最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

嵐の相葉くんも苦しんだ肺気胸の治療法で知っておきたいこと

      2016/06/07

嵐の相葉くんも苦しんだ肺気胸の治療法で知っておきたいこと

嵐の相葉くんもかかったという肺気胸

イケメン病とも言われますが今では身近になってしまった怖い病気・・・

誰もがかかる可能性のあるこの病気の治療法についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


現在知られている肺気胸の治療法とは

F1.large

肺の虚脱が軽度、すなわち虚脱した肺の頂上(肺尖部(はいせんぶ))が鎖骨(さこつ)の上にある場合には、安静により様子をみます。
安静にしても改善しない場合や肺の虚脱が高度であれば、持続脱気が行われます。持続脱気とは肋骨と肋骨の間から細いチューブを胸腔内に挿入し、器械で肺からもれた空気を体外に引き出す方法です。
肺が元どおりに膨張(ぼうちょう)すれば、空気のもれがないことを確認して、チューブを抜き去ります。
この時再発防止のため、テトラサイクリン、ピシバニールという薬剤や、患者さんの血液を胸腔内に注入することもあります。
しかし、持続脱気を行っても肺の再膨張が得られない場合や、再発を3回以上繰り返す場合には、手術が行われます。手術は、腋窩小開胸法(えきかしょうかいきょうほう)や胸腔鏡によって、ブレブの切除や縫縮(ほうしゅく)が行われます。
手術を行わない場合の自然気胸の再発率は、20〜30%といわれています。手術後の再発率は1〜2%ですので、最初から、体を傷つけることの少ない胸腔鏡による治療をすすめる医師もいます。

引用元-gooヘルスケア

ドレナージという治療法はどんなものなのか

胸腔ドレナージでは胸腔の中にチューブを挿入する。本法は,胸部からの空気や液体の排出(例,胸腔穿刺にもかかわらず貯留する大量または再発性の胸水,気胸,肺炎に合併した随伴性胸水,膿胸,血胸),および胸膜癒着術またはフィブリン溶解による癒着切断を行うために用いられる。

胸腔チューブの挿入は,この手技の訓練を受けた医師によって最も適切に行われる。その他の医師は,針と注射器を用いて緊急事態に対処できる。チューブ挿入には1つないし2つの止血鉗子またはケリー鉗子,縫合用絹糸,ガーゼ包帯,胸腔チューブが必要である。チューブの太さは,気胸には16〜24フレンチスケール(F);悪性胸水には20〜24F;気管支胸膜瘻孔,合併した肺炎随伴性胸水,および膿胸には28〜36F;血胸には32〜40Fが推奨される。

引用元-MSD Be well

胸腔ドレナージに伴うリスクはないのか

ドレナージ時の合併症として、再膨張性肺水腫があります。ドレナージ後、呼吸困難、SpO2低下、ショック等が出現します。速やかに酸素投与、ステロイド投与を行います。この他、排気量が不十分な場合には皮下気腫の広がりを認めることがあります。また、出血を来すこともありますが、ドレーン排液が淡血性の場合は正常と考えて構いません。

引用元-Dr.kato-gの部屋

肺気胸手術とドレナージ

気胸に対しては前述のような方針で治療を行います。気胸になってもその後一生気胸を起こさない方も多くいますが、気胸の問題点はある日突然再発を起こすことです。若い方に多い病気なので、試験のときに気胸を起こす、他の大事なときに気胸を起こして困ることがあります。
気胸を起こさないようにする治療として手術があります。手術をお勧めするのは、以下のような状況です。

1.気胸に対する胸腔ドレナージを行って空気の漏れが止まらない場合
2.気胸が再発した場合
3.左右両側の気胸の場合

これらの患者さんに対しては手術を積極的に行っています。
気胸の手術は全身麻酔を施行し、通常、胸腔鏡手術を選択しています。
気胸の手術は胸腔鏡下手術を選択することが多いです。病変が多発するときや広範なときは、胸腔鏡補助下手術や開胸手術で行うこともあります。全身麻酔が必要です。
胸腔鏡下手術では、胸に2cmほどの切開を3ヶ所行い、ここから照明付きカメラ(胸腔鏡)と肺を持つ道具、肺を切る道具を挿入します。肺の病変部を切除して、手術後の液体や空気を外に出すように胸腔ドレナージをして手術を終了します。
胸腔鏡下手術は開胸手術に比べて利点と欠点があります。
長所は傷が小さく、美容的に優れていること、手術当初の痛みが開胸に比較して少ないことです。開胸に比べ気胸の再発率が高いことが、胸腔鏡下手術の始まった時期に問題になりましたが、現在は胸膜被覆術を加えており、この欠点はほぼ克服されたと考えています。欠点としては、出血などの緊急時の対処が遅れる可能性もありますが、気胸の手術ではこのような状況は考えにくいです。

引用元-東京慈恵会医科大学付属 柏病院

ドレナージ治療だけでは再発の可能性が高い?

【安静】肺が軽度に縮む(20%以下)時にのみに適応になります。
【胸腔ドレナージ】胸壁と肺の間に管を入れて、漏れてくる空気を器械で持続的に吸引する方法で、軽度の場合は、外来で行い、通院していただきます。しかし、ほとんどの場合、入院にて器械をつけて持続吸引します。
【手術】胸腔ドレナージにても、空気漏れが数日持続する場合、気胸を繰り返す場合に手術を行います。手術方法は、原則として、3ヶ所1〜1.5cmの穴を開けて、1ヶ所より胸腔鏡を挿入。他の2ヶ所より操作を行う「胸腔鏡手術」を行っています。胸腔鏡手術の利点は、術後、3〜7日で退院できることです。従来の手術方法には側方開胸といって、肋骨に沿って大きく開ける方法、腋窩開胸といって、皮膚切開を腋に縦に行い、大きく開ける方法もありますが、その時の肺の状態に応じて術式を選択します。

【胸膜癒着術】胸腔ドレーンより薬を注入する方法で、手術療法を選択するには、リスクが高すぎる場合にのみ、この方法を選択しています。呼吸器疾患のため、酸素をつけている人や、超高齢者、他の疾患のため、手術するにはリスクが高すぎる場合にこの方法が選択されます。胸膜癒着術の薬には、いろいろ選択されていますが、当院では、当院呼吸器科医師、木下の開発した「造影剤添加希釈フィブリン糊の大量胸腔内注入療法」を中心に行い、多くの人を救命しています。いままで、この方法の無効例は、過去170人中5名でした。この5名は、ステロイドホルモン剤を長年服用している人、肺が線維化し、萎縮のため、硬くなっている方でした。現在、これらの無効例に対してどうするか、研究中です。

(再発)
・胸腔ドレナージのみの再発率は、20〜40%です。また、手術療法の再発率は、胸腔鏡手術の場合、数%です。なお、従来の開胸法では、1〜2%です。したがって、再発気胸に対しては、積極的に手術を施行しています。
・非常にリスクの高い気胸に対して当院で行っている造影剤添加希釈フィブリン糊の大量胸腔内注入療法の再発率は、10%前後です。ただし、再発部位は、同部位からの再発はほとんどなく、別の部位が裂ける場合はほとんどです。

引用元-南和歌山医療センター胸部・心臓血管外科ホームページ 

肺気胸に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ