最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

将来に確信が持てず、仕事をしていても毎日不安な時の解決法

      2016/06/07

将来に確信が持てず、仕事をしていても毎日不安な時の解決法

明確に何かがあるわけではないけど、漠然と将来について心配している。

仕事もとくにやりがいがある物でもないし、自分だけしかできないものでもない。

これといって明確な悩みがある訳でないけれど、このまま自分が年を取っていくだけと考えて不安になるなんて事ありませんか?誰だって見えない未来は不安に思います。

そんな不安を解消する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


将来を不安に思う事

将来という言葉はいつまで使えるか考えたことありますか?子供の頃「将来なりたいもの」と言った時に使っていた将来というのは、恐らく社会人になったことを想定していたはず。

さて、社会人になってもやはり、「将来はどうなるの?」と考える事があります。

この言葉を使うのはおそらく20代の人が30〜40代を想定してか、30代の人が40代を想定してではないでしょうか?それ以上の年齢の人は「将来」ではなく「老後」や「今後」という言葉に変わっていくでしょう。

つまり将来という言葉を使うのは、まだ自分の本当の人生は始まっていないと、心のどこかで思っているのではないでしょうか?つまり、まだ自分は変わるチャンスがあると考えているという事です。

つまり、将来が不安ということは、先が見えないからであり、自分がなりたい自分になれない事が理由なのです。

だれだってこの先どうなるか判りません。

不安に思うのは当然です。

でもその不安を解消するには、その不安と向き合う必要があります。

仕事に対する不安

年功序列という制度が死に絶え、大企業でもリストラがあり、会社の倒産情報は新聞の一面を飾る。

最近の景気は上向きと言われても、実感のないまま、物価ばかりが上がっていく。

これがバブル後の日本の現実です。

仕事があるだけでもマシで、給料は少しでも上がれば御の字、見通しのたたない経済は私達に不安にさせます。

仕事をしていても、この先ずっとこの仕事をしていられるか不安でしょう。

とりあえず食べるために仕事はしているけど、やりたい仕事でもないし、遣り甲斐も感じない。

前述しましたが、将来に対する不安といのは、自分がなりたい自分ではない事から派生しています。

多くの人のなりたい自分というのは仕事と結びついています。

つまり仕事にやりがいを感じなければ、不安につながっていきます。

そして悲しい現実ですが、好きなことと得意な事が必ず一致している訳ではないのです。

好きでもお金にならならい仕事をするか、得意だけど好きではない仕事をしてお金を稼ぐか、人によって仕事に不安を感じるのはこんな心理があるからです。

将来の不安を解消するには?

もう一度自分の不安と向き合いましょう。

なりたい自分が判らなくて不安なのか、なりたい自分になれなくて不安なのか、なりたい自分というのは今の仕事ではできないものなのか、今の仕事でもなりたい自分になれるのか。

これをただ頭の中で考えていても、眠れない夜が増えるだけです。

まずはノートを買いましょう。

そして、どうなりたいのかを書き出していきます。

ルールはありません。

思いついた順番に箇条書きで書いていきます。

文章でもいいのですが、文章を構成するのはそれなりに内容が整理された場合だけなので、箇条書きのほうがおススメです。

ノートに書きだしただけで随分頭の中が整理されたはずです。

ここに書かれたことが不安の正体です。

そしてこの不安に順番をつけます。

始めは不安が大きい順番に、次に、不安の解消しやすい順番に番号を振ります。

そして、この不安と以下に闘うかの戦略を考えましょう。

大きな不安が一つ減っただけでもかなり楽ですし、逆に解消しやすい不安から解消すると数がこなせます。

仕事に対する不安を解消するには?

景気は私たちにはどうにもできません。

できる事と言えば、問題を解決できる政治家に投票することくらいです。

これはこれで正しい政治行動なのですが、それはさておき、なりたい自分になるために仕事が切り離せない人は、まずお金を貯めることから始めてみては如何ですか?
例えば、何か資格を取りたいといった時にもお金は必要です。

会社を辞めて、新しい仕事を学びたいというにもお金は必要です。

自分で店を出すにも、会社を興すにもお金は必要です。

つまり、何かを始めるには必ずお金が必要なのです。

もちろん借りる事も不可能でありませんが、ある程度自己資金は必要です。

ただぼんやりとお金を溜めても仕方ありません。

なりたいあなたになるためにいくら必要かを調べます。

ここは手を抜かずにきっちり調べましょう。

そして目標額を設定します。

また今の仕事が、将来何の役に立つかも考えましょう。

よく言われることですが以外に心理だったりするのが、無駄な仕事なないという事です。

不安を解消させるテクニック

「困難は分割せよ」とはデカルトの言葉。

以外に実生活に役立ちます。

何か大きな不安については、それを分割していきます。

大きな数字も因数分解をしていけば小さな数字になっていくように、不安もいろんな条件が重なって大きくなっていることがあります。

一つ解消すれば、それだけ不安は小さくなります。

繰り返していると、いつの間にか不安がなくっているなんて事もあります。

そして、何よりも大切なのは、自分ひとりで抱え込まない事です。

誰かに相談しましょう。

抵抗がある人は、ネットで匿名でも相談はできます。

もちろんひどい答えが返ってくることもありますが、真剣に考えた答えを返してくれる人もいます。

あなたが抱えている不安はあなただけの物ですが、でも経験しているのはあなただけではありません。

この世界のどこかにその答えもしくは答えにつながるヒントが落ちています。

これは人ひとりで抱えていても解消しません。

人と分かち合うことで初めて答えを得ることが出来るのです。

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ