最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

大学生が勉強のやる気を出して効率よく作業を進めるコツまとめ

      2016/06/07

大学生が勉強のやる気を出して効率よく作業を進めるコツまとめ

学生は勉強が本文であるとはわかっていてもなかなか、やる気を出せない人も多いはず。

今回はそんな大学生の為に、勉強のやる気を出せるコツをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


勉強が好きな大学生ってどれくらいいる?

大学生の本分は勉学。少なくとも大学は、建前としては何らかの学問を修めたいという人が行く場所のハズですが、ご自身の経験を振り返っても「勉強が好き」なんて人は少数派ではありませんでしたか? 実際、勉強好きの学生はどのくらいいるのでしょうか。また、勉強好きの人はいつ、何がキッカケで好きになったのか、来年社会人デビュー予定の学生428名に聞いてみました。

Q.勉強が好きですか?
好き……36.2%
嫌い……19.6%
どちらでもない……44.2%

直球の質問に「好き」と答えたのは1/3程度。反対に、学生の身分でありながら堂々と「嫌い」と答えた人は2割近くも! 男女別では「好き」と答えたのは男性30.7%、女性39.2%、「嫌い」が男性26.0%、女性16.2%と、男子学生の方が勉強が「嫌い」という結果です。

引用元-−-フレッシャーズ マイナビスチューデント

やる気が出ない理由は目標の立て方にあり!

学年2位の人が必死に勉強しているのに、
学年100位の人はほとんど勉強していないんです。

成績の良い方は、必死に勉強している。
成績の悪い方は、ほとんど勉強しない。

冷静に考えれば、奇妙です。
逆ならわかるんですけどね。

でも、これは、
本当によく見る光景なんです。

ためしに、あなたが通っている
学校や塾の様子を見てください。

これと同じ状況がよくありませんか?

学年2位くらいの上位の人は本気でテスト勉強しているのに、
学年100位くらいの人は適当にやっていませんか?

全員とは言いませんが、かなりの割合で
この状況になっているでしょう。

その原因は、自分の目標と自分の実力との間に
差があるのかどうかなのです。

自分の実力が目標に届いていない人は、
本気で勉強している。

反対に、しっかりとした目標がない人は
適当に勉強するだけです。

結論として何が言いたいのかというと、
しっかりとした目標設定をしていない人というのは、
テスト勉強のやる気は出ないです。

考えてみれば当たり前の話だと思うのですよ。

目標がないのに努力するはずがありませんからね。
何のためにやってるんだ?という事なんですよ。

引用元-−-入試に合格する勉強法・思考法

明確な目標を持つ

漠然と何かしなければ、とかテスト前だから仕方なくとか外部からくる圧力やその場しのぎのための勉強は自分の力になりませんし、何より目標のないことを長く続けることはできません。例えば英語の資格が取りたいと思ったら、TOEICで何点とか英検で何級など数字で具体的に表せる目標を持つことです。最初に大きな目標が立てにくいような人の場合は、目の前の小さなことを目標にするといいでしょう。例えば何日までに買ってきた問題集を終わりにするなどです。それ以下でもとにかく教科書を開いてみようとかペンを持とうとか、実際に勉強に入らなくても何か行為に移ることを繰り返してそのようなものに触れる習慣をつけるだけでも、実行に移せるきっかけとなります。人間は勉強やスポーツなどを少しの間やっていると、やる気ホルモンというものが出て集中することが出来るそうです。とりあえず何も考えずに机に向かうだけでも効果はあるのではないでしょうか。

引用元-−-大学生の困った!を解決するCampus Magazine

自分へのご褒美でやる気アップ

毎日、勉強のノルマを達成できたら自分にご褒美を与えるようにするとよい。私は月曜から土曜までしっかり勉強したら、日曜日はオフにして遊ぶというルールを決めていた。
また、朝6時から勉強して20時くらいに勉強を全て終わらせることができた日はマンガ喫茶に行ってマンガを読んだこともあった。
午前中の勉強が終わったらアイスを食べるとか、小さいことでもいいので、自分にご褒美を与えるとよい。

引用元-−-独学ラボ―大学受験勉強法―

勉強を習慣化してやる気を出させる

CSSS85_kangaerujyosei20131019500-thumb-260xauto-4199

勉強のやる気を出す方法の第一は、まず、勉強を習慣にすることです。
「勉強のやる気が出ないで悩んでるのに、どうやって習慣にするの?」という声が聞こえてきそうですが、その方法は後述します。

とにかく脳内に、学習をするための「太い神経回路」をつくってしまえば、あとはそこに黙っていても電気信号が流れるようになります。経験があるのではないでしょうか?何かを毎日やる習慣があると、それをしないと何だか落ち着かない気分になってくる。それを解消するために、どうしてもやらざるを得なくなる。あたかも覚せい剤のような感じがしますが、この心理効果を受験勉強や家庭学習に応用するのです。

脳科学の知見によれば、脳内に習慣化の太いパイプが完成するまでには、約1か月かかるといわれています。1か月辛抱して、毎日つづければ、あとは楽できるのです。たしかに1か月間は大変でしょうが、後述する心理戦術を使えば、難なく乗り越えられるはずです。

習慣化するコツは、同じ時間帯に、いつも同じことをすることです。
たとえば午前中は英語を勉強すると決めたら、毎日そうするのです。昨日は英語だったけど、今日は数学・・・これではいけません。時間帯によって学習する科目を決めることが大切です。

とにかく勉強のやる気を引き出すためには、まずは1か月間、1日も欠かさず持続する・・・これを覚えておいてください。

引用元-−-受験生の勉強方法・情報館

時間を細分化して勉強に集中する

この研究結果をふまえて私がオススメする勉強法は、時間を細分化すること。

3時間の勉強が必要なものなら、「3時間勉強する」のではなく、「30分の勉強を繰り返す」のです。

その代わり、その30分は勉強だけに没頭します。

スマホも触ってはいけません。そのたった1度の気の散らしが生産性を著しく下げるのは前述の通りです。

30分勉強したら、10分休憩します。

この間に、トイレや飲食などの勉強以外の全ての用事を済ませてしまいます。

あとはこの繰り返しです。

この方法は多くの著名なビジネスマンも実践している方法で、

こうやって時間を細分化するだけで驚くほど生産性を高めることができます。

引用元-−-大学生はこれを見ろ(跡地)

勉強の方法を増やす

辛い・退屈と感じるのは飽きたから、という場合もあります。そこで、方法を変えましょう。それもおもいっきり。例えば現在英語の精読を勉強しているとします。

まず、精読の内容を声に出して読んでみます。次に、出てきた単語や構文を使って自分で文章を作ってみます。最後に、スピーチ・コンテストに参加しましょう。

そうすると今まで退屈だった勉強が、あなたに刺激を与え人生を楽しませてくれる素晴らしい要素となります。案ずるより産むが易し、今すぐ自分の勉強法を少しずつ変え、最後にはおもいっきり背伸びしてみましょう。

背伸びに疲れたらまた最初の勉強法をすればいいだけです。方法は多ければ多いほど、モチベーションをアップしやすくなります。

引用元-−-ザ・チェンジ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ