最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

慢性疲労症候群とは?原因やチェック方法、改善方法など

      2016/06/07

慢性疲労症候群とは?原因やチェック方法、改善方法など

いつも疲れた感じがする…

もしかしたら慢性疲労症候群かもしれません。

そんな現代病の慢性疲労症候群の症状やチェック方法

予防方法などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


慢性疲労症候群とは?


慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)は、原因不明の強度の疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気である。

英語 chronic fatigue syndrome や myalgic encephalomyelitis(筋痛性脳脊髄炎)、 post-viral fatigue syndrome(ウイルス感染後疲労症候群)の頭文字から CFS、ME、PVFS と呼ばれる。

また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから、chronic fatigue and immune dysfunction syndrome(慢性疲労免疫不全症候群)CFIDSという呼称をアメリカ患者団体が利用してもいる。以下 CFS と略す。

患者が訴える主な症状は、身体及び思考力両方の激しい疲労と、それに伴い、日常生活が著しく阻害されることである。

引用元-ウィキペディア

慢性疲労症候群の症状

1. 重篤な疲労がある
・6ヶ月以上継続する。
・日常生活が出来なくなる。
・労作・運動・その他のストレスで増悪する。
・頭痛・咽頭痛

2.リンパ節の腫大と痛みがある

3.咽頭痛・頭痛・関節痛・腹痛・筋肉痛・微熱などがある

4.認知障害がある
・特に集中力と睡眠の困難が伴うことがある。

5.ウイルス性症候群に近い初期症状がある
・腺の腫れ
・極度の疲労
・熱がある
・上気道症状

6.以下の症状は見られない
・筋力低下
・関節炎
・ニューロパシー(末梢神経の障害)
・臓器肥大

引用元-ナオルコム

慢性疲労症候群セルフチェック

この病気を患っているかどうかを簡単に判断するため、自分でできる慢性疲労症候群チェックを用意しました。

厳密な判定基準にはなりませんが、疲労度チェックとして参考にはなると思います。セルフチェックの結果、不安を覚えるようでしたら医師の診察を受けましょう。

慢性疲労症候群セルフチェックはコチラ

引用元-慢性疲労症候群を正しく知るサイト

予防と改善のために

(1) ストレスをためない
慢性疲労症候群のきっかけになりやすいのが、ストレスの蓄積です。
仕事や家事、育児などのストレスを避けることは難しい面がありますが、その一方で、自分で余分なストレスをためこんでいることもあります。
夜更かし、アルコールの飲みすぎ、パソコンのやりすぎ、紫外線を長時間浴びる、風邪を放置するなどです。
こうしたストレスをできるだけ避けることが大切です。

(2) 適度の運動をする
運動はやりすぎると、かえって身体的なストレスとなります。
でも適度の運動は、リフレッシュ効果もあり、免疫力を高めます。
散歩やウオーキング、プールでの水中歩行など、気分転換をかねた軽い運動を習慣にしましょう。
疲労状態が続くと、運動をやる気が起こらなくなることもあります。
その場合には医師やスポーツクラブのインストラクターなどに相談して運動メニューをつくってもらい、目標を決めて運動をするといいでしょう。

(3) 食事を見直す
食生活の偏りが、慢性疲労の一因となっていることがあります。
とくに肉食が多く、野菜が少ない人は、スタミナ不足になりがちです。
一般に疲労しやすい人は、慢性的にビタミンやミネラルが不足している傾向があります。
疲れがたまっていると感じたら、ニラ、タマネギ、カボチャ、アシタバ、イチゴ、豚肉、納豆などをバランスよくとるようにしましょう。
疲労しやすい体質を改善するには、今まであまり食べていなかった食品を取り入れるのも効果的です。
例えば、日ごろご飯をあまり食べない人がご飯を食べることで、疲労回復効果のある亜鉛を多くとることができます。
ヨーグルトを食べない人が、ヨーグルトを食べることで腸内環境が改善されると、栄養の吸収がよくなり、疲労回復につながります。

引用元-オムロン

慢性疲労症候群に効果的なサプリ成分

・プラセンタ
ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの豊富な栄養素と、疲労回復作用、精神安定作用、自律神経調節作用、内分泌調節作用、抗アレルギー・抗炎症作用、免疫腑活作用などの優れた作用があり、これらが複合的に作用して慢性疲労の回復、慢性疲労症候群の症状改善に効果がある

・ビタミン
慢性疲労症候群の患者には、ビタミンB群、ビタミンCなどが不足しているので、体内では合成されないビタミンは、人間の生理学的機能に作用して、生体リズムと体調の調節や疲労回復、免疫力向上、疾患の予防、疾患からの回復促進などの効果がある

慢性疲労症候群に関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ