最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女性が会社を退職する時に後悔しないよう気をつけたいこと

      2016/06/07

女性が会社を退職する時に後悔しないよう気をつけたいこと

女性も転職や出産で会社を退職する事がもちろんあります。

どうしても退職する理由がある場合は仕方ないでしょうが、その退職は後悔しないですか?

今回は女性が退職する時に後悔をしないように、転職や退職の実際や後悔のお話などをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


ちょっと待って!今の会社を退職しても後悔しない?

もうこんな会社辞めたい! と思ったことは、誰でも1度や2度はあるのではないでしょうか。キャリアカウンセラーとして、様々なご相談を受ける中で「会社を辞めようか迷っている」という相談を受けることが多くありますが、カウンセリング終了時には、「やっぱり今の会社で続けてみます」と、退職しない決断をしてスッキリした顔で帰られる方もとても多いのです。

一方で、退職してからカウンセリングに来られ、「辞めてしまったことを後悔したままで、なかなか次の仕事や転職に前向きになれないんです」といった相談を受けることも少なくありません。

最終的に、退職という結論になったとしても、辞めたことをずっと後悔したり、元の職場の人に二度と会えないような辞め方をしたりと、後味の悪い思いを引きずる退職をするのは避けたいものです。

引用元-−-All About

20代女性の転職理由ランキング

1位 経験の幅を広げたい(41.7%)
2位 スキルアップしたい(37.6%)
3位 給与・昇給など待遇に不満がある(36.2%)
4位 休日数、残業、勤務時間に不満がある(27.0%)
5位 仕事にやりがいを感じない(26.4%)
6位 仕事内容が自分に合わないと感じた(20.7%)
7位 会社や業界の将来に不安がある(19.3%)
8位 他にやりたい職種がある(17.5%)
9位 職場の人間関係に不満がある(13.2%)
10位 自分の能力を発揮できない(8.7%)
●データ概要
2013/5/9~2013/9/12間、『とらばーゆ』サイト内にてアンケート調査を実施。有効回答数844名より、20代女性のみを抽出し集計

引用元-−-とらばーゆ

退職の理由は正当な評価をもらえていないから?

会社が自分の実力を理解してくれず、もっと正当に評価してくれる会社に移りたいという人もいます。たとえば、女性の営業職にありがちなのが、たまたま美人だったり愛嬌があったりして、若さだけを武器に入社1年目からトップクラスの成績になったというケース。このような場合、基本的なビジネスマナーや営業のテクニックなど、本来、必要な所作を身につけずに30歳前後まできてしまうことがあります。本当は上司に話を通しておかねばならないところも平気で端折ってしまったりする。本人もプライドが高くなっているので、周囲も下手に注意できなくなっています。しかし、本来の実力は伴っていないため、年齢が上がるにつれて業績が挙げられなくなり、本人だけがその理由を理解できないということになってしまう。そうこうするうちに若い人が増えていづらくなり、転職を考えることになるんです。

引用元-−-http://president.jp/articles/-/14709?page=2

転職で後悔を感じた問題点

Green19_taisyoku20141123133801500-thumb-1192x800-5724

転職後に感じたギャップについて尋ねたところ、悪かった点のトップ3は「風土・社風が悪かった」(42%)、「昇給しにくい」(38%)、「教育体制が整備されていなかった」(36%)となっており、転職者の年齢が上がるに連れて社風や裁量の幅の狭さに不満を抱いていることも浮き彫りになった。

具体的なコメントとして「堅実に見えた社風は、裏を返せば保守的な社風」、「“意見が言いやすい”の意味は広く、ただの悪口を本人の目の前で自由に発言」、「家庭的で和気あいあいとした職場は、要職を身内で固めたワンマン企業」と、職場での居心地の悪さを想像できるものも多い。

このほかにも、教育制度や昇給などについて不満を抱えている転職者も多いようだ。

引用元-−-http://bizlady.jp/archives/89667

女性の転職適齢期は25歳・28歳・33歳?

「転職は35歳がリミット」などと聞いたことがある方は多いでしょう。近年は必ずしも35歳が限界とは言い切れませんが、年齢と転職が無関係というわけではありません。女性の場合には25歳、28歳、33歳頃が自身のキャリアを見直すターニングポイント。30歳、35歳など企業が人材を見る際の目が厳しくなる前の「適齢期」とも言えるこれらの年齢を目安に、今辞めるべきかを考えましょう。

引用元-−-保育のお仕事レポート

出産で会社を退職すると後悔することが多い

専業主婦になって一年が経ちました。9ヶ月の赤ちゃんを育てています。
私は妊娠中に夫の転勤が決まり、6年勤めた会社を退職しました。
将来のためには仕事を続けたほうがいいとはわかっていましたが、
初めての子の成長を見守る大切な時期に夫ひとり単身赴任とは考えられず、
苦渋の決断の末、退職しました。

子供と一緒の生活は幸せいっぱいですが、
その間大震災や大増税時代の到来など、不安なことが続き、このままではいずれ家計が立ちゆかなくなるだろうと不安でいっぱいです。
ふつふつと、退職ではなく育休と休職で繋がっていればよかった、と
どうにもならない後悔だけが渦巻いています。

引用元-−-教えて!goo

妊娠退職したことを後悔してしまいます。。専業主婦のこの後の働き方はどんなものがあるでしょうか?
28歳、4月で6年勤めた某メガバンクを、妊娠のため退職しました。窓口で投信や保険の販売をしていました。辞めた当時の年収は500万ほどでした。妊娠が分かった際、主人とも相談した上で退職を決めました。8月に出産予定です。

メガバンクということで、育休は1年は取得可能でした。が、子どもが3歳になるころまでは育児に専念すべきではという考えがあったこと、また営業のノルマもあり精神的にも体力的にも負担があり、これまで家事もあまりできていないのに、子育てと仕事が両立できるのかということで、主人のすすめもあり退職を選びました。

主人の仕事は某大手国内メーカー(技術系)ですが、ここ最近2年連続で数千億の赤字を出しているあの会社です。年収は29歳で600万ほどですが、今後どうなるかは不安なところもあります。
自分もいずれかは正社員なりパートなり働くつもりではいます。元銀行員ということで、子育てが落ち着けば、また銀行に正社員かパートで戻りやすいように、FPや宅建の資格取得も検討しています。

ただ、まわりで育休をとってまた働ける同期や先輩を見ていると、やはりいまさらながらに後悔してしまいます。。知り合いで専業主婦の方もいますが、ご主人はメガバンクや公務員だったりと、将来的にも安心なのだろうかと思います。
うちは何があるか分からないんだから正社員の立場は死守するべきだったのではと。。

引用元-−-YAHOO!JAPAN 知恵袋

後悔しています。
出産4日前まで働いていました。
会社側から産休勧めてくれたにもかかわらず、頼れる人(親)が近くにいないこと保育園に入れないかもしれない事を理由に退職しました。
子供が1歳になり入れないと思っていた保育園に入れ就活を始めて愕然としました。
小さい子がいるとあからさまに嫌がられ採用されません。
面接で1歳の子がいると言ったとたん
『小さい子がいる人は我が社には無理』
とそれまでの好感触が嘘のような態度され、子供がいる事を理由にその場で不採用。
産育休取ればよかったと後悔する瞬間です。

子供は想像以上にお金が掛かりダンナの収入だけでは生活できません。
それに専業主婦はダンナと子供という狭い社会で生活しているため、専業主婦暦長ければ長いほど社会モラルが欠けている人が多いので働いて社会モラルの更新をしたいです。

引用元-−-YAHOO!Japan 知恵袋

決心の前に…【辞めるリスク】を考えて!

「適齢期にも転職を考えるべき指標にも当てはまる、ならば辞めて次へ!」と思った方もいるかもしれませんが決断はちょっと待って!辞めることのリスクを十分理解して、避けられるものは回避しましょう。

金銭面のリスク

仕事を失うことは収入源がなくなること。生活に直結するこのリスクを出来るだけ軽減するために、次のことに気を付けましょう。

◎次の就業先を決めてから辞める
◎賞与や退職金など、もらえる金額で損をしないように辞める時期を調整する
◎失業手当などは勤続年数で受給資格の有無が変わるので、受給条件をクリアできるよう退職時期を調整する
社会的信頼面のリスク

仕事を辞めると、ローンやクレジットカードの審査が難しくなります。近々必要になる可能性がないか考えておきましょう。また離職経験は履歴書にも残るもの。一般に30代では3回目の転職から企業がマイナス評価をする傾向にあるとも言われていますので慎重な判断が必要です。

引用元-−-保育のお仕事レポート

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ