最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

夫婦円満の鍵は、やっぱり日々の会話にあり。気になるその内容や注意点は?

      2016/06/07

夫婦円満の鍵は、やっぱり日々の会話にあり。気になるその内容や注意点は?

会話はコミュニケーションの第一歩。

それは当然、夫婦間でも同じです。

でも一緒にいる時間が長くなってくると、そのことを忘れていつしか会話のない夫婦に、なんてこともありがち。

今回は、夫婦間の会話時間、内容、注意点などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


平日の夫婦の会話時間

「平日と休日の夫婦の会話時間」を聞いたところ、平日では「10分未満」が26.7%、「10分〜30分未満」が27.3%、「30分〜1時間未満」が26.1%、「1時間〜3時間未満」が16.4%、「3時間〜5時間未満」が2.8%、「5時間以上」が0.8%となった。

一方、休日の会話時間は、「10分未満」が12.7%、「10分〜30分未満」が15.8%、「30分〜1時間未満」が21.0%、「1時間〜3時間未満」が30.8%、「3時間〜5時間未満」が11.1%、「5時間以上」が8.6%だった。平日では「10分〜30分未満」が最も多かったのに対し、休日では「1時間〜3時間未満」の回答が最も多くなっており、休日は会話の時間が増える傾向が見られた。

また、「結婚して3年未満の夫婦」では、平日でも「1時間〜3時間未満」が41.3%、休日では「5時間以上」が34.8%となっており、それ以上の結婚期間の夫婦に比して、会話の時間が長いことがわかった。

引用元-−-マイナビニュース

夫婦の話の内容、やはり一位は子供のこと

Q4-1.夫婦の会話で中心になる話題は?(5つまで)
夫婦で話をする時の話題ベスト10は、
「子ども(84.3%)」
「毎日のできごと(63.8%)」
「仕事(39.9%)」
「ママ・パパ自身(38.9%)」
「休日の計画(38.2%)」
「体調(28.7%)」
「テレビ番組(27.0%)」
「お金(25.9%)」
「買ったものや予定(25.6%)」
「社会的ニュース(21.8%)」
となりました。
トップは、やはり「子ども」。子どもの日々の成長や様子はママ・パパにとって、もっともうれしく、気になること。話題にも事欠きませんよね。そんな子どものことも合わせて「毎日のできごと」が話題になるのでしょう。
「仕事」「ママ・パパ自身」のことは、お互いに聞いて欲しいのでは?
子どもはもちろん、ママ・パパの「体調」も家族・夫婦でしっかりケアしていきたいので、何かと話題にのぼるようです。
「休日の計画」「買ったものや予定」、さらに「お金」のことも夫婦ならではの話題かも。
「テレビ番組」や「社会的ニュース」は会話のネタとして盛り上がりますよね。

引用元-−-ハッピー・ノート・ドットコム

離婚しやすい夫婦の会話パターン

■1:相手を軽蔑するような発言をする

意見が合わないときに、相手を軽蔑するような発言をすると、離婚リスクが2倍にはねあがります。

夫婦間で意見が衝突したときに、思いきり口論するのも悪くありません。その際、怒りで語気が荒くなることもあるでしょう。それでも、「あんた頭がおかしいんじゃないの!?」など、相手を見下すような発言はなるべく慎みたいものです。

■2:人格攻撃をする

お互いに人格攻撃し合っている夫婦も離婚リスクが高くなります。

もちろん、夫からイヤなことをされた場合、その行動について文句を言うのはアリです。ただ、「本当にだらしがないんだから!」というふうに人格攻撃にまで及ぶと、夫のほうも「おまえこそキツイ女だな」などと炎上し、夫婦仲がどんどん険悪になってしまいます。

■3:責任のなすりつけ合いをする

何か問題が生じたときに、「夫と妻、どちらが悪いのか」と白黒はっきりつけたがるのも離婚しやすい夫婦の特徴です。

一方的に約束を破るなど、加害者・被害者が明らかなケースもありますが、夫婦間で生じた問題は基本的に“お互い様”。犯人捜しをするのはやめましょう。

■4:問題にきちんと向き合わない

問題が解決していないのに、夫婦の一方、または双方が、話し合いから逃げてしまうのも、離婚しやすい傾向にあります。

うやむやにしたままでは、いつかは不満が爆発して、取り返しのつかないことになりかねません。しこりを残さないように、夫婦で納得のいくまで話し合いましょう。

ただし、興奮のあまり心臓がバクバクするなど、冷静な話し合いができない状態であれば、一時中断するのはアリです。

引用元-−-ウーリス

会話を増やすためには配慮も必要

夫婦の会話がなくなっていく過程には、「相手の話していることがつまらない」「話す内容に興味がない」という前段階があることが大半です。恋人時代はお互いに配慮や気遣いをしあって、自然に一緒に楽しめる話題を探したり、それほど興味のない話でも聞いてあげたりしていたはず。でも結婚後、いつの間にかそうした気遣いがなくなった結果、会話がなくなってしまいます。

相手が興味を持って聞いてくれない話は、誰だって延々とはしたくないし、できないもの。女性がいる外のお店などに旦那さんが飲みに行ってしまう理由には、性的関心だけでなく、「自分の話をニコニコ聞いてくれるから」という点が非常に大きいと聞きます。「それじゃ、退屈でも相手の話を聞けばいいの?」ということになりますが、そうではなく、お互いに相手の興味のない話を延々と話さないよう、配慮するのがおすすめです。

例えば、難しい仕事の話をしたい旦那さんと、近所のママ友の話をしたい奥さんがいたとして、自分のしたい話ばかりをしようとすれば、うまくいかなくて当然ですよね? パートナーが興味のない話題は別の友達や同僚とするとして、夫婦で話すときには、できるだけお互いに興味が持ちやすい話題を選ぶと◎。同じ仕事をしていたり、共通の趣味があったり、共通の知人友人が多い夫婦は、自然にお互いに興味のある話ができるので、こうした面では強いかもしれません。

「共通の話題がまったくない!」という夫婦の場合は、できるだけ一緒に行動する機会を増やして、共通の体験を増やすのがおすすめ。「共通の話題より、私のしたい話を聞いてもらいたいの!」と思うならば、相手のしたい話も、ちゃんと同じくらい熱心に聞いてあげること。「つまらない話でも聞いてくれてありがとう」という感謝の気持ちを持っておくと、さらに好循環を生むでしょう。

引用元-−-エキサイトニュース

女性、男性それぞれに努力が必要

これまで、ちゃんと不満を伝えていれば夫婦喧嘩になりません。つまり、夫婦喧嘩は“会話が成立しないこと”が原因で起こるものなのです。

確かに、普通に話ができる関係であれば、不満はたまりにくいですよね。でも、会話をしない、会話にならないといった状況が続くと、いつか爆発して大喧嘩に発展してしまいます。

それでは、そうなる前に女性側はどうしたらいいのでしょうか?

そもそも女性は、不満があるとヒステリーを起こしがち。そして、話し方が下手です。一方、男性は女性になんやかんや言われると沈黙してしまいます。要は、聞き方が下手なのです。

そのため、夫婦喧嘩を防ぐには、まず女性は不満を突然がんがん言わない。不満や要望・お願いごとは、優先順位をつけてひとつずつ話すようにすればいいのです。わかりやすく「私はこうだったからこうしてほしい」と説明するだけでOK。

男性は、黙り込まない。“しっかり聞いていますアピール”する。意見を肯定したり、相手を受け止めるようにしたりすればOK。このとき、女性側の誤解を解こうとしてはいけません。とにかく言わせておいてください。

引用元-−-It Mama

まずは挨拶からでも

例えば、夫が仕事でくたくたに疲れて、遅い時間に毎日帰宅するとします。

いつも疲れた表情をしていて、不機嫌そうな感じで、

これじゃ妻も話しかける気にならないですよね?

また、妻も家事や育児で毎日くたくたになって

夫婦間の会話をする時間がどんどんなくなっていくかもしれません。

共働きの夫婦でしたら、会話でお互い理解しあうのも

なかなか難しくなってしまいます。

こんな状態が続いてしまうと、

二人顔あわせたときに挨拶もできない状態になってしまいます。

「おはよう」

「ありがとう」

何気ない挨拶でも、あるのとないのでは大きく違います。

簡単な一言でも、相手の心を癒したり、元気付ける力があるからです。

なーんだ、たかが挨拶と思うかもしれないですが

挨拶はするほうもされたほうも気持ちが良いものです。

夫婦で会話が続かなかったり、夫婦の会話がないので悩んでいるのなら

まずはあなたから勇気を出して気持ちよい挨拶をしてみてください。

こういう小さなことから、夫婦間の会話がなくなったり、

夫婦間の会話が続かないことの解決に繋がっていくのです。

引用元-−-夫婦関係改善の秘訣!夫婦仲がよい夫婦になるための情報サイト

会話をふやすために、食卓を工夫してみるのも

(1)料理のレパートリーは、常に増やすことを意識

料理がワンパターンだと気づいたら、お料理番組やネットなどでご主人の好きそうな新しいメニューや自分が食べたい料理を模索してみましょう。

新しい料理なら、微妙な反応を見逃さないようにしながら、料理が好みかどうか根掘り葉掘り聞きやすいと思います。美味しいものを食べれば、自然と笑顔になり会話も弾みますね。

(2)一緒に料理を作ったり、洗い物をする

食や味にあまり興味のない人の場合には、一緒に料理を作ったり、一緒に片付けをしながら会話をしたりすることで、楽しみを見つけると良いと思います。ほんの10分程度のことですが、“一緒に何かをすること”って大切だったりしますよね。

(3)いつもと違ったテーブルの雰囲気をつくる

お酒好きなら、居酒屋風やクラブ風に接待してみるとか、ご主人が驚くような食卓を演出。味覚だけでなく視覚で、驚きや非日常感を演出して、「食事をするのが楽しい」と思わせればこっちのもの。

引用元-−-パピマミ

twitterの反応


関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ