最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女性がどんな資格を持っていれば、一生困らないの?

      2016/06/07

女性がどんな資格を持っていれば、一生困らないの?

女性はどうしても、男性と比べてライフイベント毎に会社を退職、休職する機会が増えます。

仕事を安定して続けたいと考えると資格を取得するのが確実ですが、世の中にはたくさん資格があります。

一生困らない仕事の資格とは何でしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


女性が資格を取る理由

女性はどうしてもライフイベント毎に会社への勤務が難しくなります。

例えば、結婚、出産、子育て、介護、その時々でどうしても会社を退職もしくは休職せざるを得ません。

出産は女性のみの仕事ですが、他に関しては男性も同じ立場であるのですが、家庭の収入面から考えると男性の方が、収入が多い傾向にあるので、どうしても女性が家庭内の業務につかざるを得ません。

ライフイベント毎に退職もしくは休職する可能性が高いから、企業内における女性の地位がまだまだ低いのか、地位が低いから退職、休職するのか、卵が先かにわとりが先かの議論となりますが、どちらにしても悪循環のようです。

休職した場合、休職前と同じ仕事につけるかは会社の状況次第ですが、会社内でキャリアアップを考えている場合、厳しい現実に直面しそうです。

まして、再就職の場合はさらに厳しい現実に直面します。

男性ですら再就職が厳しい現実、女性でかつブランクがある場合、どうしても専門的なプラス要素がないと中々再就職が難しくなります。

そのため女性はそのプラス要素を得るために資格を取得します。

女性が一生仕事に困らない資格とは?

世の中にはいろんな資格があり、数週間の勉強で取得できる資格もあれば、学校に何年も通って受験資格を得られる資格があります。

女性にとって一生仕事に困らない資格とはなんでしょうか?

やはり、強いのは「手に職」系です。

特に医療分野や福祉分野は必ず需要があり、その需要が今後上がっていく傾向がありますので、まさに一生困らない仕事といえるでしょう。

ただ、医療分野で特に国家資格が必要なものは、それなりに投資が必要です。

つまり時間とお金が必要になります。数年間、学校に通って必要な知識を学ばないといけません。

逆を言えば、それだけ苦労して取得したわけなので、数か月で簡単に取れる資格と比べれば重みが違います。

ただし、資格取得を決める前によく自分に適正があるか考えましょう。

数年間費やして就職して、実際仕事をしてみたら、「仕事に向いていない」のは悲劇です。

多少時間を費やしても、その職種が、自分が一生かけるに足る仕事がどうか検討すべきです。

女性におススメの一生ものの資格

前項で医療系の資格といったものを具体的に記載していきます。

まずは、「看護師」です。

学校に3年通って、その後試験に合格が必要な国家資格です。

必ず需要があり、安定した仕事ではありますが、よく言われるようにかなり大変な仕事です。

現在は離職率も問題になっていて、おおよそ1割程度は離職してしまうそうです。

女性の多い職場なので結婚、出産、子育てなどのライフイベント毎に退職、休職をせざるを得ないので、単純に仕事の大変さが理由ではないのですが…

「薬剤師」も女性が多い仕事の一つです。

こちらも国家資格で、学校に6年通ったうえで、試験に合格することが必要です。

年収は看護師よりも高いそうですが、この6年間はなかなかハードルが高いかもしれません。

ただある種類の薬を販売する際、薬剤師を置くのが義務付けられているので、ドラックストアや調剤薬局の数を考えると鉄板の安定職かもしれません。

他に、「理学療法士」「作業療法士」などあります。

両方とも3年間学校に通ったうえで、試験に合格する必要があります。

女性におススメの福祉系の資格

今までご紹介した中で一番ハードルが低いのが「介護職員初任者研修」です。

以前の「ホームヘルパー2級」のことです。

カリキュラムを130時間受けた上で、修了試験を受ける必要があります。

その代わり「ホームヘルパー2級」の取得条件であった実習がなくなり、講習が増えたようです。

介護の分野は間違いなく需要がうなぎ上りなので、仕事は間違いなくあります。

しかし残念なことに、収入面から見ると、その仕事の大変さに見合うかどうか判断が分かれるところです。

ただキャリアアップの可能性を秘めています。

「介護福祉士」は国家資格ですが、「介護職員初任者研修」の資格取得した上で、「実務経験3年以上」あり、「実務者研修」を受け、「国家試験」に合格すると取得することができます。

つまり、「介護職員初任者研修」は介護職の国家資格の入り口となるわけです。

資格取得に関しては、たくさんのスクールが無料で資料を配布しているので、試しに取り寄せて検討してみてください。

一生の仕事とする資格について

一番大切なのは、あなたがその選んだ仕事を一生の仕事とする覚悟があるかです。

その覚悟がなければ、いくら需要があって就職には困らなくても、仕事を続けることはできません。

学校で学んだことがその通りでないことは、すでに社会経験のある方ならご存知でしょう。

楽な仕事がないように、資格を取ったからと言って、仕事が楽になるわけでもありません。

資格を取得したことによって与えられたのは、チャンスです。

自分が選んだ仕事に巡り合う機会の多さ、そして仕事の基礎となる知識です。

仕事の取り組む姿勢や、考え方、対応は元々あなたの中にあったものです。

これは資格を取得したら一緒に見につくものでもないし、学校でも教えてくれません。

もしくは、あなたがこれから仕事をしていく上で、身についてくるかもしれません。

まずは自分が、どんな仕事をしたいのか考えましょう。

そしてそれを一生の仕事とした自分を想像しましょう。

一生の仕事にしたいのであれば、まずはきちんと自分に向き合うことが大切です。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/sp_8675/status/705342134346391552

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ