最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

急性扁桃腺炎は大人も注意!症状や原因、予防法などのまとめ

      2016/06/07

急性扁桃腺炎は大人も注意!症状や原因、予防法などのまとめ

急性扁桃炎とは、病原微生物が返答に感染して炎症のおこる病気です。

発症すると40度前後の光熱もでる急性扁桃炎について

関連した情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


急性扁桃腺炎とはどんな病気?

 病原微生物が扁桃(口蓋扁桃(こうがいへんとう))に感染し、急性の炎症がおこる病気です。

扁桃は免疫臓器(めんえきぞうき)と感染臓器の二面性をもっています。通常の状態では扁桃の免疫能が強いため、細菌やウイルスにさらされても、これを排除し、感染はおこりません。
しかし過労やストレス、のどの衛生状態の悪化などで扁桃の免疫能が低下すると、感染がおこり、扁桃炎が発症するといわれています。

引用元-コトバンク

 

扁桃炎(扁桃腺炎)とは

扁桃(扁桃腺)は、喉の手前の左右の少し盛り上がった場所をいいます(医療用語として正しくは「口蓋扁桃」といいます。図の「口蓋扁桃」が扁桃(扁桃腺)です。)。

なお、扁桃は従来は扁桃腺と呼ばれていましたが、正しくは「腺」ではないため、「扁桃」と呼びます。ここでは「扁桃」ということにします。

扁桃炎(急性扁桃炎)とは、その扁桃の周辺に存在する常在菌(多くの人に共通して存在する細菌)が活動を起こして、扁桃に炎症を起こす病気です。常在菌には、溶連菌、ブドウ球菌、肺炎球菌などがあります。常在菌の他にウイルスでも炎症を起こします。

主に小さい子どもに起こる病気ですが、大人でも起こりえる病気です。

引用元-子どもの健康と病気の情報サイト

 急性扁桃腺炎になる原因と症状

 急性扁桃炎とはどんな感染症か
 子どもにも大人にもみられる、細菌またはウイルスによって生じる扁桃腺(口蓋扁桃(こうがいへんとう)という)の炎症です。

ヒトの鼻や口のなかには生後数カ月で菌が常在するようになり、新たな菌の侵入を防いでくれています。たえず外界から鼻や口のなかに入ってくる細菌やウイルスの侵入を、常在菌やそれまでに獲得した免疫(病原体を排除する能力)によって防ぐことで健康な状態が保たれています。
しかし、かぜや過労などで体が弱った時や、いろいろな病原体に対して免疫力が未熟な乳幼児では、病原菌やウイルスが体内に侵入し増殖することがあります。この時に、のどの免疫の主力部隊である口蓋扁桃が病原体と闘って赤くはれている状態(炎症)が急性扁桃炎です。
口蓋扁桃だけでは戦力不足の時、頸部(けいぶ)(首)やほかの部分のリンパ節も応戦するため、そのリンパ節もはれて痛みを生じます。病原体を攻撃するために扁桃やリンパ節など体内から出る物質によって、体温の上昇や痛みなどの症状が現れます。

症状の現れ方
40℃前後の発熱(微熱程度の場合もある)と全身倦怠感(けんたいかん)に続いて、のどの痛みや耳の下から頸部にかけてのはれと痛み(頸部リンパ節炎)が生じます。照明の下で口を開いてのどの奥を見ると、のどちんこ(口蓋垂(こうがいすい))の両脇に白い点や膜が付着して赤くはれた口蓋扁桃が見えます。

引用元-gooヘルスケア

 

 急性扁桃腺炎の症状の現れ方は?
のどの痛み、発熱、嚥下痛(えんげつう)や耳への放散痛、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲不振があります。とくに小児の場合、経口摂取の不能により脱水症状となって重症化するので注意が必要です。

引用元-えぞえクリニック

特に注意の必要な扁桃炎とは?

 まず、「扁桃周囲膿瘍」は急性扁桃炎から急速に炎症が周囲に及んで「周囲炎」を引き起こし、さらに続いて膿瘍を形成した状態をいいます。 原因となった細菌の力が強いか、体調が不良で感染症に対して抵抗力が低下した場合になります。
ときには、魚の骨が刺さった部位から炎症が波及したり、「おやしらず」の歯肉などの炎症から「周囲炎」「扁桃周囲膿瘍」を引き起こすことがあるので注意が必要です。
「扁桃周囲膿瘍」の症状は激烈で高熱・強度の咽頭痛と嚥下痛・開口困難(口を開けにくくなる)が出現しますが、さらに重篤な場合には気道閉塞を起こして呼吸困難となることがあります。
たいてい一側性で扁桃周囲は著しく腫脹・発赤しますが、しばしば開口困難のため視診が困難になります。

入院治療が必要となり、十分量の抗生剤を点滴投与して局所切開と排膿することが大切です。
一般的に切開・排膿すれば急速に開口困難は治っていきます。
しかし、実際には開口困難がありますから、切開・排膿することは至難の技です。
したがって、周囲炎の段階である場合でも入院して抗生剤の点滴治療を一日2回行うことが必要な場合があります。

「伝染性単核球症」は、かつて「腺熱」と呼ばれていた病気です。
原因はEBウイルスの感染です。
感染経路は口・呼吸器です。
症状は一般的に、発熱・咽頭痛・頸部リンパ節腫脹です。
扁桃は発赤・腫脹し白色の偽膜でおおわれます。
全身のリンパ節腫脹や肝・脾臓の腫大をみることもあります。
血液検査では単核球様リンパ球の増加とGOT・GPT・LDHの値の上昇が認められます。
この病気は自然に良くなっていきますが、肝機能障害があるので必ず安静・入院が必要です。
二次感染防止のためテトラサイクリン系やマクロライド系の抗生剤が点滴投与されます。

引用元-侮れない扁桃炎の診断と治療

急性扁桃腺炎の予防法

「風邪」のための対策

・蒸気吸入器で喉の粘膜にある繊毛の運動をを促進する。

・湿度が40%を割り込むと風邪を引き起こすウイルスが空気中を漂います。
それを防ぐためには空気清浄機を使うといいでしょう。

・手洗い

・うがいをする

・十分な睡眠

・サプリメントによる栄養補助

免疫力を上げる方法

・ハチミツなど栄養価の高い食べものを摂る

・ビタミンCを積極的に摂る

・ハーブティーを飲む (欧米では古くから病気治療に使われてきた)

・サプリメントを摂る (免疫力を上げるアルギニンやグルタミンを含んでいるもの)

・足つぼ (足つぼの中に、免疫力を高めるつぼがあります)

喉の乾燥のための対策

・マスクを着用する

・うがいをする

・蒸気吸入器を使って喉の奥までうるおいを与える

・少しづつ、一日に1,500mlの水を飲む

・部屋の湿度を40%〜70%で維持する

・たばこを控える (喉の粘膜を傷つけるため)

・口呼吸が多い人は鼻呼吸に切り替えること
(吸いこんだ空気に湿気を加える作用が鼻にはある為)

引用元-扁桃腺炎の原因・症状・治療法

急性扁桃腺炎の治療方法

(1)扁桃の炎症を抑える処置
(2)ネブライザー治療
(3)内服薬の処方(抗生剤や炎症を抑える薬)
(3)程度がひどい場合は抗生剤などの点滴を行います

引用元-くさの耳鼻咽喉科

 

内服薬としては、ペニシリン系の抗生物質が使用される事が多いので、アレルギーの自覚のある方や、ちょっとでもその兆候がある方は、きちんと事前に医師に伝えることが重要です。
のどの痛みや腫れがひどくて食事が思うように取れない場合は入院して点滴で水分と栄養を補います。
家庭では暖かくして安静を守るのが第一です。
食事は刺激のない流動食やのどごしの良い食品を摂るようにして、動物性タンパク質やビタミンが充分に摂れるようにします。
急性炎症の場合には、うがいやトローチはあまり効果的ではないので、急性扁桃炎を起こしたならば、まずは1〜2日間からだをゆっくり休めるのがもっとも有効で良い方法です。
脱水症状を起こしやすいので、水分補給だけは、たとえのどが痛くてもしてください。

引用元-扁桃腺炎クラブ

急性扁桃腺炎に関するTwitterでの反応

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ