最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

所得税控除の所得103万円はフリーターも同じです

      2016/06/07

所得税控除の所得103万円はフリーターも同じです

学生のアルバイトやフリーターには税金についての知識が乏しい人が少なくありません。

そのため、何も知らずに103万円以上の所得を稼げば、自分に所得税がかかるだけでなく、親の税金が高くなる場合もあるのです。

今回は、そんなフリーターにとっての103万円の壁について紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

集団行動が苦手な人が克服するのにおすすめな方法

社会人になると集団で行動する機会も増えるので、苦手意識を持っ...

年金を払ってないことによる老後の心配ポイントを解説!

年金を払ってないことで老後の生活も心配になりますが、今の生活...

年収800万でも生活が苦しい?生活苦の原因と対処法とは

年収800万円もあるのに生活が苦しいと嘆いている人もいますが...

胃腸炎で病院へ行く、行かないの判断はこれ!

ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気...

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

スポンサーリンク


フリーターも年齢によっては所得税控除の扶養家族になれる

フリーターも所得税控除の扶養家族になれると聞いたら驚くでしょうか。一般には、それなりに働いているのだから、扶養家族になれないと考えられていることでしょう。実は、フリーターも年齢によっては所得税控除の扶養家族になれるのです。そうなれば、フリーターを扶養することになる親は扶養控除を受けられることになるので、所得税が安くなります。ただし、そのためは一定の条件を満たしていることが必要です。

まず、基本的に扶養者である親と一緒に暮らしていることが必要です。そのため、働いておらず仕事もしていないニートも扶養家族の対象となります。そのとき、年齢制限があります。親と一緒に暮らしていれば誰でも扶養家族になれるというわけではありません。それは、16歳以上と決められています。そのため、15歳以下の子供は扶養家族とは認められません。もっとも、その年頃の子供は義務教育を受けることになっているので、学校をさぼってアルバイトに精を出している場合ではありませんが。

フリーターも所得によっては所得税控除の扶養家族になれる

親と同居しており16歳以上になれば扶養家族の対象になるとは限りません。そこには所得の制限というものがあります。

フリーターとして得た所得が年間38万円以下であることが必要です。ただし、働いた収入が給与所得のみであるばあい、年間103万円以下であることが必要です。それ以上の収入があれば扶養家族になることはできません。

青色申告する個人事業主のもとで働いて給料を得ていないこと、あるいは、白色申告をする個人事業主のもので一度も働いていないことも必要です。

このように、フリーターとしての給与所得が年間103万円以下の場合は基本的に所得控除の対象となる扶養家族になることができます。ただし、親が個人事業主だった場合は話しは違ってきます。

たとえば、親が青色申告する個人事業主だった場合です。フリーターとしての給与所得が年間103万円以下だったとしても、親の仕事に従事して給料をもらえば親の扶養家族になることはできません。あるいは、親が白色申告する個人事業主だった場合、親の仕事に従事すればフリーターとしての所得に関係なく、親の扶養家族になることはできません。

所得が103万円を超えたフリーターの場合

学生アルバイトやフリーターの多くは、税金のことは見て見ぬふりをしているのではないでしょうか。しかし、所得が103万円を超えれば、所得税を払わなければけません。それは、基礎控除としての38万円と給与所得控除の65万円を超えてしまうからです。逆にいえば、所得が103万円を超えなければ、この二つの控除で課税所得がマイナスになります。

もちろん、税金のも借金と同じく時効というものがあります。つまり、ある程度時間が経てば所得税は払わなくてもよくなるということです。しかし、それを期待してはいけません。もし、申告していないことが税務当局に分かってしまうと、某著名人のように後から追徴課税されることにもなります。しかも、それはたとえ自己破産してもなくなりません。

また、本人に所得税がかかるだけでなく、親の扶養に入っている場合は、先に説明したように所得が103万円を超えれば扶養家族ではなくなります。そのため、親は扶養控除を受けられず、その結果所得税が高くなってしまうのです。

所得が103万円を超えた妻の場合

夫の扶養に入っている妻の所得が103万円を超えた場合も、いくつか問題が出てきます。

まず、妻が夫の扶養に入っている場合、夫は扶養控除を受けられなくなります。そのため、先の例と同じように夫の所得税が高くなってしまいます。影響はそれだけではありません。妻は自分で所得税や住民税を払わなければいけなくなります。

先に説明したように、所得税には基礎控除としての38万円、給与所得控除の65万円の合計103万円の控除があります。所得が少なければ控除後の所得はマイナスになり、課税対象にはなりません。しかし、そうでなければ国に払う所得税だけでなく、自治体に払う住民税も自分で払わなければいけなくなるです。そうなれば、パート先では給料からこれらの税金が源泉徴収されることになります。つまり、手取りの給料が減ってしまうということです。

このように、メディア等でよく耳にする「103万円の壁」というものは、フリーターにとっても扶養に入っている妻にとっても、意外に高いものだということが分かります。

フリーターが扶養家族になった場合の控除額

フリーターが扶養家族になった場合の控除額は、本人の年齢によって変わってきます。フリーターが16歳以上の場合は38万円が控除されます。また、19歳以上23歳未満の場合は63万円が控除されます。25万円の増額です。これは、年齢が高くなると扶養する側も何かと出費がかさむということを配慮した結果かもしれません。

まとめ

フリーターであったとしても、国民の義務である納税の義務があります。もしも、年間の所得が103万円を超えたのであれあ、きちんと申告して税金を納めましょう。確かに、申告しなければ税金を納めなくても済むかもしれません。税務当局にバレない限りは。しかし、一度バレると過去に遡って追徴されます。しかも、それは自己破産しても消えません。

この先、就職活動するときに、過去に追徴課税されたという事実は大きなハンディになることも考えられます。もちろん、「若気の至り」で済まされるはずもありません。特に信用を第一にする業界であれば、なお更です。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ