールは使わずに、新聞紙などを使ってボールも手作りにするのであれば、ペットボトルの水は少なめにしましょう。

保育園のみんなで盛り上がれるイベント

子供達は元気いっぱいなので、身体を使ったアクティブなイベントをするのもいいと思います。

たくさんの段ボールを使って教室に巨大な迷路を作るのもいいでしょう。

普段生活している保育園の教室が巨大迷路に変わっていたら子供たちも大喜びすること間違いなしです。

段ボールを仕切りとして立てて迷路を作ってもいいですが、段ボールをトンネル状に設置してところどころで顔が出せるように天井を空ければトンネル内に光も入り、洞くつ探検の様で楽しさ倍増です。

ただし、段ボール迷路は準備が大変なので事前にしっかりと計画を立てる必要があります。

子供だけでなく先生方も盛り上がれるのがモグラたたきです。

段ボールに10〜12個くらいの穴をあけ、モグラはいくら叩かれても壊れないように新聞紙で頑丈に作ります。

ハンマーも新聞紙やペットボトルを使って手造りしましょう。

あとは、先生方が穴からもぐらを出したり引っ込めたりするだけです。

モグラを叩こうとする子供たちと、叩かれまいとする先生方の熱き闘いが繰り広げられることでしょう。

みんなで手作りして思い出が作れるイベント

ゲームや出し物にこだわらずに、みんなで手作りをして夏祭りの思い出作りができるイベントブースを設けるのも魅力です。

子供の頃に遊んだ経験がある人も多いプラバンで、思い思いの絵を描いたキーホルダーを作れば、この世でたった一つの素敵な宝物となるでしょう。

材料も100円ショップなどでも簡単に入手することができますし、オーブントースターで簡単に作ることができるので、子供達は大いに楽しむことができるでしょう。

最近では缶バッチも簡単に作ることができます。

缶バッチは業者に頼まなくても専用の機材を購入すれば簡単に作ることができます。

缶バッチ制作機自体も安価で購入できるものがあり、一度買ってしまえば毎年使いまわすことができるのでおすすめです。

他には、手作りでうちわを作るのもいいかもしれません。

うちわは大量購入すればかなり安く手に入れる事もできますし、無地のうちわに自分達で好きな絵を描いたり写真を貼り付けたりすれば、夏らしさも演出できるし素敵な思い出作りになることは間違いないでしょう。

出し物やゲーム以外のイベントアイデア

出し物やゲーム以外のところにも夏祭りを楽しめるイベントを用意してみるのもいいと思います。

せっかくみんなでアイデアを出しあって作った夏祭りの出し物やゲームなのだから、子供達には少しでも多くのものを楽しんでほしいと思いますよね?

そこで、出し物やゲームに参加するとスタンプがもらえるスタンプラリーを開催しましょう。

全てのスタンプを集めた子にはアメやチョコなどの入ったお菓子袋など、景品を用意してあげれば楽しみも増えますね!

また、最初は元気だった子供達の中には疲れて休みたいと思う子も出てくると思います。

そんな疲れた子達が休める休憩所を設けて、そこを暗幕などで暗くして子供たちが大好きなアニメ等を上映しておけば、うるさく走り回る子もなく静かに休憩させてあげる事ができるでしょう。

外部の協力を得るという手段もあります。

最近では色々なサービスを提供している会社が増えてきています。

保護者のみなさんの協力があり、有料での企画も実現可能であれば、マジシャンや移動動物園を誘致すれば注目度ナンバー1の目玉企画になること間違いなしです。

保育園の夏祭りの最後に花火をするなら注意が必要

夏祭りの締めに花火をするのも良いでしょう。

しかし、保育園は小さな子供達ばかりなので、やるからには十分な配慮と対策が必要です。

まず、手持ち花火はやらない方がよいでしょう。

夏祭りということで浴衣に草履で来たり、サンダルで来る子供達も多くいる事が予想されるのでやけどをしてしまう危険性があります。

また、火花と同じくらいの高さに目線が来る子供たちもいたり、走り回って誰かとぶつかってしまったり火花があたったりしてしまう危険性も考えられるからです。

打ち上げ花火を実施する際も、花火の周囲には絶対に子供が入って来れないような対策をし、さらにそこから距離を離したところに進入禁止の線を引き、事前に保護者の方々へ注意事項や禁止事項をプリントで配布して周知徹底させておく必要があります。

せっかく楽しく過ごした夏祭りの最後が最悪の思い出にならないようにするためにも、細心の注意を払って万全の準備を整えてから実施するようにしましょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 趣味・ホビー

ページ
上部へ