最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

奨学金の申請理由に”アルバイトが出来ない”って使える?

      2016/06/07

奨学金の申請理由に”アルバイトが出来ない”って使える?

進学のためのお金が用意できない学生のための制度、”奨学金制度”。

実際にこの制度を利用したいと考える学生さんもいるでしょうが、その際の申請はどのような基準になっているのでしょうか?

また申請理由に、”アルバイトが出来ない”は認められるのでしょか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

スポンサーリンク


そもそも、奨学金とは一体何なのか

奨学金と聞くと、大抵の人は漠然と「お金がなくても学校に通えるように援助してもらう制度」というイメージを持っているのではないでしょうか。

実際、奨学金の理念はどんなものでしょうか?

日本学生支援機構(JASSO)によりますと、「学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人に貸与し、卒業後学生本人が返還していくもの」であるとされています。

大抵の人のもつイメージと変わりない、と感じるかもしれませんが、ここで見逃してはいけないのが、”貸与”という言葉。つまり”借金”と同じ位置づけのお金であることが分かります。
(ただし、奨学金制度を設けている母体によっては、貸与ではなく”給付”、つまり返還する義務のない奨学金制度を設けている場合もあります。)

また、奨学金には以下のような種類があります。

・高校生
・大学生
・専門学校生
・音楽、美術系/医学、薬学といった専門大学進学用
・外国人や留学生専用

奨学金は、あくまで学生の学びたいという意志をサポートするもの。その大前提は忘れずにいましょう。

奨学金は誰でも、どんな理由でも受けられるものなの?

学びたいという意志があれば、誰でも奨学金を利用できるのでしょうか?

勿論、そんなわけはありません。

大学進学を例にすると、入学金や授業料等の多額の納付金が必要です。

初年度の納付金のめやすとして、国公立の大学で100万程度、私立大では学部によりばらつきはありますが、一番高額な学部でも500万円程が必要になってきます。

まして、奨学金はあくまで学生本人に対するもの。

こんな高額なお金を、お金を稼ぐ立場ではない学生に貸してくれるほど、甘いものではありません。

では、その基準は何なのかといえば、先に挙げた日本学生支援機構を取り上げて見てみましょう。

こちらの機関への奨学金は、利息のない奨学金「第一種」と、卒業後から利息の発生する「第二種」の2種類があります。それぞれ

第一種:世帯収入が890万円を下回り、高校での成績が平均3.5位上
第二種:世帯収入が1142万円以下、高校での成績は平均水準以上

が、奨学金の合格の目安とされています。

また特に高校在学中であれば、高校を通して奨学金の申請をする必要があります。

この時、学校は推薦枠を使用して申し込みを行うことになるので、普段の生活態度等も重要な要素と言えます。

”アルバイトが出来ない”ことを申請理由にできる?

奨学金を申請する時、家庭の世帯収入を証明する書類と共に、申請理由を説明する必要があります。

ここで、「何故、家庭で学費を賄うことができないのか」を説明することになるのですが、学生本人がアルバイトが出来ないことを理由にすることは出来るのでしょうか?

結論から言ってしまえば、可能です。

学生の本分、それに奨学金はもともと学費の援助のためのもの。そして何より、大学は勉強をするために通う場所。

勉強をしたいから大学に行くのに、学費を賄うためにアルバイトに精を出し過ぎて、勉強がおろそかになってしまった!という状況は有りがちではありますが、本末転倒ですね。

ですから、「○○を学ぶために進学したいが、家計だけでは学費が賄えない。

自分もアルバイトをして足しにしたいが、学費は高額。勉強を第一に考えているので、どうしても足りない」ということを説明すればいいわけです。

また実家から離れた大学に進学をする時は、仕送りの問題も出てきます。「家計が厳しいので仕送り額も少なく、日々の生活費はアルバイトで賄うが、学費まで手が回らない」という内容も、申請理由の一つに出来ると言えます。

奨学金を貰ったら、アルバイトはしてはいけない?

晴れて奨学金を受け取れるようになったとして、アルバイトをしてはいけないのか悩むかもしれません。

これは、その奨学金制度を行っている機関によって異なります。

ここで例として取り上げている日本学生支援機構では、アルバイトを禁止していません。

ただし、学校が独自に行っている奨学金制度や、企業からの奨学金では個別に規定が存在するため、それぞれ確認が必要になります。

禁止されていても、申告しなければ大丈夫だろう、と軽く考えることだけは辞めましょう。

大抵のアルバイト先(法律を順守する職場、という意味)では、アルバイトを含む従業員に対して公的な書類――つまり、源泉徴収票などを発行しますね。

つまり、働いていることは絶対の秘密に出来ない、ということを意味します。

バレなければ問題ない、と思うかも知れませんが、あなたが働いているか否か調べようとすれば、簡単に調べられるということ。

もし、奨学金の規約を破ったなら…。起こることは想像できますね?それまでの奨学金の一括返済や、損害賠償などが発生することだってあるわけです。

ですから、特に定められていない場合を除き、受ける奨学金の規定は順守することが重要です。

奨学金の理念、進学する意味をしっかり認識しよう

昨今、奨学金を踏み倒す人が多くいることがニュースになるなど、奨学金についての考え方が揺らいでいるように思います。

また、奨学金の理念が忘れられ、残念なことに「学生なら簡単に借りられる奨学金を借りてしまえ」「自分が借りている金だから、何に使おうが自由だ」と推奨する人すらいる状況です。

もしそう思っている学生さんがいるならば、もう一度考えなおしてください。

現在の奨学金に絡む問題は、この制度の今後を揺るがしかねない大きなものです。

将来、本当に学びたいと心から思う学生が、奨学金制度の見直しによって学ぶ機会を失う恐れを持っています。それは絶対に避けなければならないことです。

奨学金の利用を考える年齢の学生さんにとっては、勉強よりも遊びのほうが魅力的なのは当然のこと。

勉強漬けだけが、学生の本分ではないですし、学校外で得られる経験だって大切なものです。

しかし、奨学金は、言わば”未来の自分を担保に借りる借金”です。そして、そのお金を貸してくれているのはあなたの将来を見込んだ先人たちだということは忘れてはいけません。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/ooyy771111/status/542277743182757888

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ