最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

女性にとっての仕事の安定とは?女性の働きがいについて

      2016/06/07

女性にとっての仕事の安定とは?女性の働きがいについて

女性にとって仕事で安定を求めるのってすごく難しいですよね。

いつ結婚するのか、育児休暇は取れるのか、その後の復職はどうなのか…

今回はそんな不安を取りのぞけるようにまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


女性の理想の仕事像

•せっかくなら出世して管理職になりたいと思ったりもしつつ、家庭をもったら家庭を犠牲にしてまで働くことはしたくないので悩みどころ。家庭の方が優先!(みんてぃあ/29歳)

•週に何日か空いた時間で働けて、家族との時間をたっぷり持てる働き方が理想。 単純に時給がいい仕事ではなく、自分がやりたい仕事・スキルにつながる仕事をアルバイトで経験できるのが今の自分に合っていると思うから(ぽたおくん/34歳)

•状況により残業はするが、できる限り就業時間内に業務を終わらせ、家族と十分なコミュニケーションがとれる時間を持つこと(わかくさ/34歳)

•お金に苦労をしたくないので、家庭を持ちつつも仕事は続けたい(ぐりーん/27歳)

•旦那さまとなる人と家事を分担して、できれば子育ても分担して、 夫婦共働きで、私も正社員のまま、独身時代と同じように仕事をしたい(ヒトミング/29歳)

引用元-−-city living

女性の仕事の理想と現実のギャップ

部下が思うように動いてくれない

管理職であれば、多くのスタッフを率いて仕事を進めることになります。
トップから求められる結果があり、それを達成するために部下であるスタッフに動いてもらうことになります。

けれども、スタッフは必ずしも自分の思う通りに動くわけではありませんし、また求める結果を出せるわけでもないものです。

そのためになかなか求められる結果を出すことができないというもどかしさを感じる事が多々あるものです。

つまりここに、理想と現実のギャップが生じることになるわけです。

思うように営業成績が出せない

理想と現実のギャップに最も悩まされるのは、営業職の人ではないかと思います。

どれほど自分が努力をしたとしても、成約に結びつけるには相手があってのことという背景があることから、思うように結果を出すことができないことがあるからです。

そして営業の仕事には正解というものは無いに等しいものです。

このようにすれば必ずこのような結果が出るというマニュアルもなければ黄金則も存在しないと言えます。

もちろん結果を出すためのコツはあるものですが、それとて決して万人に通じるものではありませんし、時の運に左右されることも少なくありません。

引用元-−-5セカンズ

女性が安定して働ける職業とは

女性が安定して長く働けて、一定の収入を得る為には、ある程度のスペシャリティが必要です。
その中で特に安定的なのは、「語学」、「コンピュータ」、「経理」のスキルです。

3つの中で、一番の近道は、経理ではないでしょうか?

語学は、留学等をしないと習得しにくいですし、コンピュータもシステムエンジニア等になるには、
相当な努力が必要です。

医療機関等においても医療事務の人は給料が低額ですが、経理は一定の給与を得ています。

簿記2級等を取得し、派遣等で経験を積めば、月30万円程度の収入は得られるのではないでしょうか?

計算が苦手等という人が多いですが、人が苦手なものを身につけるほど、自分の地位は安定的になります。

引用元-−-Yahoo!知恵袋

周りの30代後半で、働いている女性は、
大抵経理の仕事をされているので、
経理が一番いいと思います。

が、
そう考えて、私も安定して働くために日商簿記2級をとったのですが、
経理の実務が乏しいので、お給料はいいとは言えません。

でも、
簿記2級と、
経理での決算経験があれば、ほんと、仕事には困らないと思います。
(この決算経験が、一般企業ではなかなか積めないのですが・・・。)

本気で一生働くなら、
日商簿記2級まで取って、
最初は薄給ですが、会計事務所で働いて実務を身につけたらどうでしょう。

引用元-−-Yahoo!知恵袋

真の安定とは

Lisa88_sentakubasami20141018094617500-thumb-1000xauto-5877

『安定した生活』は多くの人が求める理想の生活です。家庭を持てば尚更その気持ちは傾向は強くなるでしょう。しかし、『安定』意味を勘違いしている人が多くいると思うんですよね。

『安定』とは現状維持することではない

安定の意味を辞書で調べると以下のようにあります。

物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。

この言葉を勘違いをして、「社会人として一人前になったからこれ以上スキルアップしなくていいや。現状維持できれば十分。」と思ってしまう人が多いんですよね。

また会社でも同じことが言えます。「うちはアットホームな社風で少数精鋭、長らく同じメンバーで頑張っています。」と、こんな感じ。

一見するとこれらは「安定」しているように感じますが実は大きな問題を抱えています。

成長・発展を望まなければ安定は得られない

先ほどの例が何故問題なのか分かりますか?

20代、30代、40代までは何の問題も無いでしょう。しかし、それ以降を考えてみてください。不安じゃありませんか?

50代にもなれば能力は衰えます。60代は一般的に定年です。このように加齢に応じて衰退していくわけです。もし、衰退しないとしても周囲が努力を惜しまず成長し続ければ、あなたは相対的に衰えることになるわけです。そうなってから頑張っても周囲に追いつくことは出来ません。

会社も同じです。長い間同じメンバーで頑張ってきても、いずれは退職して人がいなくなります。いなくなったら新たな人員を補充すれば良いと考えるかもしれませんが、一人前になるまで育てるには長い年月を必要とする為、その間は会社のレベルが低下しているということになります。そうなれば競合に一気に押され廃業という最悪の結果を招きかねません。特に小零細企業は一人一人がキーマンですから注意が必要です。

つまり、『安定した生活』を手にしたければ、人も会社も常に成長・発展し続ける必要があるわけです。

引用元-−-blog.ks.product.com

しかし、いくら世間的に安定していると言われる職業でも、自分に向いていなかったら、どうせすぐ辞めてしまうことになるのだから、それは自分にとっては安定していない職業だ。逆に言えば、世間的に安定していないと言われる職業でも、自分に向いていて続けていけるようなら、それは自分にとって安定した職業だ。

つまり、世間にあるかもしれない「安定」に乗っかるのではなく、自分で自分を安定させていくということだ。

引用元-−-yuhka-unoの日記

女性が安定して仕事を続けるには

■「安定して長く働ける会社に入りたい」
■「結婚・出産しても続けられる仕事がしたい」
■「女性が働きやすい環境で仕事がしたい」

という相談や転職理由、将来のビジョンをお持ちの方が、20代女性には多く見受けられます。
私たちはその言葉を聞く度に、いくつかの質問をします。

引用元-−-マイナビジョブ20’s

冒頭でもお伝えした通り、「結婚・出産しても長く働きたい!」という20代女性の方が非常に多く登録に来られます。しかし、そのためには20代のうちに「どう働くか」が重要です。実際、出産した後の復職は不安がつきもの。

「会社は私が働くポジションを残してくれているのだろうか?」
「子育てと仕事を両立できるのだろうか?」
「周囲の理解、協力はあるのだろうか?」

その不安を払拭するためには、そこに至るまでに自分のキャリアと実績をどれだけ積み上げるかどうかです。やるべきことをやって結果を残す、それが周囲の評価にも繋がり、自分の自信にもなり、会社に必要な人材と認められていくのです。転職するしないに関わらず、結局は自分の将来の安定は自分で創るしかないのです!

引用元-−-マイナビジョブ20’s

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ