最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

好きだけじゃ結婚は無理! 相性のいい性格の女性の探し方

      2016/06/07

好きだけじゃ結婚は無理! 相性のいい性格の女性の探し方

好きだから付き合っている彼女のハズなのに、結婚後の生活が見えない・考えられない。

そんな悩みを持つ人は多いようです。

かと思えば、どんな女性とも結婚する気にはならない!

と言い切っていた男性が、突然結婚を表明して驚かされることもあったり…。

相手に対する好意は勿論必要でしょうが、どうも結婚には、それ以上に”相性”が必要のようです!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


穏やかな二人なら円満… というわけでもないのが結婚の相性

たとえば、他人の気持ちをすごく過度に重視する人同士が一緒になった場合・・・
最初はうまくいくんです

お互いに気をつかい合い、お互いを理解できる利点があって共通な部分を無難に分かち合えます
ですが、何か問題にぶつかったときに、お互いがお互いのでかたを伺って
先に進まないので、いつまでたっても結論がでませんので、お互い疲れてしまい
別れるのは時間の問題となります

優柔不断タイプの方は、日本人に以外に多いようですが
その方と、口うるさい人が一緒になった場合、お互いに自分に何が欠けているのかくらいは理解しているので
喧嘩をしながら相手の必要性を認め合うような仲になるようです

また、合理的なタイプの方でも優柔不断の方よりみたら、離したくなくなるような非常に頼れる相談相手に
なることでしょう
合理的なタイプの方には、自分の持論を素直に聞いてくれる相手に出会えて満足度が大きいのです

そんな風に、相性が大事です

引用元-−-性格は相性が大事ですよね – 結婚相談所の裏話 婚活店長ブログ

おおざっぱに見て、どんな性格の男女なら結婚の相性がいいのか?

問題となる相性ですが、人間関係の発生する場面で、相性が変わってくるので、ここでは、結婚関係の範囲内での状態を調べてみたいと思います。
結婚関係で一番相性のいいのは、女っぽい女と女っぽい男の関係でしょう。すなわち、男女でありながら、両方とも人間関係に興味があり、家庭や子育てに目を向けられる人たちの関係です。

次に相性のよい組み合わせは、女っぽい男性と男っぽい女性との結婚でしょう。男っぽい女性は、女性でありながら、人間関係や家庭に興味を持ち、外での独立的行動も好き好んでやります。女っぽい男性は、妻のおおざっぱさを補うかのように、敏感に動いてくれる、家庭を大切にする人物です。

そして次の相性のよさは、男っぽい男性と女っぽい女性の組み合わせだと思います。多分このタイプのカップルが一般的にロマン化されて、理想と思われているかもしれません。確かに結婚以前で、デートをしている時期は、お互いに自分の持ってないところを求めることができ、エキサイティングだと思います。しかし、結婚後は、夫は外で働き、外のことに興味を持ち、家庭に対してあまり目を向けないようになってしまいます。妻は、家庭的ですから、夫の趣味には付いていけず、同時に人間関係を欲しがりますから、寂しい結婚になってしまうでしょう。

さらに相性が悪くなりそうな組み合わせが、男っぽい男性と男っぽい女性の結婚だと思います。この場合、二人ともあまり人間関係に興味がありません。二人で仲良くしようとするより、二人で争ったり、各々別の興味で外に目を向けて、単独行動をしそうです。このカップルは、感情的な距離がありすぎる、冷たい関係になっていきそうです。そして二人とも、子育てなどには興味をしめさず、経済的な理由がなくとも、共働きになる可能性が高いです。

引用元-−-男女の相性のよしあし

自分と相性のいい結婚相手は、もしかして”真逆”なのかも?

自分に合うタイプは?

過去に何人もの方とお付き合いしたけれども、いつも似たようなパターンで別れることになってしまう。。。

そうした方もいらっしゃるかと思います。

こういうタイプの方は、自分で相手を選ぼうとすると、どうしてもいつもと同じ(似た)タイプを選んでしまい、過去と同様の結果を招いてしまう可能性があります。

こうした方は、第三者の勧める相手を受け入れる事が成功の鍵を握ります。

真逆のタイプを想定してみる

過去にお付き合いしてきた方と真逆のタイプを想定してみる。

そのタイプの方との出会い、お付き合いに興味・期待を持ち、まずは思い込みループから抜け出すことから始めて下さい。

新たなチャレンジをする事で、本当にご縁のある方を見つけられる可能性が高まります。

性格的な要素

過去を振り返ると、今迄ご自身と同じ性格の方ばかりを探し、交際しては別れてしまう。

その繰り返しをしている方も多いのではないでしょうか。

このタイプの方は、ご自身と全く正反対な性格のお相手を探してみるのも良いでしょう。

たとえば、ポジティブ思考同士だとテンションは上がる一方、何事においても前向きな発想なので、時に慎重に捉えなければならない事をもスルーしてしまう。

それが原因でドン底に落ちた時、這い上がる術をお互い持ち合わせていません。

慎重派のパートナーだと、思い上がりに歯止めをかけてくれます。

これが『プラスマイナス0の法則』です。ご縁のある結婚相手とは、この関係性がベストです。

引用元-−-自分に合う結婚相手|相性の良いパートナー選びが婚活成功者

相性のいい相手同士は惹かれあう? こんな点に注目!

adam and eve

① しぐさ、癖、考え方、趣味、趣向が似ているかどうか

これは、一般的な相性で、しぐさ・癖・考え方、あるいは哲学から価値観まで似ていれば、それだけ惹きあう力は強まり、お互いの深層心理でしっかりと結びついていると判断できます。
人間は相手が自分と似ていれば、それだけ親近感や恋愛感情を持つことから、お互いに惹きあうエネルギーも強まるようです。

② お互いに顔を見る機会が多いかどうか

遠距離恋愛の破綻率が高いのは、お互いに顔を合わせる時間が少ないのが基本的な原因です。ですから、相手と恋愛感情を深めるためには、相手と繰り返しデートをしたり、顔を合わせる回数を増やすことです。
人間はいつも顔を合わせ身近な相手を好きになっていく傾向があるのです。たとえば、初対面で「嫌いな相手だなあ」と思っていても、何回も会っていると「そうでもなくなる」ようなものです。

③ 生まれた環境や育ち方にバランスが取れているかどうか

恋愛や結婚に生まれた環境など関係がなく、お互いが愛し合っていれば問題がないと思われるかもしれませんが、長い期間で考えれば、お互いに生まれた家庭環境があまりにも違っていれば、いずれは破綻する可能性は高まります。
ですから、昔の見合い結婚などは、すでに会う前に、お互いにバランスのとれた家同士である男女を引き合わせたものです。

④ お互いの精神気力にバランスが取れているかどうか

精神気力のバランス関係から日常生活の二人の精神安定度をみます。
たとえば、彼はやる気まんまんで精神気力が相当強く、あなたは彼に比べて気が弱いような場合、日常生活では、あなたのほうが彼を相手にすることに相当気疲れして、精神安定度は悪いと判断されます。

引用元-−-相性の良いカップルほど惹き合う力が強い〜恋人の仕草や行動で恋愛心理がわかる〜しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理

”結婚の相性”と一言で言っても、性格だけに留まらない! 例3つ

■「価値観」の相違は致命的!?

・「価値観の相性。価値観が合わないと、意見の衝突が増えて疲れるから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「価値観がちがうと、違和感があるし、直すことができるようなものじゃないから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「価値観。決定が楽」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
離婚の原因としてよく耳にするのが「価値観の相違」。何を大切にしたいのか、どのように生きていきたいのか。そういった根本的な部分がちがうと、結婚生活を続けるのは難しいようです。

引用元-−-結婚相手を選ぶとき、大切なのは○○の相性!? 「食文化がちがうと結構きつそう」「暑い、寒いの感じ方」 | 「マイナビウーマン」

■一番のもめごとの原因はコレ

・「金銭感覚。お金はもめごとの種」(22歳/生保・損保/事務系専門職)
・「お金の価値観。お金の価値観が合わないと、住む場所、食費、生活費などに誤差が出てきてけんかになるから」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「経済観念。結婚は愛情だけではなく、お金もすごく絡んでくるからです」(30歳/その他)

食費にどのくらいお金をかけるのか? 趣味は? 旅行は? 住む家は? と、結婚生活では夫婦の金銭感覚が問われることばかり。この相性が悪いと、もめごとが絶えないかも?

引用元-−-結婚相手を選ぶとき、大切なのは○○の相性!? 「食文化がちがうと結構きつそう」「暑い、寒いの感じ方」 | 「マイナビウーマン」

■一日三食、大切な食事

・「食生活が大事。一番大事」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「食の好み。好きな人と好きなものを食べることが好きだから」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「食べ物。食文化がちがうと結構きつそうだから」(22歳/小売店/事務系専門職)
長い結婚生活において、食の好みが合わないというのは大問題。毎日、別々のものを食べるのでは、寂しすぎます……。

引用元-−-結婚相手を選ぶとき、大切なのは○○の相性!? 「食文化がちがうと結構きつそう」「暑い、寒いの感じ方」 | 「マイナビウーマン」

結婚には、性格の相性だけではなく、”五感”の相性も重要!

五感の趣向や敏感度によって、結婚生活がストレス漬けとなってしまう可能性のある事項を並べてみました。 あなたが下記に該当する部分がある場合は、交際前のデート時点でお相手に理解を得られるかどうかを確認しておくことを強くおすすめします。

聴覚に関することの例

・無音の世界が耐えられない。常にTVや音楽を掛けていないと落ち着かない
・プライベートな空間で他人が出す音に気が散る。一日中着けっぱなしのTVなんて論外。自分に興味の無いジャンルの音楽を大音量で流されたらイライラする

視覚に関することの例

・蛍光色のリビングライトだと明るすぎて落ち着けない
・白昼色のリビングライトだと暗すぎて落ち着けない
・沢山の物が置かれた多彩な色の賑やかな空間に落ち着けない
・シックで殺風景な空間が寂しく感じたり、整然とした状態を保つために気を遣うのはストレス

嗅覚に関することの例

・花の香り、香水の香り、アロマの香りなどが苦手
・汗などの異臭に過剰に敏感

味覚に関することの例

・味付けは何でも薄味。ソースやドレッシングを大量にかける人は見ているだけで不快
・しっかり味がついていないと美味しいと感じない。薄味健康食生活なんて絶対に無理。

触覚に関することの例

・タオルやベットシーツ、布団カバー等、肌に触れるものは肌に優しい素材でないと無理。
・体質的に仕方ないとしても、カサカサで粉がふいているような皮膚や、逆に常に汗が滲んでベタベタ感を伴うような皮膚に触れるのには嫌悪感を抱いてしまう

この他、感覚器官が及ぼすあなた特有の拘りがありましたら、その点についてもピックアップしておきましょう。

引用元-−-結婚相手は性格が合えばいい?五感の相性が良いことも大事

長い間続く結婚生活 共に生きる女性を見極める最大のポイントは…

恋は、1時的な気分の高揚やドキドキ感などで形成されていますが、愛は、{感謝/尊敬/信頼/絆}などで創られていくのですね。

恋心というのは、時間の経過とともに、徐徐に薄れていくのですが・・愛は、{感謝/尊敬/信頼/絆}などで創られていくため、2人が協力し合って夫婦生活を送っていくならば、時間の経過とともに、益々愛は深まっていくのかもしれません。

結婚1年目の新婚カップルよりも、結婚してから20年間、コツコツと2人が協力し合って夫婦生活を送ってきたカップルの方が、2人の間にある愛・・感謝も尊敬も、信頼も絆だって、強く強力です。

長い結婚生活のなかで、夫婦を繋いでいるのは‘愛’なのですね。
だからこそ、{感謝/尊敬/信頼/絆}などを一緒にコツコツと築いていけそうな相手か?という点が、結婚相手の決め手として重要なことの1つになるようです。

恋心は、いずれ冷めます。
性欲も、いずれ冷めます。
容姿も、いずれ衰えます。
そして打算だけでは、仮面夫婦となります。

・・結婚相手として大事な点は、恋心や体の相性や容姿、年収などもそうですが、同時に、{感謝/尊敬/信頼/絆}などを一緒にコツコツと築いていけそうな相手か?という点も、大事なのかもしれません。

引用元-−-結婚相手の決め手

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ