最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

恋愛が面倒だと思う女性が増えている。何故面倒と思うのか?

      2016/06/07

恋愛が面倒だと思う女性が増えている。何故面倒と思うのか?

「結婚をしない」と決めたわけでないのだが…。

でも仕事が忙しい、趣味が忙しい、友達と遊ぶので忙しい。

恋愛をしたら、それを一番にしないといけないの?

それが面倒と思う女性たちについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃腸炎で病院へ行く、行かないの判断はこれ!

ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気...

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

スポンサーリンク


恋愛よりも…という女性たち

その場にいた女子4人は、26歳からジャスト30歳の働く女性。専門職で忙しい人ばかりである。その日は、4人のうちの1人Aさんの転職祝いだった。30歳で3社目、大手の出版社に転職が決まったAさんは言う。

「これでやっと、就職できたような気がします」

つまり彼女にとっては、長い就活(就職活動)が実を結んだのだ。

就職氷河期世代の彼女たちは、なかなか安住の地が見つからない。この世代に聞くと「転職を考えている」と言う人がすごく多いのだ。30歳ぐらいまでにAさんのように「ついに(希望の会社に)就職できた」と言えるほど満足な職場に到達できれば、すごくハッピーな方だと思う。

そんな訳で、「就活」もまだ終わっていないのに「婚活」にも取り組まなければいけないアラサー女子たちは、とても忙しい。いや、この世代なら男女ともに同じ状況だろう。彼女たちに恋愛の話を振ってみても、反応は鈍い。

「恋愛って、何か面倒だなって思っちゃうんですよね」「いったい恋愛の何が面倒なの?」

アラサー女子の1人がぽつんと言った。「男子が面倒くさい」。

全員がワンピースや流行を意識したジャケットを着て、パンツではなくスカートを穿いている。今どきの女の子らしいスタイルをしているし、合コンに参加しても、評判の良さそうな女性ばかり。「女の子から降りている」という気配は全くないのだが、中味はかなり「草食系」が入っている。

聞けば、カレシのいる人もいる。30歳に向かって結婚も意識している。しかし、仕事も忙しいし、自分のことでいっぱいいっぱい…。彼女たちは恋愛や結婚に対して、超「低体温」なのだ。

引用元-−-日経ビジネスオンライン

恋愛を面倒がる女性たち

マイナビニュース会員のうち「恋愛は面倒くさい」と思っている独身女性300名に、本音をぶっちゃけてもらった。

Q.「正直、恋愛はめんどくさい」と思いますか?

はい 44.7%
いいえ 55.3%

Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどうしてですか? どういうところがめんどくさいと思いますか?

■相手に合わせるのが面倒
・「男の人に合わせるのが面倒」(25歳女性/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「相手に合わせなきゃいけないから、ゆずらなきゃいけないときもあるから」(26歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「基本的に一人でいるのが好きなので、相手に合わせるのが面倒だと感じることがあるから」(28歳女性/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)
・「相手を尊重して予定を合わせたり食べ物も選んだりしなくてはならないので、ひとりでいるほうが気ままで楽」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

■恋愛の醍醐味も……
・「やたらとデートをしたりしなくてはいけない」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「メールのやりとり、仕事から疲れて帰ってきたのに面倒」(23歳女性/食品・飲料/営業職)
・「細かく連絡を取り合うところ」(25歳女性/金融・証券/営業職)
・「定期的に連絡したり会ったりしなきゃいけないところ、たまには恋愛もさぼりたい」(24歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

■美しさを保つのも大変
・「外見のケア」(28歳女性/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)
・「毎日きれいにしてないといけないから」(32歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「よく男性が女性のむだ毛を見て百年の恋も冷めると聞くので、ずぼらな私にはめんどくさいと思います」(19歳女性/学生/その他)

引用元-−-マイナビニュース

恋愛が面倒だとう思うその理由

恋愛はお金がかかる?

「恋愛をするとデートやプレゼントでお金がかかる」と思っている若い人が多いそうです。デートといっても遊びに行くだけではく食事や移動費、そして場合によっては宿泊費などもかかると考えると自分が自由にできるお金がなくなると思い、恋人を作ることを躊躇してしまうとか。

女性の立場からすると高価なプレゼントを要求する人はほんの一部の人であって、全員が高価なプレゼントを待っているわけではありません。そして付き合いはじめたばかりでデート費用を全額出してもらおうということもあまり考えてはいません。

男性は全額出さなくてはという思いが強いのかもしれませんが、女性は「これは割り勘、ここは自分で出せる」というのがあるのです。「恋愛はお金がかかるもの」という固定観念を捨てることから恋愛が始まるのかもしれません。

友達が第一!友達を優先できないのなら…

「恋人ができると友達を優先できない、それなら恋人はいらない」という若い人が増えているそうです。ずっと友達と遊んできたのに彼女ができたと同時に遊べなくなるというのが自分の時間を奪われているような気がして嫌なんだそうです。

確かに相手によっては「友達より自分を優先にして欲しい」と言う人もいるかもしれませんが、全員がそうだとは限りません。特に最近は自分の時間、相手との時間をはっきりと区別する人が増えているので、思っている程束縛をするということは少なくなっているように思います。

もし本当は好きな人がいるけれども自分の時間が減らされるのが嫌だから付き合わないという人がいるのであれば、一言相談してみてはどうでしょう。案外相手も同じような考えを持っている人かもしれません。

引用元-−-女性の美学

熱中することがあると恋愛は面倒

HOTE86_makuragyu15234016-thumb-815xauto-14693

恋愛が面倒なのは趣味に熱中しているから

恋愛が面倒だと感じる理由のひとつは、趣味に集中しているからです。

趣味に没頭しすぎている人は、自分の持っている自由時間を、すべて趣味に使いたいと考えています。そのような人は、気持ちやメールや休日の時間を恋人とやり取りしたり恋愛に使うよりも、もっと趣味に費やしたいと考えてしまいます。

また、定期的な趣味の仲間との集まりなども忙しく、先の予定まで埋まっているため、恋愛にじっくり時間を取ることができません。趣味に熱中したいという思いが、恋愛が面倒だと考える理由のひとつです。

恋愛が面倒なのは趣味に熱中しているから

恋愛が面倒だと感じる理由のひとつは、仕事に集中したいからです。

新しく就職した、転職をした、昇進した、チームが変わった、プロジェクトを任された、決算の時期である、など、誰でも仕事に集中したい時期があります。

慣れるまでの一定期間、プロジェクトに区切りがつくまでの一定期間、または気持ちが落ち着くまでは、他のことに気を使わずに、仕事を優先していたい時期です。

そんな時は、恋愛でゆっくり時間を取ることは、なかなかできません。

恋愛に気持ちを使う余裕はなく、頭のどこかには仕事を考えている状態になります。仕事に集中したいという思いが、恋愛を面倒だと感じる理由のひとつです。

引用元-−-こいぴた

「面倒くさい」と女性が思うのは

これは男女共に感じるものですが、特に女性は男性からのアプローチが熱心すぎると面倒くさいと感じることがあります。

ただ単に面倒だと思うだけならまだマシですが、「ガツガツしすぎて気持ち悪い」と拒否されてしまうこともあります。

真面目で誠実なアプローチは重すぎて受け止めるのが難しい。

それよりもちょっと遊ぶ男友達のような関係性の方が爽やかで付き合いやすい。

男性は男性で付き合う前は女性からの連絡が嬉しいのですが、いざ付き合いが長期化すると、 だんだんと相手に飽きてくることがあります。

そんな時にベタベタされたり、間をおかないメールや電話が来るとついついシカト、無視したくなります。

好き好きとアピールしすぎるよりも、焦らされて会った時にたまに好意を示してくれる方が人は嬉しいものです。

相手を喜ばせたいと思う余りに束縛するようなしぐさや態度を取ってしまうと、 相手は逆に自分の生活スタイルを崩されるかもしれないと思って自由を求めて逃げたくなります。

デートをしたい、会いたいという気持ちは大切なものですが、 時にはお互いに関与しないプライベートな時間を作ってあげることが良好な人間関係を生みます。

例え結婚している夫婦でもラブラブなカップルでも四六時中一緒では疲れるものです。

「面倒くさい」と思われる前に適度の距離を置くことを覚えましょう。

愛情は会っている時よりも会っていない時に育まれるものです。

引用元-−-付き合うのが面倒、男女の温度差

恋愛が面倒だなと感じる瞬間

そこで今回は、572名のマイナビ会員の女性に、恋愛って面倒だなと感じる瞬間についてアンケートをしました。彼女との関係に悩んでいる男性にとっても必見のアンケートです。

引用元-−-Ameba News [アメーバニュース]

Q.恋愛って面倒だなと感じる瞬間を教えてください(複数回答)
1位 相手の気持ちがわからない 25.4%
2位 メールや電話が頻繁すぎるとき 22.6%
3位 ケンカをしたとき 21.9%
4位 友人の誘いとデートが重なったとき 19.9%
5位 異性の友達と遊んで、ヤキモチをやかれたとき 15.0%

■相手の気持ちがわからない
・「相手の気持ちがわからなくて不安になると面倒だと思う」(27歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)
・「ころころ態度が変わって、そのたびに悩むとき」(24歳/情報・IT/事務系専門職)
・「自分は好きだけど、それが伝わっているかわからない」(28歳/情報・IT/技術職)

■メールや電話が頻繁すぎるとき
・「一人の時間に何通もメールが来るとちょっと……と思います」(25歳/その他/クリエイティブ職)
・「頻繁に用事もないのにメールしてきて、返事をしないと電話までしてくると、ウザい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「日記のような返信しにくいメールを送られても困る。ふーん、だから? と思ってしまう」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■ケンカをしたとき
・「ケンカをして、毎回同じような理由のときはイライラする」(23歳/金融・証券/専門職)
・「原因は大抵私なので、謝るタイミングが難しい」(24歳/商社・卸/営業職)
・「どちらかが謝るまで、とてもイライラモヤモヤして、仕事や遊びが手につかないから」(29歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

引用元-−-Ameba News [アメーバニュース]

「恋愛を面倒」を脱出するには?

「一番いいきっかけとなるのは、“相手を本当に心から好きになること”、“理想的な相手を見つけること”です。『煩わしくてもこの人とは一緒にいたい!』と思えるほど好きになれる相手なら、自然に抜け出せるでしょうし、お互いの価値観のギャップが少なければ面倒くささも少ないはずです。誰かと関わるということは、そもそも面倒なもの。いいところ取りをできることではありません。愛されているというプラスの要素を手に入れるということは、それを継続していくための不安や煩わしさというマイナスの要素もひっくるめて受け入れることなのです。そして、“自分を好きになること”、“裏表のない自然体でいること”も大切。でも、実はこれが難しいという方が多いのが現状ではないでしょうか。前述したように、自分を演じている人ほど恋愛を面倒だと感じてしまうものですが、自然体でいれば努力も少なくて済みますよね」

確かに、冒頭のアンケートで「面倒だと感じたことがある」と答えた人のうち、「恋愛は面倒だと思う状況から抜け出せた」と回答した80%の人も、「好きな人を見つけられたから」(31歳)、「自分の意見を素直に言うようになって、素の自分を受け入れてくれる人と出会えたから」(29歳)、「そのままでも好きだと言ってくれる人がいるから」(34歳)と言っていました!

恋愛は、自分を嫌いになったりイライラしたりと確かに面倒だけど、いろんな経験をさせてくれるし、多くのものを私たちに与えてくれます。私も、「恋愛って面倒〜」とか言ってないで、“自然体でいること”と“好きな人を見つけること”を肝に銘じて頑張りたいと思いますっ!(

引用元-−-セキララ★ゼクシィ

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ