最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夜中にトイレで3回以上目が覚める これは重病のサイン?

      2016/06/07

夜中にトイレで3回以上目が覚める これは重病のサイン?

以前は夜中にトイレに行きたくなって起きることなんてなかったのに、

何だか最近は回数が多くなっている――という症状に悩んではいませんか?

もし一晩に3回以上、尿意を催して目が覚めるのであれば、

それは重大な病気のサインかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


夜中に3回以上トイレに起きる… もしかして”頻尿”?

あなたは1日に、何度トイレに行くでしょうか?

成人の平均的な排尿回数は、昼は5回〜8回、夜は1回ほど、と言われています。

この回数が合計10回を越えると”頻尿”だと判断されるのだとか。

勿論個人差もありますから、この回数を超えたからすぐに病気だ!と考えるのは早計です。

利尿効果の強い飲み物(お茶やアルコールなど)の摂取や、そもそも水分を多く取った時に、トイレが近くなるのは体の正しい動きと言えるからです。

ただ、本人がトイレの多さに困っていたり、夜中――眠っている間に尿意を感じ、トイレに行くために3回以上起きるようになると、”頻尿”、夜間の場合は”夜間頻尿”と判断されるようです。

特に夜間頻尿となると、その分起きだすことになるのですから、睡眠が阻害されてしまい、日中の活動にも支障が出てしまうばかりか、一緒に寝ている家族の睡眠も妨害してしまうことに繋がります。

こうした症状は、加齢や老化といった体の衰えから来るもの、と考えがちですが、決して老化現象だけが原因ではありません。

時にすぐに対処が必要な病が隠れていることもあるため、注意しなければなりません。

頻尿に隠された、男性特有の病気とは?

では、頻尿に隠された、男性のみがかかる病気とは何か、といいますと、第一に挙げられるのが”前立腺肥大”です。

前立腺は男性にのみ存在する器官です。

これは男性の膀胱のすぐ下、隣接する部分にあります。

膀胱に溜まった尿は、尿道という管を通って排泄するのですが、前立腺はこの尿道の周囲を取り巻くように存在するのです。

病名にあるとおり、前立腺が何らかの原因で肥大してしまうと、すぐ上にある膀胱を刺激するために尿意を感じやすくなる他、尿道を圧迫し、尿の排出を困難にします。

他にも残尿感がある、尿の勢いが弱くなったなどの症状が出ているようであれば、まずこの病気を疑い、専門医へ受診しましょう。

注意したいのは、前立腺肥大は、比較的高齢の男性がかかりやすい病気とは言うものの、若い世代の男性も罹りうる、ということ。

早い男性だと、30代頃から前立腺が肥大し始めることもあるので、「まだ年齢的に大丈夫だろう」と油断はしてはいけません。

そして、脅かすわけではありませんが、前立腺肥大は時として前立腺がんを併発している時があるのです。

女性特有の頻尿を引き起こす病気

女性特有の、頻尿を引き起こす病気は何があるのでしょか?

まず”腹圧性尿失禁”の疑いがあります。

この病気は、膀胱や尿道の締りが悪くなることで起きるもので、頻尿の他、腹部に力がかかった時(くしゃみ・笑った時など)に失禁してしまう症状が出ます。

何故女性に起こりやすいかというと、妊娠・出産・骨盤臓器脱といったことが原因で、膀胱を支える骨盤底筋が弱ってしまうからです。

腹圧性尿失禁は、筋肉の弱る高齢の女性に多い他、出産後の女性も罹りやすいです。

出産時、子供を産む過程で骨盤底筋はダメージを受けるためです。

症状が軽い場合は、骨盤底筋を自分で鍛えることで改善することがほとんどです。

産後の女性に骨盤の引き締めが重要と言われるのは、この病気を防ぐためでもあるのです。

また、若い女性に増えている”子宮筋腫”も、頻尿の原因となります。

子宮は膀胱の前に存在する器官ですから、子宮にできた筋腫が大きくなると膀胱を圧迫するので、トイレが近くなります。

生理期間が長い、生理痛が酷くなった等の症状が出たら、産婦人科を受診しましょう。

性別や老化以外に頻尿になる原因とは何がある?

性別によってその原因が異なるものもありますが、続いては男女どちらにも起こりえる原因を見てみましょう。

過活動膀胱

本来、尿意は膀胱内に8割程度の尿が溜まった当たりから感じ始めるものです。

これは膀胱を形作っている排尿筋(膀胱平滑筋)が「そろそろ限界がくるぞ」とサインを送るから。

ですが、この排尿筋が過剰に収縮してしまい、少量しか尿が溜まっていないのに尿意を感じてトイレに行く回数が増えてしまう…。

これが過活動膀胱です。

膀胱炎

膀胱炎は膀胱内に細菌(特に大腸菌)が入り込んで増殖し、膀胱内部の粘膜に炎症が起こる病気です。

本来は人の体には一定の防御作用があるのですが、体の冷えやストレスやトイレの我慢などが、この力を弱めてしまいます。

結果、膀胱内に炎症が起き、頻尿に繋がるのです。

排尿時に痛みを感じたり、尿検査での異常値が出やすいため、病院での判断が付きやすい病気です。

他にも、自律神経失調症が原因で、排尿筋のバランスが崩れて頻尿になったり、心にかかるストレスが膀胱に悪影響を及ぼす神経性頻尿などが挙げられます。

”夜中に3回トイレに起きる”はあくまでも目安!

他にも、年齢・性別に関わらず、頻尿を引き起こす病気は存在します。

まず、尿を作る臓器である腎臓の働きに問題がある腎機能障害、尿そのものの量が増えてしまう糖尿病、眠っている時に気道が塞がり呼吸が出来なくなる睡眠時無呼吸症候群もその一つです。

また、関係ないように思えますが、脳出血・脳梗塞・事故による脊髄の損傷などでも、同じように頻尿の症状が現れることも分かっています。

このように、単にトイレに行く回数が増えるだけ、という問題ではないのです。

熱や痛みと同じように、排尿も自分の体を異常を知らせるバロメーターだと覚えておきましょう。

もし、トイレの回数や尿の量に異常を感じたら、どうすればいいでしょうか?
勿論、すぐに専門医――泌尿器科を受診することが一番早く、確実な方法です。

泌尿器科にかかることは恥ずかしい、と思うこともあるでしょうが、どんな病気でも同じように、早期に治療を受けることこそ健康を維持するポイントです。

「何だかいつもと感覚が違うな」と感じたら、”夜中に3回起きる”という目安よりも、この”気付き”を優先しましょう。

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ