最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女性がどんな資格を持っていれば、一生困らないの?

      2016/06/07

女性がどんな資格を持っていれば、一生困らないの?

女性はどうしても、男性と比べてライフイベント毎に会社を退職、休職する機会が増えます。

仕事を安定して続けたいと考えると資格を取得するのが確実ですが、世の中にはたくさん資格があります。

一生困らない仕事の資格とは何でしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

スポンサーリンク


女性が資格を取る理由

女性はどうしてもライフイベント毎に会社への勤務が難しくなります。

例えば、結婚、出産、子育て、介護、その時々でどうしても会社を退職もしくは休職せざるを得ません。

出産は女性のみの仕事ですが、他に関しては男性も同じ立場であるのですが、家庭の収入面から考えると男性の方が、収入が多い傾向にあるので、どうしても女性が家庭内の業務につかざるを得ません。

ライフイベント毎に退職もしくは休職する可能性が高いから、企業内における女性の地位がまだまだ低いのか、地位が低いから退職、休職するのか、卵が先かにわとりが先かの議論となりますが、どちらにしても悪循環のようです。

休職した場合、休職前と同じ仕事につけるかは会社の状況次第ですが、会社内でキャリアアップを考えている場合、厳しい現実に直面しそうです。

まして、再就職の場合はさらに厳しい現実に直面します。

男性ですら再就職が厳しい現実、女性でかつブランクがある場合、どうしても専門的なプラス要素がないと中々再就職が難しくなります。

そのため女性はそのプラス要素を得るために資格を取得します。

女性が一生仕事に困らない資格とは?

世の中にはいろんな資格があり、数週間の勉強で取得できる資格もあれば、学校に何年も通って受験資格を得られる資格があります。

女性にとって一生仕事に困らない資格とはなんでしょうか?

やはり、強いのは「手に職」系です。

特に医療分野や福祉分野は必ず需要があり、その需要が今後上がっていく傾向がありますので、まさに一生困らない仕事といえるでしょう。

ただ、医療分野で特に国家資格が必要なものは、それなりに投資が必要です。

つまり時間とお金が必要になります。数年間、学校に通って必要な知識を学ばないといけません。

逆を言えば、それだけ苦労して取得したわけなので、数か月で簡単に取れる資格と比べれば重みが違います。

ただし、資格取得を決める前によく自分に適正があるか考えましょう。

数年間費やして就職して、実際仕事をしてみたら、「仕事に向いていない」のは悲劇です。

多少時間を費やしても、その職種が、自分が一生かけるに足る仕事がどうか検討すべきです。

女性におススメの一生ものの資格

前項で医療系の資格といったものを具体的に記載していきます。

まずは、「看護師」です。

学校に3年通って、その後試験に合格が必要な国家資格です。

必ず需要があり、安定した仕事ではありますが、よく言われるようにかなり大変な仕事です。

現在は離職率も問題になっていて、おおよそ1割程度は離職してしまうそうです。

女性の多い職場なので結婚、出産、子育てなどのライフイベント毎に退職、休職をせざるを得ないので、単純に仕事の大変さが理由ではないのですが…

「薬剤師」も女性が多い仕事の一つです。

こちらも国家資格で、学校に6年通ったうえで、試験に合格することが必要です。

年収は看護師よりも高いそうですが、この6年間はなかなかハードルが高いかもしれません。

ただある種類の薬を販売する際、薬剤師を置くのが義務付けられているので、ドラックストアや調剤薬局の数を考えると鉄板の安定職かもしれません。

他に、「理学療法士」「作業療法士」などあります。

両方とも3年間学校に通ったうえで、試験に合格する必要があります。

女性におススメの福祉系の資格

今までご紹介した中で一番ハードルが低いのが「介護職員初任者研修」です。

以前の「ホームヘルパー2級」のことです。

カリキュラムを130時間受けた上で、修了試験を受ける必要があります。

その代わり「ホームヘルパー2級」の取得条件であった実習がなくなり、講習が増えたようです。

介護の分野は間違いなく需要がうなぎ上りなので、仕事は間違いなくあります。

しかし残念なことに、収入面から見ると、その仕事の大変さに見合うかどうか判断が分かれるところです。

ただキャリアアップの可能性を秘めています。

「介護福祉士」は国家資格ですが、「介護職員初任者研修」の資格取得した上で、「実務経験3年以上」あり、「実務者研修」を受け、「国家試験」に合格すると取得することができます。

つまり、「介護職員初任者研修」は介護職の国家資格の入り口となるわけです。

資格取得に関しては、たくさんのスクールが無料で資料を配布しているので、試しに取り寄せて検討してみてください。

一生の仕事とする資格について

一番大切なのは、あなたがその選んだ仕事を一生の仕事とする覚悟があるかです。

その覚悟がなければ、いくら需要があって就職には困らなくても、仕事を続けることはできません。

学校で学んだことがその通りでないことは、すでに社会経験のある方ならご存知でしょう。

楽な仕事がないように、資格を取ったからと言って、仕事が楽になるわけでもありません。

資格を取得したことによって与えられたのは、チャンスです。

自分が選んだ仕事に巡り合う機会の多さ、そして仕事の基礎となる知識です。

仕事の取り組む姿勢や、考え方、対応は元々あなたの中にあったものです。

これは資格を取得したら一緒に見につくものでもないし、学校でも教えてくれません。

もしくは、あなたがこれから仕事をしていく上で、身についてくるかもしれません。

まずは自分が、どんな仕事をしたいのか考えましょう。

そしてそれを一生の仕事とした自分を想像しましょう。

一生の仕事にしたいのであれば、まずはきちんと自分に向き合うことが大切です。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/sp_8675/status/705342134346391552

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ