最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

太もものセルライトはエステに行かなくても取れます

      2016/06/07

太もものセルライトはエステに行かなくても取れます

太ももにできたセルライト(皮下脂肪)は女性にとっては大敵です。

そんなセルライトを取るためにエステに行く女性も少なくはないでしょう。

しかし、エステに行くとなると結構なお金がかかってしまいます。

今回はエステに行かず太もものセルライトを取る方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


太ももにできるセルライトとは

体の隅々まで張り巡らされている毛細血管の回りには皮下脂肪がついています。それは、太っている人だけでなく、痩せている人も同じです。特に男性と比べて皮下脂肪の多い女性の場合、痩せているように見えても皮下脂肪を蓄えているのです。この皮下脂肪が大きくなったのが、セルライトと呼ばれるものです。

現代は飽食の時代といわれますが、人類は長らく飢餓の時代を過ごしてきました。皮下脂肪はそのときの名残です。皮下脂肪は、その名前の通り皮膚の下に蓄えられた脂肪です。普段は皮下脂肪を使いません。しかし、いったん飢餓の状態になったら人間はその皮下脂肪をエネルギーとして消費します。

どんな人でもこの皮下脂肪があります。しかし、皮下脂肪を溜め込み過ぎると問題になってきます。そうなると、脂肪は老廃物を溜め込んでしまいます。その結果、毛細血管やリンパ管を圧迫することになり、脂肪細胞は変形してしまいます。その変形した脂肪細胞がセルライトなのです。

太ももにセルライトができる理由

太ももにセルライトができる理由はいくつか考えられます。女性の場合、男性と比べて筋肉量は少なくなります。その結果、基礎代謝量が少なくなり皮下脂肪がつきやすい体になってしまいます。また、食べ過ぎも体に皮下脂肪が蓄積する原因にもなります。これらの皮下脂肪が大きくなって、セルライトができてしまうのです。

皮下脂肪と違って、セルライトは大きくなってしまいます。それが、女性にとって大敵と言われる所以です。では、なぜセルライトは大きくなってしまうのでしょうか。

セルライトをそのままにしておくと、体内の脂肪がコラーゲンと結合してセルライトを作ってしまうのです。そうしてできたセルライトが、新たなセルライトを作ってしまうという悪循環に陥るのです。しかも、こうしてできたセルライトは固くなってしまい、落しにくくなってしまうのです。さらに悪いことがあります。それは、セルライトははっきりとした形となってあらわれてしまうということです。

エステではこうやって太もものセルライトを取っている

先に説明したように、セルライトは放置しておけば次第に大きく固くなってしまい、落しにくくなってしまいます。そんなセルライトをエステはどうやって落としているのでしょうか。疑問に思う人も多いでしょう。

エステではセルライトを直接つぶすようなことはしていません。セルライトを破壊しているのです。

エステでは、まず高周波機器を使って脂肪細胞を分解して破壊します。そうやって破壊されたセルライトは、ありがたいことに溶けやすくなります。その溶けやすくなったセルライトは老廃物として体外に排出されやすくなるのです。

エステシャンがセルライトをつぶしているように思われるのは、実はこの老廃物を体外に排出されるように普段よりは力を入れてマッサージをしているからです。力を入れてマッサージしてセルライトをつぶしているのではありません。エステシャンがマッサージするときは、既にセルライトは分解、破壊されて老廃物に変わっているのです。

エステに行かず自分で太もものセルライトを取る方法

このように、太もものセルライトを取るなら専用機器が備わっているエステに通うのが一番です。しかし、問題はお金。多くの場合、エステには何度も通わなければいけません。そうなると、多額の出費を覚悟しなくてはいけません。そうなると、エステに行かずに自分でセルライトを取ろうと考える人も出てくるでしょう。そういう人は、次の点に注意すると良いでしょう。

冷え防止

体が冷えるとセルライトができやすくなってしまいます。体が冷えると脂肪を燃焼させる力が弱くなってしまいます。その結果、毛細血管に老廃物が詰まってしまうのです。そうならないように、体を温めましょう。そうすれば、血行がよくなり脂肪を燃焼させる力も強くなります。その結果、セルライトを取ることができます。

有酸素運動

ウォーキングなど有酸素運度を行えば、皮下脂肪を燃焼させてくれます。また、筋トレを行って筋肉量を増やせば基礎代謝があがり、皮下脂肪を燃焼させやすい体になります。これは、セルライトの解消と予防にもつながります。

太もものセルライトをつぶしてはいけない理由

太もものセルライトをつぶそうとして強いマッサージをすると、皮膚や毛細血管を傷つけることになります。そうなると、コラーゲンは傷ついた細胞を修復しようとします。そのとき、回りにある老廃物を一緒に取り込んでより大きな脂肪細胞になってしまうのです。しかも、デリケートな毛細血管が傷つくので内出血を起こしてアザになることも珍しくはありません。

まとめ

太ももにできたセルライトは、放っておけば大きくなってしまいます。しかも、固くなって落しづらくなってしまいます。だからといって、自己流でセルライトをつぶそうとすると、逆に脂肪細胞が大きくなってしまいます。このように、セルライト厄介な代物なのです。

しかし、正しい知識があれば太ももにできた憎いセルライトも恐れることはありません。高いお金を出してエステに通わなくても、ここで紹介した方法でセルライトの解消と予防ができるのです。そうなれば、スリムな太ももも夢ではありません。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ