最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

所得税控除の所得103万円はフリーターも同じです

      2016/06/07

所得税控除の所得103万円はフリーターも同じです

学生のアルバイトやフリーターには税金についての知識が乏しい人が少なくありません。

そのため、何も知らずに103万円以上の所得を稼げば、自分に所得税がかかるだけでなく、親の税金が高くなる場合もあるのです。

今回は、そんなフリーターにとっての103万円の壁について紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

スポンサーリンク


フリーターも年齢によっては所得税控除の扶養家族になれる

フリーターも所得税控除の扶養家族になれると聞いたら驚くでしょうか。一般には、それなりに働いているのだから、扶養家族になれないと考えられていることでしょう。実は、フリーターも年齢によっては所得税控除の扶養家族になれるのです。そうなれば、フリーターを扶養することになる親は扶養控除を受けられることになるので、所得税が安くなります。ただし、そのためは一定の条件を満たしていることが必要です。

まず、基本的に扶養者である親と一緒に暮らしていることが必要です。そのため、働いておらず仕事もしていないニートも扶養家族の対象となります。そのとき、年齢制限があります。親と一緒に暮らしていれば誰でも扶養家族になれるというわけではありません。それは、16歳以上と決められています。そのため、15歳以下の子供は扶養家族とは認められません。もっとも、その年頃の子供は義務教育を受けることになっているので、学校をさぼってアルバイトに精を出している場合ではありませんが。

フリーターも所得によっては所得税控除の扶養家族になれる

親と同居しており16歳以上になれば扶養家族の対象になるとは限りません。そこには所得の制限というものがあります。

フリーターとして得た所得が年間38万円以下であることが必要です。ただし、働いた収入が給与所得のみであるばあい、年間103万円以下であることが必要です。それ以上の収入があれば扶養家族になることはできません。

青色申告する個人事業主のもとで働いて給料を得ていないこと、あるいは、白色申告をする個人事業主のもので一度も働いていないことも必要です。

このように、フリーターとしての給与所得が年間103万円以下の場合は基本的に所得控除の対象となる扶養家族になることができます。ただし、親が個人事業主だった場合は話しは違ってきます。

たとえば、親が青色申告する個人事業主だった場合です。フリーターとしての給与所得が年間103万円以下だったとしても、親の仕事に従事して給料をもらえば親の扶養家族になることはできません。あるいは、親が白色申告する個人事業主だった場合、親の仕事に従事すればフリーターとしての所得に関係なく、親の扶養家族になることはできません。

所得が103万円を超えたフリーターの場合

学生アルバイトやフリーターの多くは、税金のことは見て見ぬふりをしているのではないでしょうか。しかし、所得が103万円を超えれば、所得税を払わなければけません。それは、基礎控除としての38万円と給与所得控除の65万円を超えてしまうからです。逆にいえば、所得が103万円を超えなければ、この二つの控除で課税所得がマイナスになります。

もちろん、税金のも借金と同じく時効というものがあります。つまり、ある程度時間が経てば所得税は払わなくてもよくなるということです。しかし、それを期待してはいけません。もし、申告していないことが税務当局に分かってしまうと、某著名人のように後から追徴課税されることにもなります。しかも、それはたとえ自己破産してもなくなりません。

また、本人に所得税がかかるだけでなく、親の扶養に入っている場合は、先に説明したように所得が103万円を超えれば扶養家族ではなくなります。そのため、親は扶養控除を受けられず、その結果所得税が高くなってしまうのです。

所得が103万円を超えた妻の場合

夫の扶養に入っている妻の所得が103万円を超えた場合も、いくつか問題が出てきます。

まず、妻が夫の扶養に入っている場合、夫は扶養控除を受けられなくなります。そのため、先の例と同じように夫の所得税が高くなってしまいます。影響はそれだけではありません。妻は自分で所得税や住民税を払わなければいけなくなります。

先に説明したように、所得税には基礎控除としての38万円、給与所得控除の65万円の合計103万円の控除があります。所得が少なければ控除後の所得はマイナスになり、課税対象にはなりません。しかし、そうでなければ国に払う所得税だけでなく、自治体に払う住民税も自分で払わなければいけなくなるです。そうなれば、パート先では給料からこれらの税金が源泉徴収されることになります。つまり、手取りの給料が減ってしまうということです。

このように、メディア等でよく耳にする「103万円の壁」というものは、フリーターにとっても扶養に入っている妻にとっても、意外に高いものだということが分かります。

フリーターが扶養家族になった場合の控除額

フリーターが扶養家族になった場合の控除額は、本人の年齢によって変わってきます。フリーターが16歳以上の場合は38万円が控除されます。また、19歳以上23歳未満の場合は63万円が控除されます。25万円の増額です。これは、年齢が高くなると扶養する側も何かと出費がかさむということを配慮した結果かもしれません。

まとめ

フリーターであったとしても、国民の義務である納税の義務があります。もしも、年間の所得が103万円を超えたのであれあ、きちんと申告して税金を納めましょう。確かに、申告しなければ税金を納めなくても済むかもしれません。税務当局にバレない限りは。しかし、一度バレると過去に遡って追徴されます。しかも、それは自己破産しても消えません。

この先、就職活動するときに、過去に追徴課税されたという事実は大きなハンディになることも考えられます。もちろん、「若気の至り」で済まされるはずもありません。特に信用を第一にする業界であれば、なお更です。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ