話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

幼稚園の準備。子供が自分で出来る事を増やす方法

2016.3.9

幼稚園入園の準備をしているお母さんは、時々心配になりますよね。

子供が自分で出来る事が少なくて、大丈夫なのかな?なんて心を痛めていませんか?

幼稚園入園までに、出来た方がいい事、出来ない事の対処方法をまとめました。

是非参考にして下さい。

幼稚園入園準備 うちの子大丈夫?

今は3年保育が主流です。

やはり、どのお母さんも子供には早く社会性を身に着けてほしいと望んでいるようです。

しかし、同じ学年でも4月生まれの子と3月生まれの子では、この年の1年の差がかなり大きいので、出来る事、出来ない事に対して差が大きくなるのが実際です。

また、個人差もあるので、早く生まれていても、他の子と同じように必ず出来るとは限りません。

仮に着替えも出来ない、トイレトレーニングも終わっていない、一人で食事も出来ないとなるとそうするとお母さんは「幼稚園に入ってついていけるのかしら?」と心配になりますね。

でも心配はいりません。

もちろん幼稚園の方針にもよりますが、大概のところは幼稚園入園後にも子供が自分で、ある程度出来るようになるようフォローをしてくれます。

だから、入園前に完璧に出来ていなくてはいけないと考えなくて問題ありません。

心配な方は入園前の幼稚園の説明会などで、先生に相談してみましょう。

幼稚園に行く前 自分でできた方がいい事とは?

まずは早寝早起きの習慣を身に着けるようにしましょう。

こればかりは、幼稚園でなく家でしっかりとしないといけない部分です。

まだ下にお子さんのいるお母さんは、とても大変だとは思いますが、夜は遅くても9時に寝て、朝は7〜8時から起きるような生活リズムへと変更しましょう。

次に困った事があったら、先生に声をかける事を覚えてもらいましょう。

特にトイレが一番の問題です。

仮にトイレトレーニングが終わったとしても、慣れない環境での一人でのトイレはハードルが高いものです。

またトイレトレーニングの最中でおむつを付けていたとしても、出来るだけトイレの習慣は身に着けた方がいいので、トイレに行きたくなったら先生に声をかけるという事を習慣にしましょう。

他にも家に居る時とは違い、先生は多くの子供を1〜2人で見なくてはいけません。

そのため、親のようにちょっとした子供の変化を見つける事は出来ません。

何か困った事があった時、自分から先生に声をかける習慣が出来ていれば、大事にならずに済みます。

幼稚園で、自分で出来るようになるべき事とは?

幼稚園の年少さんですと、大きく分けて3つの事が自分で出来るようになるようにならなくてはいけません。

ひとつめは、トイレトレーニングの終了。

ふたつめは、自分での着替え。

みっつめは、自分で食事を取ることです。

この3つの課題をクリアするために家庭と幼稚園は協力していきます。

トイレトレーニングについては、悩むお母さんが多い課題です。

しかし、どんな子供も必ずおむつは取れますので、あまり思いつめないようにしてください。

自分での着替えについては、出来るだけ本人のやる気を尊重してあげましょう。

朝の忙しい時に限って、自分のペースで着替える子供にイライラして、手を出したくなりますが、ここはぐっと我慢。

やる気になったことだけでもありがたいと思って、早め早めに準備をさせることを心がけて時間を調整します。

自分での食事については、スプーンやフォームを使えるのがベストですが、上手ではない子は、はじめのうちのお弁当は手で食べても問題のないおにぎりやサンドイッチなど手を使っても食べれる物をメインに。

おかずも、スプーンですくうタイプのおかずは避けてあげるといいでしょう。

慣れてきたら徐々にスプーンやフォークを使うおかずに切り替えていきます。

自分でやるという気分

子供のやる気というのは侮れません。

やる気のない時とある時では、出来る事に格段の差が出来ます。

びっくりさせられるのは、幼稚園に行くまでには、あれもこれも出来ないと思っている事が、幼稚園に行って、他の子のやり方を見たり、まねっこしているうちに、あっという間に出来るようになります。

それはまるで魔法を見るようです。

しかし、子供というのはそういうものなのです。

親からいくら説明されても、全くその気にならなくてイライラする事もあるでしょう。

しかし、幼稚園の先生が説明をしたり、他の子と一緒にやる事で、一気にやる気になるのです。

だから、幼稚園に行く前に出来ない事があっても問題ありません。

要はやる気にならないだけなのです。

そして、子供はむら気なので、昨日出来た事が今日出来なくなるということは十分起こりえます。

そういった「出来る日」「出来ない日」を繰り返していきながら、徐々に「出来る日」が増えていくのです。

だから心配はいりません。

幼稚園に行く準備、自分で出来るようになるには?

幼稚園に行くのが慣れてきたら、今度は自分で登園準備が出来るようになるといいですね。

それには、自分の持ち物がどこにあるかを判るようになるのが大切です。

子供が届く場所に制服や帽子、かばんなどを置くスペースを作ってあげます。

そして、幼稚園から帰ってきたら、同じ場所に置くように習慣をつけましょう。

朝は慌ただしいので、明日の準備は前日にするような習慣もつけておくと、今後の人生にとても役に立つでしょう。

全てを一度に出来るようにはなりません。

徐々に一つずつ出来る事を増やしていきましょう。

また子供が自分でやる気を見せたら、その気持ちは尊重してあげます。

例えば自分で洋服を選んだり、下着を選んだり、ハンカチを選ぶようになります。

よほどおかしい恰好でなければ、そのまま子供の選択を尊重してあげるべきです。

子供はいくら親が言っても、やる気がなければ、出来るようにはなりません。

やる気が出た時が飛躍のチャンスです。

また子供がやりたいやり方があるようなら、出来るだけその線に沿った方法をとってあげると子供のやる気は持続します。

Twitterでの関連したつぶやき


https://twitter.com/azusa_705/status/717927500555259904
https://twitter.com/na05ha/status/717679584217423873
https://twitter.com/emmymerckx/status/716765982912434176

 - 育児・子育て・出産