最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

奥二重の方!キレイな二重をアイテープで作りましょう

      2016/06/07

奥二重の方!キレイな二重をアイテープで作りましょう

顔の第一印象で最も目が行くのが目ですよね。

女性だけでなく、男性でもパッチリした二重の目には憧れを持っている人が多いと思います。

でも自分は一重でもなく二重でもなく奥二重‥。

綺麗な二重が作れたらなぁ‥とお悩みのあなた!

アイテープをご存知ですか??

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

胃が食べ物を受け付けない!食欲がない時に自分でできる対策

普段通りに生活をしているのに、急に胃が食べ物を受け付けないと...

履いていた靴が緩くなった?足のサイズが小さくなる原因とは

自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足の...

双子が結婚すると子供まで似ている?双子の気になる問題

双子が生まれてくることも珍しいことですが、双子が結婚して子供...

子供を作らない事を選択した夫婦!それぞれの理由

結婚したから夫婦になったから、子供がいるのは当たり前と思って...

食後に体が暑いと血糖値が上がりやすい理由とその対策

夏になって暑い季節になると血糖値も上がりやすいので...

父親に会いたい!離婚してから娘が会いに行くための方法とは

親同士の離婚は子供には大きな問題ですが、母親につい...

大学の部活は就活に有利?入部して後悔した人の心理とは

大学に入ってから部活を頑張る人は、高校時代に頑張っ...

夜寝る時体が暑いと感じて眠れない病気とは!? その原因と対処法

くたくたに疲れていて眠いのに、いざ眠りにつこうとし...

夫婦でも他人なの?人のことを信用しないパートナーへの対処法

夫婦なのに他人と同じように信用しない人もいますが、...

筋肉痛になった?原因不明で太ももが筋肉痛になる理由とは

何もしていないのに気づいたら太ももが筋肉痛になっていることも...

過食症の恐ろしさ!止まらない非嘔吐過食の原因や治療法をご紹介

摂食障害において一番辛いと言われている、非嘔吐過食。 スト...

これで安心、過呼吸の対処法!救急車を呼ぶと迷惑かどうかについて

強いストレスをきっかけに起こる発作的な症状である、過呼吸。 ...

LINEを既読無視する友達の心理とは?今後の付き合い方と対策

友達とLINEをするのは当たり前になってきましたが、自分が送...

過食が止まらないので助けて!そんな方がやるべきこと

自分でも食べるのをやめたいと思っているのに、食べることが止ま...

コンビニ店員に惚れた!かっこいいと思った時の口説き方

毎日気軽に利用することができるコンビニですが、店員の人をかっ...

息子の彼女が挨拶に来た!彼女を安心させる食事や会話のポイント

息子の彼女が遊びに来る!カップルにとっても大切なイベントです...

会社に気になる異性が居る人へ!会社で連絡先を渡す成功法

職場に気になる異性がいる時、プライベートでのお話ができなくて...

彼氏に質問やLINEを無視される。そんな時の男性心理とは

彼氏に質問やLINEを頻繁に無視されてしまう。

スポンサーリンク


奥二重女子集合!みんなの悩みとは?

奥二重の方達の悩みとはどんなものでしょうか?

それは、お化粧する際に頑張ってアイラインを引いても隠れてしまうことや、アイラインが渇く前に瞬きをしてしまうと瞼についてしまうこと、更にきれいにアイシャドーを塗ったのに隠れてしまって映えなかったり、アイプチがうまくいかなかったり‥。

アイプチは一重の方の方がきれいにできるとも言われていて奥二重の人には難しかったり。

上記のように一生懸命お化粧したつもりでも、他人から見ると瞼のところに隠れてしまっていて薄化粧だと思われたり、目にボリュームがないと思われたり‥。

お化粧以外には、目つきがきつく見えたり、小さい目の印象を持たせてしまうことも。

そして瞼が重く見え、「眠たいの?」と言われてしまう人もいるそうです‥。

雑誌に出てきているモデルさんなどがお化粧の方法を載せていることがありますが、そのモデルさんは二重のことが多いのでなかなか参考にできない…

など奥二重女子の悩みはたくさんあるのです。

二重に憧れる訳とは?

何故世の女性は二重に憧れる人が多いのでしょうか?

それは、西洋人の美しい方への影響だと言われています。

西洋人では二重の人の割合がとても高く、一重や奥二重の人は稀みたいです。

また、自分の好きな芸能人やモデル、憧れの人の顔を思い浮かべてみてください。

そういった人はきれいな二重だったりしませんか?

日本人では目が大きいときれい、かわいい、などの印象があり、実際に日本人での割合でも二重の人が多いのです。

なので、一重や奥二重などの人は二重ではない自分の目にコンプレックスを持ち、二重に憧れるのです。

他には、前項であげました通り、化粧がしにくかったりと、一重や奥二重の人が化粧するときに困るポイントが解消されるのも理由の一つです。

二重だったら、化粧に時間がかからないことや、化粧映えするなどです。

でも一重さんや奥二重さんでも二重を作れるんですよ!

ではそれはどうやって??とお悩みの方!アイテープという魔法のテープをご存知ですか?

奥二重の方必見!アイテープとは?

一重や奥二重にコンプレックスを持っている人はたくさんいます。

でも自然な二重を作る方法がいくつかあるんです。

その中の一つの手段がアイテープです。

アイテープとは、瞼にシール状のものを貼りつけ、棒で押し込んで二重を作るこのシール状のテープのことです。

このアイテープは元々二重の人でも、二重幅を広くしたい!という方も使っている人が多いようです。

目を少しでも大きくみせようと、一重の人、奥二重の人、二重の人みんなが使っている魔法のテープなのです。

アイテープは、両面テープになっているものや片面テープになっているものや、色が透明になっているものや半透明になっているもの、肌に馴染みやすいカラー付きのものやラメが入っているものなど様々あります。

更には形も種類があり、半楕円形のものや細目の三日月形のものなど種類が豊富にあるので自分の目に合ったものを選びましょう。

また、最近では100円均一のコスメコーナーでも販売されているほど需要があるのです。

100円均一の他には薬局や化粧品売り場でアイテープを買うことができます。

アイテープで二重を作ろう!

それでは!実際にアイテープを使って二重を作ってみましょう。

まず始めに、前項でも述べた通り、自分の目のサイズやクセに合っているアイテープを探すところからはじまります。

片面接着のアイテープから説明していきます。片面のアイテープは二重にしたい幅の部分に同封されているスティックで二重のラインを決めましょう。

位置を決めたらそこにアイテープを貼ります。

そのテープが折りこまれていき二重幅を作ります。このタイプを埋没式と呼びます。

テープの両端に持ち手がついている場合は瞼に貼ってから取りましょう。

その後スティックでグッと押し込んで完成です。

まつ毛に近い場所に貼ると目を開けたときに不自然さはなくきれいな二重が出来上がります。

眉に近い側に貼ると突っ張った感じの仕上がりになることもあるのでその場合は二枚重ねて貼るという裏技もあります。

ですが、色が目立ってしまう恐れもあるので、寝るときや家にいるときに二重線の跡をつける目的で活用するのはよいですね。

では両面接着のアイテープの場合はどうでしょうか?

両面接着も実は片面接着と同じ要領でできます。

片面と両面の違いですが、片面のときはスティックで二重のラインを作りテープのカーブ(上側)を二重のラインに合わせて貼ります。

ですが両面の場合はスティックで作ったラインの位置にテープを貼ります。

ということで貼る場所が微妙に違うのでここだけ注意しましょう。

アイテープの使い方のコツはこれだ!

初めてアイテープを使うとき、ちょっと緊張してしまいますよね。

アイテープを使うには何点かコツがあるので紹介してきますね。

まずはテープをつけたあとに、少しだけテープをひっぱりながら目を開けてグイッと線を作ってみましょう。しっかりとした線がつきますよ!

他には目頭ギリギリに貼るのはやめましょう。

目を開けたときに不自然な仕上がりになってしまいます。

目頭から少し話して、きれいにカーブを作って貼りましょう。

最終的には回数を重ねることです。

毎日やっていると慣れてきてコツが掴めます。

一人一人、目の形が違うので自分でそのコツを掴むのが一番早いかもしれないですね。

毎日寝る前にとりあえずアイテープをしておくと、

徐々に二重の線のクセができてきて、日中アイテープするときに二重が作りやすくなることもあります。

なので、寝るときやなにも予定がなくて一日家にいるときなどもアイテープをしておくといいかもしれませんね。

Twitterでの関連したつぶやき

https://twitter.com/yuriyuianette/status/732512531848134657

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ