最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

大学の講義では私語が多い理由について考えましょう

      2016/06/07

大学の講義では私語が多い理由について考えましょう

大学で講義中、学生の私語が多いと言われています。

大学はわざわざお金を払って、専門的は教育を受ける教育機関のはずですが、実情は大きくかけ離れています。

ここではその私語が多い実情と原因について解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


大学の講義で私語が多いのは?

学生の多くは講義がつまらないからと言うでしょう。

それも一理あります。

教科書と同じ内容を何度も何度もやっているだけ。

ぼそぼそと90分それを聞くのは確かに苦痛です。

だったら友達とおしゃべりした方がはるかに有意義な時間の使い方かもしれません。

でも出席しないと、成績に響くから、出席だけはするそんな考え方の大学生が多いのではないでしょうか?

人間の集中力は50分程度と言われています。

だから小学校や中学校、高校の授業はそれぐらいの長さなのです。

しかし大学になると、ほぼその2倍の長さの授業になります。

それは何故なのか考えてみましょう。

大学は何をする場所なのか?それは勉強する場所です。

そのために少なくないお金を払っているのです。

そこで得ようとする目的が無いから授業がつまらないのです。

数学の数式以上に大学の授業の内容に、大学生が意味を見出していない実情が授業をつまらなくして、私語を多くしている何よりも原因なのです。

大学生になる理由

最近の大学生の半数は奨学金を得て大学に来ているという調査結果があります。

この奨学金のほとんどは、名前は違いますが借金です。

将来返さなくてはいけないお金です。

日本の大学生の半分は借金をしてまで大学に来ていますが、そこで何を身に着けているのでしょうか?

彼らは自分の将来を削ってまで安くない費用で大学に来ています。

しかし、大学生のほとんどは授業を権利ではなく義務だと思っています。

卒業するための単位を取得する通過点なのです。

知識を得るのではなく、単位を得るために大学にいるのです。

不思議だと思いませんか?以前ならまだしも社会は決して学歴が優先される社会ではなくなりました。

年功序列とともに、いい大学に行かないといい会社に入れないなんて定説は儚く塵となったのです。

それでも進学率は下がるどころか上がる一方です。

女子ですら四年制大学に行くのが珍しくなくなりました。

彼らは何故大学に行くのでしょうか?それは勉強をしたくて行くのではないでしょう。

大学の講義が退屈な理由

大学は社会に出るまでの最後の猶予期間。

いわゆるモラトリアムです。

ほとんどの大学生の目的はこれです。

元々知識を得るのが目的ではないので、講義が退屈になる訳です。

それ自体は問題ですが、悪いことではないでしょう。

大学に何を求めるかは人それぞれです。

サークル活動などの人との関係を築きたい、社会で何をするかを考える時間が欲しい。

それはそれでいいのです。

ただ、それと講義で私語をしていい理由にはならないのです。

何故なら、今では少数になってしまったかもしれませんが、授業を受けたい人はいます。

知識を得たいと望む人がいるのです。

それを邪魔する権利は誰にもないのです。

しかし実情は大多数の人が、退屈しのぎに私語をするようになっています。

そして、その原因を自分ではなく教授に求めるのが問題です。

勉強は相手が面白くしてくれるのを待つものではありません。

自分の意思が勉強を意味のあるものにします。

ただ受動的に待っているだけでは、講義はいつまでたっても退屈なままです。

講義で私語を禁止するということ

少なくとも大学生のされる事ではありません。

しかし実情は、大学の教授が授業時間を使って、何故私語が行けないかを説明しなくてはいけないそうです。

罰則を設けたり、退出させたりしないと私語が収まらないというのは、もう小学生以下です。

その上彼らの半分は借金をしてまで大学に来ているにも関わらずです。

積極的に知識を得ようとする場所で、話さないために罰則まで儲けられるというのは何か非常に本末転倒な気がします。

もったいなくありませんか?

もしお金を有効に使いたいのであれば、講義を受けましょう。

何を学びたいのかもう一度考えるべきです。

大学は、半年毎に学費を納めますが、その学費が講義の数に対してではないのです。

専攻している学科がありますので、その学科に応じてという制限はありますが、受けたい講義はカリキュラムが組める範囲で基本受けることが出来ます。

それを活用しないのはもったいなくありませんか?

興味のある講義が受け放題なのです。

社会人になって後悔することとは?

彼氏、彼女を作らなかった、サークルに入らなかった、大学生時代の後悔は、色々あるものですが、以外にももっと勉強をすればよかったという意見もあるのです。

得てして社会人聴講生の方が講義を真面目に聞いていることが多いようです。

彼らの目的はきちんとしているからでしょう。

後悔先に立たずと言いますが、早くやり直した方が後悔は少なくて済みます。

大学に習ったことが社会で必ず役に立つとは限りません。

多くは、机上の話で終わるケースも多いです。

しかし、考え方やロジック、物事の進め方など有用な内容もあります。

決して無駄ではありません。

知識はないよりある方がいいでしょう。

また本来的な意味で言えば、知識は役に立つから意味があるのではないのです。

知識自体が目的であり、それが活用されるか否かは二次的な意味でしかありません。

知識に有用性を求めること自体無意味なことであるという事も出来ます。

高いお金を払ってまで、何を得ようとするかそれはその人次第です。

大学というのはそれを考える場所でもあるのです。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ