最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女性が多い職場を乗り切る、上手な人間関係の築き方

      2016/06/07

女性が多い職場を乗り切る、上手な人間関係の築き方

女性が多い職場は人間関係が悪い、とよく言われます。

女性の敵は女性、なんて言葉もあったりもします。

そんな中での上手な人間関係の築き方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


女性の職場「あるある」

「女性が7割以上の職場」に勤めた経験のある女性200人にアンケート調査を実施(アイリサーチ調べ)。「女性の多い職場は、男女半々or男性の多い職場に比べて働きにくいか?」と聞いたところ約6割が「そう思う」と答え、「女性の多い職場は働きにくい」と感じているという結果に(「男女半々もしくは男性の多い職場で働いたことがないのでわからない」と回答した人を除いて集計)。では、女性たちはどんなことにストレスを感じているのだろうか?

●女性が多い職場での困りごとTOP5(複数回答)
1位 仲良しグループがあり、特定のグループに所属しないと居場所がない(26.0%)
2位 内緒話がすぐ広まる(25.0%)
3位 ランチや休憩など何をするにも一緒で、単独行動がしづらい(17.0%)
4位 先輩の身だしなみチェックが厳しく嫌みを言われる(16.0%)
5位 上司から評価されたときに同僚に妬まれ、冷たくされる(9.0%)

集団行動を強いられる息苦しさと社員同士の視線の厳しさに、働きにくさを感じていることが浮き彫りとなった。ほかにも、「陰口が多い」「その場にいない社員の噂話ばかりで盛り上がる」なども散見された。

ちなみに「女性の多い職場で働く男性」にも同様の調査を行ったところ、「働きにくい」と回答した男性は43%にとどまった。女性ほどは「働きにくさ」を感じていないようだが、それでも「女性の職場」特有のトラブルに巻き込まれることもあるようだ。

引用元-−-webR25

仲間意識が強いが故に起きるトラブル

女性社員同士で起こり易いトラブル
女性は色々な意味で仲間を作ろうとします。男性なら気が合わない相手とも仕事と割り切って付き合え、仕事に私情を挟むことはあまりないようです。女性はそういう割り切り方が苦手なのかも知れません。

自分より優れていると思うとあら捜しをする
まわりの評価が高い人に嫉妬心や対抗心を意地悪な形で出す
はっきり異を唱える人を嫌がる
恋人や家庭が充実している人をねたむ
仕事以外での付き合いが悪いと仲間はずれにする
女性社員でのトラブルは、そういうターゲットを見つけてしまうところから始まるのではないでしょうか。

仲間意識のうらにあるものとは
複数の女性社員がいるところでは多かれ少なかれ、グループのようなものができます。仲間が皆同じ考えであること、同じ価値観でいることで女性は安心できるのです。だからスタンドプレー(自分はそのつもりはなくても)に対しては非常に厳しい視線になるのです。

男性社員から見れば面倒くさいかも知れませんが、もともと女性はとても細かいところに目が行き届く性質があります。自分の居場所で自分の役割をスムーズに果たし、まわりも居心地よくしたいと気配りする動物なのです。

だから仲間の和ができていると仕事も楽しくやれるのです。つまり、女性の人間関係が良好である職場は、仕事の能力が発揮され効率よく進むのです。

引用元-−-nanapi

自分の優位性を示す女性=マウンティング女子

最近流行りの“マウンティング女子”をご存知でしょうか?

マウンティング女子とは、「自分のほうが上」と会話の節々でアピールしてくる女性のこと。直接的ではなくそれとなく誇示してくるのが特徴で、いわば女子同士の格付けです。

『ガールズスタイルLABO』が20代〜40代の女性122人を対象におこなった「女性同士のコミュニケーション」に関する調査によると、2人に1人がマウンティング体験者であることがわかりました。

引用元-−-Menjoy!

他愛もない女性同士の会話で、ふと感じるつかみどころのない“違和感のある物言い”にモヤモヤ……。会話を楽しみたいのに、なぜか心が疲れる。そんな経験を持つ人も少なくないのでは?

「もしかしたら、その正体はマウンティングかもしれません」。そう話すのは、“マウンティング女子”の名づけ親で漫画家の瀧波ユカリさん。「小さな優越感を感じたいために、自分のほうが上だとアピールする」マウンティングは、女性同士に起こりやすい現象だという。ジャーナリストの白河桃子さんは、その理由をこう分析する。

「社会的な地位や収入で単純に格付けが決まる男性と違い、女性は、結婚や出産、彼氏や仕事、美しさなど、いろんな“幸せ軸”が入り混じります。『あの人は課長だけれど、私は結婚して子どもがいて幸せ』というように、置かれた環境で価値観も変わるため、幸せの基準が曖昧で移ろいやすい。だからこそ、自分の立ち位置を常に確認しようと他人を格付けしたり、マウンティングで自分の幸せを相手に認めさせたりしたいのでしょう」

引用元-−-日経ウーマン

”和気あいあい”の押し付けがトラブルの元

ドラマ「ファースト・クラス」が良い例ですが、女性同士のトラブルは「泥沼」「格付け」「ドロドロ」などと表現されることが多いようです。一方、男性同士のトラブルは「競争」「下克上」などのイメージで語られることが多いようですね(ドラマ「半沢直樹」が分かりやすい例でしょうか)。そういえば幼い頃から、「女子はグループに分かれて、裏でネチネチ悪口を言う」「男子は殴り合いのケンカもするけど、終わったら後腐れがない」という話は、耳にタコができるほど聞かされてきました。社会に出ても、この図式を信じている人は結構いるようです。
しかし、「女子の人間関係=ドロドロ」という図式は、そもそも「女性が集まっている場では、女同士、和気あいあいと仲良くしなければならない」という前提があるために出てくるのではないでしょうか。「和気あいあい」の規範があればこそ、少しでもその「和」が乱れると「あ!女子がまたドロドロしてる!」と言われるわけです。
また、多くの会社では未だに、女性が上を目指す環境が整っていません。キャリアアップ意識のない女子が集まる職場では、仕事での競争意識が生まれず、「和気あいあいルール」が支配することになります。横並びの集団は、細かな違いをあげつらう「マウンティング地獄」と紙一重です。逆に、仕事が忙しくて全員の目標達成意識がハッキリしている職場では、ネチネチ悪口を言い合っているヒマはないでしょう。「そもそも女同士、仲良くすべき」という前提が、かえって「ドロドロの人間関係」を生むのだとすれば、それ以上の「競争原理」を職場に持ち込むことで、余計なトラブルはなくなるのではないでしょうか。

引用元-−-J-cast

解決法1:”自分”を持って、振り回されない

ひょっとして、自分の中にもマウンティング女子と同じように、相手より優位に立って、自分のポジションを誇示したいという気持ちがあるのかもしれません。

つまり、マウンティング女子から自分を下にランク付けされることで、自分が価値のない人間だと認識させられるのが嫌だという気持ちはありませんか?

この劣等感を感じる気持ちというのは、「人と自分を比較する」という意味のない事を考えた時に、浮かんできます。

つまり、「自分は他人と比較する必要はまったくなく、十分価値のある人間である」ということに気付くとマウンティング女子の攻撃は痛くも痒くもありません。

もし、自分に自信が持てないと思っているのであれば、自分に自信を持てるように、自分磨きをしてみましょう。

何か新しい事にチャレンジしてみたり、新しい分野の知識を学習したり、ヨガの瞑想で心の平穏の保ち方を学ぶのも良いでしょう。会社で、バリバリと仕事に集中するのもいいですね。

他人に振り回されずに、しっかりと自己を確立するとマウンティング女子の言葉の攻撃の破壊力を無にすることができます。

引用元-−-女性の美学

解決法2:マウンティング女子には応戦しない

マウンティング女子には、月の果てまでとことん上を目指してもらうほかありません。なぜなら、人の性格はなかなか変える事ができないからです。相手の考え方を変えるよりも、自分の考え方を変えたほうが、マウンティング女子対策としてはよろしいかと思います。

===============

<マウンティング女子をあしらう5つのコツ>

1・とことん相手を褒めそやす
5・“自分の手柄は相手の手柄”と思って期待しない
3・相手のレベルを越えていないフリをする
4・相手に感謝しているフリをし、その気持ちを伝える
5・自分の情報を渡さない

===============

マウンティングを仕掛けられたらマウンティングで応戦する人が多いようですが、結果として共倒れになります。逆に、合気道のごとく相手の力を利用して、自分が「成長」することを優先させましょう。

引用元-−-女子SPA!

解決法3:スルー、距離を取る

YKO85_monitamiruzangyouOL20131019500-thumb-600x900-4534

批判の対象になりやすいのは、「生まれ育ちも顔立ちも能力も中程度なのに、ガリ勉して一流大学に入って稼ぎのいい男を学生時代につかまえて、正社員になり、さっさと出産した女性」ですよね。自分にも手に届いたかもしれない現実が目の前で歩いているのだから、気分が悪いのは当たり前です。嫉妬という恥ずかしい感情をこの私に抱かせる女!?それだけでも十分に腹が立つでしょう。時短制度などをフル活用したら嫌味攻撃の的になるのは必然です。

嫉妬され、いわれのない批判と悪口の対象になる――。残念ながら「持てる者」が直面する現実です。ある程度は仕方ないとあきらめて、受け流す強さも必要だと思います(露骨に無視をすると「お高くとまっている女」とさらなる批判を浴びかねないので、たまには傷ついているフリをしたほうがいいかもしれません)。

僕は女性ではありませんが、嫉妬の感情は人一倍強いので、しつこく忠告させてください。自分の状況を嫉妬しそうな人からは物理的に距離を置きましょう。視界に入るだけでダークな気持ちにさせてしまうのだから、離れるのがお互いのためなのです。

引用元-−-PRESIDENT Online

解決法4:自分を守るための転職も手

何も悪い事をしていないのに嫌がらせをされたり嫌みを言われたりした時…
(嫌な女!ケッ!)という気持ちで居られるならまだ良いと思います(笑)
しかし、「私の何がいけないのかしら…?」「誤解を解くにはどうしたらいいのかしら…」と自分を責めたり思い悩んでしまっている状態は危険です。
職場のストレスが原因でうつ病になってしまう人も少なくありません。
集中攻撃を受けて精神的に落ち込む→仕事にミスが生じる→叱られる→更に落ち込む
この悪循環に陥ると抜け出すのが大変になってしまいます。

一度心が病んでしまうと回復にはとても時間がかかります。
夜眠れない、食事がのどを通らない、出勤しようとすると腹痛や頭痛が酷くなるなどの症状があるならば、それはあなたの心が「もう無理!」と叫んでいる証拠。
思い切って転職を考える事も自分を守るための一つの手段です。
よく、辞めたら負けな気がする、と言う人も居ますがそんなことありません。
あなたの身も心もボロボロにするような人達に付き合ってあげる必要こそ無いんです。

引用元-−-Lier

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ