最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

意外な理由!? 日焼けオイルを塗る理由とは?

      2016/06/07

意外な理由!? 日焼けオイルを塗る理由とは?

日焼けオイルを塗るのにはそれなりの理由があります。

それを知らずに何も塗らないで日焼けすると後で後悔することにもなります。

そうならないためにも、まずは日焼けの仕組みと日焼けオイルを塗る理由を正しく理解しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


日焼けする理由とは

以前ほどではないけれど、夏になると海水浴場などに行って肌を焼こうとする人が多くいます。

小麦色の肌は健康なイメージがあるからかもしれません。

では、その小麦色の肌はどうやって作られるのでしょうか。

ご存知の通り、日焼けは紫外線の影響を受けて生じるものです。

その紫外線は皮膚を炎症させ細胞を傷つけて老化を早める要因ともなります。

そしてその紫外線にはA波とB波があります。

前者はシミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こします。

後者は火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因となるとも言われています。

日焼けは主に前者のA波の影響により肌が黒くなることを指します。

これだけならいいのですが、時にはB波の影響を受けて肌が火傷することもあります。

そして時には皮膚ガンのリスクを高めることにもなりかねません。

こういった事態を避ける意味でも、日焼けオイルを使う理由を正しく理解して適切に使用する必要があるのです。

日焼けオイルを塗らないとどうなるのか

何のオイルも塗らずに太陽からの紫外線を浴びるとどうなるのか。

そうすると、先に説明したようにA波とB波の影響を同時に受けることになります。

つまり、肌の細胞が老化現象を起こすだけでなく、肌の火傷を引き起こして皮膚ガンのリスクが高まることにもなりかねません。

このことを理解していない多くの人はオイルを塗らずに日焼けをしています。

紫外線の影響が理解できた貴方はそういった行為がいかに危険かもう理解できたと思います。

だからといって紫外線を恐れる必要はありません。

適切なオイルを正しく使用すれば紫外線の害から肌を守ることができるのです。

では、どうのようなオイルを使えばいいのでしょうか。

次からは、日焼けしたくない場合、適切に日焼けをしたい場合に分けてオイルの正しい使い方を説明していきます。

オイルの正しい使い方が理解できれば紫外線の影響を恐れることもなく楽しく日焼けすることができるでしょう。

健康的な小麦色の肌を目指しましょう。

日焼け止めオイルを塗る理由とは

日焼け止めオイルは日焼けしたくないときに肌に塗ります。

このオイルは先に説明した紫外線のA波とB波の両方をブロックしてくれます。

つまり、老化現象を起こすこともなく炎症や火傷といったトラブルを引き起こすこともありません。

そのため、肌を白いままの状態を保つことができるのです。

一昔前までは小麦色の肌がもてはやされていました。

しかし、今はむしろ美白の肌の方がもてはやされるようになりました。

紫外線のA波とB波の両方をブロックしてくれる日焼け止めオイルは美白の肌にあこがれる人が使うようになりました。

また、美白にこだわらずとも皮膚ガンのリスクを低減しようとする人も使うようになりました。

もしかして、こちらの方が多いかもしれません。

年代別の日焼け止めオイルの消費量にはこういった世相が反映されているのかもしれませんね。

今はネットで何でも調べられる時代になりました。

ここでは触れませんが興味がある方は調べてみてはどうでしょうか。

日焼けオイルを塗る理由とは

日焼け止めオイルを塗る理由が分かれば、日焼けオイルを塗る理由も分かると思います。

そうです、日焼けのリスクを承知したうえで肌を焼いて小麦色の肌を楽しみたい人に欠かせないのが日焼けオイルやローションです。

日焼けオイルやローションは先に説明した紫外線のB波のみをブロックしてくれます。

しかし、A波をブロックする機能はありません。

つまり、B波の影響を受けずにA波の影響だけを受けることになります。

その結果、炎症や火傷といったトラブルを引き起こすことも皮膚ガンのリスクが高まることもなく肌を焼くことができるのです。

ただし、A波の影響を受けるのでシミやソバカスの老化現象も同時に引き起こすことになります。

老化現象を引き起こさずに肌を焼くという夢のようなオイルはいまのところ開発されていません。

そして、これからも開発されることはないでしょう。

肌を焼くということは同時に肌を老化させるということを肝に銘じておきましょう。

日焼けオイルや日焼け止めオイルが紫外線から肌を守る目安とは

日焼けオイルや日焼け止めオイルといったUVカット化粧品とは日焼けを起こす紫外線を遮って皮膚に届かなくする成分を含んだ化粧品のことをいいます。

そして紫外線をさえぎるには、それを反射する方法とそれを吸収する方法の二通りがあります。

紫外線を遮る効果はPAあるいはSPFという単位で表されます。

PA:紫外線A波に対する効果を表した指数(+、++、+++の三種類があり+が多いほど効果が大きい)

SPF:日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかを表す尺度(SPF5の化粧品を塗ると、何も塗らなければ10分で日焼けするひとが50分経ってはじめて日焼けする)

これらがしっかりと理解できればもう紫外線を恐れることはありません。

適切なオイルを使用して美白の肌や小麦色の肌を楽しみましょう。

なお、その年の天候に影響を受けますが国内で紫外線量が最も多くなるのは7月から8月です。

この時期は日焼けオイルや日焼け止めオイルが最も売れる時期となります。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ