最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

寝室に冷房を入れる時、温度の設定はどのくらいがいいの?

      2016/06/07

寝室に冷房を入れる時、温度の設定はどのくらいがいいの?

寝室の冷房の温度設定は、下手をすると、夫婦が家庭内別居状態に至ります。

それだけ重大なことなのです。

快適に眠るためには、快適な温度が必要で、その温度が人によって違うことが問題なのです。

その差が大きければ、大きいほど同じ部屋では休めなくなります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


寝室の冷房の快適な温度とは?

一般的に言われているのが26度だそうです。

推奨エアコン温度である28度よりも、2度低いのに驚いた方もいるのではないでしょうか?

また日本の暑さを耐えがたいものにしている湿度ですが、快適な寝室の湿度は50〜60%だそうです。

これは、ナイトウエアを着た場合を想定されており、着ている衣服によっても快適温度が変わり、裸の場合は29度でも大丈夫だそうです。

日本人は、東日本大震災後の電気不足から、エアコンの推奨温度が28度といわれるようになり、割と真面目に守っている方も多いと思います。

欧米人からすると、その温度ですでにかなりの暑さを感じるらしく、「エアコンを入れる意味が?」という疑問とともに「日本人の我慢強さ」にびっくりするそうです。

そして風速は「強」がおススメです。

これは「弱」だと部屋の空気が循環せずに、冷たい空気が下に溜まるので、逆に寒く感じるので、「強」のほうが、循環を促します。

寝室は除湿と冷房どっちがいいのか?

これもかなり意見がまちまちですが、一般的には「除湿にしても電気代は安くならない」が定説のようです。

湿度を下げるエアコンの方法によってまた相違があるそうですが、少なくても、電気代を下げようと無理して除湿にしてもあまり意味がないといえそうです。

冷房にしていれば、ある程度除湿の効果もあるので、どうしても除湿にしたいという事が無ければ、冷房の方がいいと思います。

電気代を気にするのであれば、使う時間を短くする方が効果はあります。

といっても、つけたり消したりするのは逆効果です。

立ち上がるのにそれなりに電力を使うので、それなら一定温度で使用したほうがいいというのも、現在はほぼ定説です。

ただ寝室で使用する場合、睡眠始めの3時間でタイマ設定して切るというのはおススメです。

人は睡眠始めの3時間が一番深く眠るからです。

すぐに寝られないよ!という方は少々長めに設定してもいいでしょう。

この3時間は布団に入った時間ではなく、眠り始めた時間だからです。

冷房の温度設定問題が夫婦の問題へ

職場でも外勤VS内勤、男性VS女性でエアコンの温度設定問題が勃発しています。

外勤の人は外回りが多く、汗をかきながら帰ってきますので、冷房をかなり下げないと涼しく感じませんが、内勤の人はそれこそ一日机に向かっていますので、あまり下げ過ぎると体調をおかしくしてしまいます。

そのため、外勤もしくは男性が温度を下げると、内勤もしくは女性が、温度を上げるといといった無言の争いが繰り広げられることになります。

ひどくなるとエアコンのパネルのところに張り紙で「温度を変更しないように」と張り紙をされてしまったり。

どちらの言い分も判りますが、やはりどこかで落とし所が必要で、内勤の人や女性の多くは、ブランケットなど持参して、自己防衛に努めているようです。

外ですらこの始末ですので、家の中ではさらに深刻です。

悩みの多くは女性から寄せられていて、夫が尋常じゃない冷房の温度設定をして寝室が極寒の地と化して、寒くて眠れない、体調を崩したというものです。

男性と女性で体感温度が違う

一説によると、男性は18度を超えると暑さを感じ、対して女性は26度を切ると、寒さを感じるそうです。

個人差よりも男女差の方が激しいようですね。

愛だけでは乗り切るのは難しそうです…

解決策は寝室を別にするしかないのでしょうか?

いいえ!そんなことはありません。

お互いに少しづつ努力を重ねれば、なんとかなるでしょう。

まずはお互いの眠るときの服装を考えましょう。

前述で、裸で寝ると、プラス3度くらい寝室の快適な温度が変わるとご説明しました。

夫は限りなく裸に近い恰好で寝てもらうようにしましょう。

あ、でもお腹は出さないように気を付けてくださいね。寝冷えしてしまいます。

反対に妻は、出来る限り暖かい恰好で寝るのがいいでしょう。

特に「首」がつくところは露出しないと暖かいそうです。「首」がつく体の部位とはつまり「首」「手首」「足首」です。

また最近は冷感グッツなどもしきりに売られていて、ひんやりするシーツとか、冷却ジェル入りのマットレスとか色々ありますので是非活用しましょう。

夏は別の場所で寝るという習慣

適度な温度や風速も、基本直接エアコンの風が当たらないことを前提としています。

直接あたるのであれば、どちらにしろ快適とは言い難いでしょう。

風が当たる方は、寒くてしかないし、当たらない方は快適な場合もありますが、当たる方に合わせて温度を変えた場合、暑く感じることとなります。

しかし家具の配置から、ここで寝るしかないという人も多いでしょう。

ではいっそ発想の転換をしてみるのはいかがでしょうか?

エアコンを入れる必要のある場合だけ、別の部屋で寝てしまうのです。

理想的なのはリビングです。

昼間人のいる場所なので、初めから部屋の温度は下がっていますし、家族がまとめてリビングで寝れば、別々の部屋でエアコンの設定温度を気にしているよりも、はるかに節電効果があります。

また、寝るとなれば普段から片付けするよう気を付けるようになります。

夏の風物詩的に、「暑い日はみんなでいっしょに寝よう」というのは、ちょっとしたイベント感覚で楽しめるかもしれませんね。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ