最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

意外な理由!? 日焼けオイルを塗る理由とは?

      2016/06/07

意外な理由!? 日焼けオイルを塗る理由とは?

日焼けオイルを塗るのにはそれなりの理由があります。

それを知らずに何も塗らないで日焼けすると後で後悔することにもなります。

そうならないためにも、まずは日焼けの仕組みと日焼けオイルを塗る理由を正しく理解しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


日焼けする理由とは

以前ほどではないけれど、夏になると海水浴場などに行って肌を焼こうとする人が多くいます。

小麦色の肌は健康なイメージがあるからかもしれません。

では、その小麦色の肌はどうやって作られるのでしょうか。

ご存知の通り、日焼けは紫外線の影響を受けて生じるものです。

その紫外線は皮膚を炎症させ細胞を傷つけて老化を早める要因ともなります。

そしてその紫外線にはA波とB波があります。

前者はシミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こします。

後者は火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因となるとも言われています。

日焼けは主に前者のA波の影響により肌が黒くなることを指します。

これだけならいいのですが、時にはB波の影響を受けて肌が火傷することもあります。

そして時には皮膚ガンのリスクを高めることにもなりかねません。

こういった事態を避ける意味でも、日焼けオイルを使う理由を正しく理解して適切に使用する必要があるのです。

日焼けオイルを塗らないとどうなるのか

何のオイルも塗らずに太陽からの紫外線を浴びるとどうなるのか。

そうすると、先に説明したようにA波とB波の影響を同時に受けることになります。

つまり、肌の細胞が老化現象を起こすだけでなく、肌の火傷を引き起こして皮膚ガンのリスクが高まることにもなりかねません。

このことを理解していない多くの人はオイルを塗らずに日焼けをしています。

紫外線の影響が理解できた貴方はそういった行為がいかに危険かもう理解できたと思います。

だからといって紫外線を恐れる必要はありません。

適切なオイルを正しく使用すれば紫外線の害から肌を守ることができるのです。

では、どうのようなオイルを使えばいいのでしょうか。

次からは、日焼けしたくない場合、適切に日焼けをしたい場合に分けてオイルの正しい使い方を説明していきます。

オイルの正しい使い方が理解できれば紫外線の影響を恐れることもなく楽しく日焼けすることができるでしょう。

健康的な小麦色の肌を目指しましょう。

日焼け止めオイルを塗る理由とは

日焼け止めオイルは日焼けしたくないときに肌に塗ります。

このオイルは先に説明した紫外線のA波とB波の両方をブロックしてくれます。

つまり、老化現象を起こすこともなく炎症や火傷といったトラブルを引き起こすこともありません。

そのため、肌を白いままの状態を保つことができるのです。

一昔前までは小麦色の肌がもてはやされていました。

しかし、今はむしろ美白の肌の方がもてはやされるようになりました。

紫外線のA波とB波の両方をブロックしてくれる日焼け止めオイルは美白の肌にあこがれる人が使うようになりました。

また、美白にこだわらずとも皮膚ガンのリスクを低減しようとする人も使うようになりました。

もしかして、こちらの方が多いかもしれません。

年代別の日焼け止めオイルの消費量にはこういった世相が反映されているのかもしれませんね。

今はネットで何でも調べられる時代になりました。

ここでは触れませんが興味がある方は調べてみてはどうでしょうか。

日焼けオイルを塗る理由とは

日焼け止めオイルを塗る理由が分かれば、日焼けオイルを塗る理由も分かると思います。

そうです、日焼けのリスクを承知したうえで肌を焼いて小麦色の肌を楽しみたい人に欠かせないのが日焼けオイルやローションです。

日焼けオイルやローションは先に説明した紫外線のB波のみをブロックしてくれます。

しかし、A波をブロックする機能はありません。

つまり、B波の影響を受けずにA波の影響だけを受けることになります。

その結果、炎症や火傷といったトラブルを引き起こすことも皮膚ガンのリスクが高まることもなく肌を焼くことができるのです。

ただし、A波の影響を受けるのでシミやソバカスの老化現象も同時に引き起こすことになります。

老化現象を引き起こさずに肌を焼くという夢のようなオイルはいまのところ開発されていません。

そして、これからも開発されることはないでしょう。

肌を焼くということは同時に肌を老化させるということを肝に銘じておきましょう。

日焼けオイルや日焼け止めオイルが紫外線から肌を守る目安とは

日焼けオイルや日焼け止めオイルといったUVカット化粧品とは日焼けを起こす紫外線を遮って皮膚に届かなくする成分を含んだ化粧品のことをいいます。

そして紫外線をさえぎるには、それを反射する方法とそれを吸収する方法の二通りがあります。

紫外線を遮る効果はPAあるいはSPFという単位で表されます。

PA:紫外線A波に対する効果を表した指数(+、++、+++の三種類があり+が多いほど効果が大きい)

SPF:日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかを表す尺度(SPF5の化粧品を塗ると、何も塗らなければ10分で日焼けするひとが50分経ってはじめて日焼けする)

これらがしっかりと理解できればもう紫外線を恐れることはありません。

適切なオイルを使用して美白の肌や小麦色の肌を楽しみましょう。

なお、その年の天候に影響を受けますが国内で紫外線量が最も多くなるのは7月から8月です。

この時期は日焼けオイルや日焼け止めオイルが最も売れる時期となります。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ