話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

恐ろしい肺気胸の実態をもっと知ろう!

2014.12.2

近年注目されるCOPDなど、肺の病気で亡くなる方も増えてきており

最近は報道番組でも取り上げられる肺気胸について

原因や症状などの情報をまとめました。

肺気胸とはどんな病気?

lung

肺気胸とは、なんらかの原因で胸の膜に穴があき、肺が縮んでしまった状態の事をいいます。
もう少し詳しく説明すると、肺を覆う肺胸膜(内側の胸膜)と壁側胸膜(外側の胸膜)の間には胸膜腔があります。
この胸膜腔の圧力作用により肺は膨らむことができるわけです。
その圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開いた状態になることにより肺気胸となります。
肺気胸のなかでも多いのが、胸にできたのう胞(空気の袋)が破裂して胸膜に穴が開く特発性の気胸です。
肺気胸は痩せ型の青年男子に多い病気ですが、のう胞ができやすいからのようです。ただ、なぜのう胞が出来やすいのか原因は分かっていません。
特殊な気胸に緊張性気胸があります。空気が一方的に胸膜腔に入り込み圧力を高め、肺を押しつぶし肺が著しく縮みます。これは、命にかかわりますので、早期診断、早期治療が望まれます。

引用元-肺気胸(自然気胸)とは

肺気胸と肺気腫は違うのか?

○肺気種と気胸の関係
気胸の原因にはいくつかありますが、外傷によるものではなく自然に起こるものの中では、ブラ・ブレブが破れて起こる例が大部分を占めます。ブラとは、肺の先端の方にある肺胞の袋が壊れ、肺胞同士がつながって大きな空洞ができた状態です。ブレブは胸膜内や胸膜直下にできた空洞です。
このブラの存在は、肺気腫でもみられます。そのため、もともと肺気腫があって、肺気腫から気胸になるということが起こります。

○肺気腫との違い
原因となるブラは、肺気腫ではタバコや老化などによって肺胞の壁が破壊されて起こりますが、気胸でははっきりした原因は指摘されていません。
また、肺気腫と気胸どちらも、やせ形の男性に多いのですが、肺気腫が高齢者に多いのに対して、気胸は若い男性でも多くみられます。
そして、肺気腫が慢性的な進行性の病気であるのに対し、気胸は、再発がみられることはありますが進行性の病気ではありません。

引用元-肺気腫

肺気胸の症状を知る

気胸は突然肺に穴が開いて空気が胸腔(きょうくう)に漏れる疾患です。
症状としては胸痛、呼吸困難、咳がありますが、まれに症状がないのに胸部レントゲン検査で発見されることがあります。
空気が大量に漏れると、肺がしぼみ、さらに心臓を圧迫してショックになることがあります。また、同時に左右肺の気胸を起こすと大変です。

引用元-東京慈恵会医科大学付属 柏病院

背中の痛みと肺気胸の関連性はあるのか

肺気胸の初期症状では、

・息を吸っても吸った感じがしない

・息苦しい

・咳がよく出る

・背中が痛い

・肩甲骨あたりが痛い

といった症状がみられます。
また進行した場合には、
突然の胸の痛みや突然の息切れ、
呼吸困難といった症状もあるようです。

初期症状に背中の痛みと言うものも
ありますが、背中が痛いからと言って、

すぐに病院に行くという人も少なく、
発見が遅くなってしまうことも考えられます。
初期症状の幾つかは、風邪の症状にも似ているので
しばらくしたら治るだろうと考える人が多いようです。
実際に肺気胸になった場合は
どのように治療するかと言うと
症状の具合によっても違います。
軽度の場合には1週間程度で
自然治癒できます。

中度の場合には入院して、処置をします。

重度の場合には手術が必要になります。

引用元-トレンド豆知識

肺気胸は突然発症し、胸や背中に違和感や痛みを感じる場合がほとんど?

多くは突然発症する。呼吸をしても大きく息が吸えない、激しい運動をすると呼吸ができなくなるなどの呼吸困難、酸素飽和度の低下、頻脈、動悸、咳などが見られる。発症初期には肩や鎖骨辺りに違和感、胸痛や背中への鈍痛が見られることがあるが、肺の虚脱が完成すると胸痛はむしろ軽減する。痛みは人によって様々で、全く感じない人もいれば、軽微の気胸で激痛を感じる人もいる。

自然気胸の場合、両方の肺が同時に発症することは稀だが、片方の肺が発症するともう一方に負担がかかるので、可能性は少なからずある。この場合は酸素が供給されないため危険である。症状が悪化すると、胸部の皮膚に気泡のようなもの(皮下気腫 en:Subcutaneous emphysema)が現われることもある。

引用元-ウィキペディア

男性だけでなく女性も起こりうる肺気胸

月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)という変わった気胸があります。これは生理(月経)の前後に発症する気胸です。
月経随伴性気胸の原因は、子宮内膜症が横隔膜に広がり、生理のときに横隔膜に穴が開くことにより空気が胸腔に空気が入り気胸となる、あるいは肺に子宮内膜症があり生理に際して穴が開くことが原因であると考えられています。

気胸は女性には比較的少ないので、女性が気胸を起こしたときは、月経随伴性気胸の可能性を考えておかなくてはなりません。治療は外科療法かホルモン療法を行います。

引用元-東京慈恵会医科大学付属 柏病院

肺気胸に関するTwitterでのつぶやき

https://twitter.com/saitama81/status/527412778475077632

https://twitter.com/Be_with_Fate/status/527021868008501248

https://twitter.com/shikkokuno/status/526577387660509184

 - 健康・病気