最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

手伝い感覚はNG! 旦那も家事を分担すべき理由

      2016/06/07

手伝い感覚はNG! 旦那も家事を分担すべき理由

あなたは家事を手伝っていますか?それとも分担していますか…?単なる言葉遊び?いえいえ、そうではありません。

家事のことを、本来は妻が全てやるものと考える旦那は未だに多く、このことがきっかけで夫婦仲が冷えていくことは珍しくありません。

旦那であるあなたの考え方一つで、家事に対するお互いの不満は消せるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


話題の”家事ハラ”という言葉にちょっと待った! の声は多数 …何故?

作家の乙武洋匡さん(38)は16日、ツイッターで「そもそも、共働き夫婦なら『夫が家事を”手伝う”』という表現がおかしいよね」と疑問を投げかけた。調査では「あなたは(あなたの夫は)自宅で家事を手伝ったことがありますか?」という設問が最初にあり、「よく手伝う」の47.2%と「たまに手伝う」の6.6%を足して、9割以上が「手伝ったことがある」としていた。

同様の指摘は他にもみられ、

「家事は手伝いではなくて仕事」
「『手伝い』ということは監督権は妻。評価が高いか低いかの話なのですが」
「共稼ぎ夫婦では、夫の家事(子供がいたら育児も含みます)は手伝いじゃなくて妻との共同作業です」
といった意見が寄せられていた。

また、妻からの家事におけるダメ出しを「ハラスメント」と定義することに対しても「『指導・指摘』と『ハラスメント』が混同している」などと反論は多い。セクハラ・パワハラ防止コンサルタントの女性は「定義がおかしい。事実を指摘して指導するのはハラスメントではない。この(調査結果をもとにした)記事自体が子育て中の女性への嫌がらせとして機能している」とツイッターで訴えた。

引用元-(2/3) 夫が受ける「妻からの家事ハラ」調査にネットで批判 「夫の家事は手伝いじゃない」「指導はハラスメントなのか」 : J-CASTニュース

旦那が家事をするのは”手伝い”ではなく”分担” その理由は?

ここで、ひとつ言っておきたいのが、実は仕事形態がどうであれ、家事というのは両方がするべき事なんです。

家事=家の事。

家は家族全ての物です。当たり前ですよね。わかっていても分担となると難しいんですよね。炊事・洗濯・掃除・・・・。まず、考えてほしい事は、自分が出来ることは何でしょうか。相手が出来ることは何でしょうか?

そして、次に考えます。自分が得意な事は何でしょうか?苦手な事は何でしょうか?

また、相手はどうでしょう。パートナーもしくは家族(子供等)の得意な事は?苦手な事は?

そこまで、キッチリ考えて回答出来るのであれば、ほら。家族の事を理解出来ていますね。

つまらない事ですが大事な事です。そうなると、自分がすべきこと、出来ること、出来ないこと、やってほしいこと、手伝えること、手伝ってほしいこと・・・・って決まってくると思います。

それを一人ではなく皆で考えることが出来れば家族円満ですよね。

早期のうちに、これらを話合っていれば、結構時間的にも余裕が出来たりするものです。

これが後になるほど、各個人の生活習慣が決まってしまうので1度流れが出来てしまうと変えにくいものです。

引用元-夫婦喧嘩してないですか!?家事分担による大きなメリット3つ | 風見鶏

とはいえ、実質旦那より家事の負担が多い妻は、ストレスを感じがちな結果も

スウェーデンのウメオ大学の調査によると、家事分担が不平等な場合、精神的負担を強いられるのは女性だという。女性の多くが「家事に取り組む女性はパートナーの男性より不利だ」と感じている。
 研究チームは、1981~2007年に723人を対象に、男女のストレス反応の違いについて調査を行った。

 それによると、不安や焦燥感、集中力の欠如などの心理的ストレスは、21歳の時点では男女でほぼ同程度だったが、42歳になると男性はストレスのレベルが変わっていなかったのに対し、女性では増していた。

 女性が感じるストレスの主な原因は、家事分担の不平等だった。もっともストレスが強かったのは、家事をより多くこなし、パートナーとの間で男女の不平等を強く感じている女性だった。

 一方、家事を多くこなしていてもパートナーとは平等だと感じている女性は、ストレスが軽減されていたという。

 「ストレスの原因は労働自体ではありません。パートナーがサポートしてくれないと女性が思うことがストレスにつながります。不平等感は、精神的なサポートの欠落とみなされます」と、研究者は述べている。

引用元-結婚生活に大きく影響 夫婦円満の秘訣は「家事の役割分担」 | 特定保健指導 | 保健指導リソースガイド

揉めずに家事の分担を決める方法4つ

1、お互いの家事不得意、好き嫌いを出す

どうしても不得意、嫌いという家事は相手にお願いすることでストレスがなくなりお互い家事に取り組みやすくなります。

2、家事の量は同じぐらいに設定する

2つめは家事の量は同じぐらいに設定することです。
妻が料理、洗濯、買い出し、風呂に対し夫は洗濯物畳み、トイレ掃除だけでは釣り合いません。しっかり同じ家事量だと思える役割分担が必要です。

3、家事分担した役割に口を出しすぎない事

料理に文句をつけたり、洗濯の干し方が嫌だと干し方を強要したりすれば、たちまち相手はやる気を無くします。分担した家事はは各自の役割、やり方になるので口の出しすぎは禁物です。
家事分担の話し合いが出来たらお互いが役割が定着するまで表にしておくのも良いでしょう。

4、「見える」ようにして家事分担

話し合いで決まればよいのですが、なかなか上手くいかないこともあります。そんな時にはお互いの生活を「見える」様にして話し家事分担をしてみましょう。

「見える」様にするとはお互いの勤務時間、給与、ボーナス、お金の使い方、遊び方などすべてのライスタイルを表にし見比べることです。
「見える」様にすることでお互いの空き時間、平等性などが見えてくると思います。その上で家事分担をするのです。

もし夫の給与の方が良くて家事が妻寄りになってしまう場合は平等という意味で手間賃としてお小遣いをもらっても良いかもしれないですね。

「見える」様にすることできっちり平等に分担しやすくなります。

引用元-離婚の原因にもなる!共働きの家事分担で揉めない為の対策 | mama’s up(ママズアップ)

旦那・妻の家事分担、円満の秘訣は”家事に○○をつけない”!

家事に優劣をつけない
「料理をしているから偉い」「掃除をしているから偉い」ということはありません。

家事に優劣をつけてしまうと、これは夫婦間に壁が生まれる原因になってしまいます。

どんな家事にも得手不得手があり、好き嫌いがあります。

簡単な家事だけど自分は上手くできない、難しい家事だけど自分は苦には感じない。

そういう家事がひとつふたつはあるものです。

この家事が出来るから偉い、ということは無いのです。

下手に家事の優劣をつけてしまうと、夫婦同士の不公平感の原因になりかねません。

夫婦同士お互いを尊重する気持ちを大事にすることにもつながります。

偉い偉くないを決めるよりも、ありがとうと伝えることが大事ということを覚えておきましょう。

引用元-夫婦で家事分担の上手に行うコツ4つ。お互いがありがとうと言える関係になろう

お互いが気持ちよく家事を分担するには

【1】洗濯・掃除をする日を決める

朝ほど忙しい時間はありませんね。食事をした片付けもあるし、洗濯物や掃除もあります。
朝ご飯は遅く家を出る方が片づけると良いでしょう。洗うだけで、水切り容器に伏せておけば、帰って来るまでに自然に乾きます。
また、洗濯と掃除に関しては、する日を決めると良いでしょう。お子さんが2人以上いる場合は洗濯は毎日になってしまうでしょうが、夫婦2人なら洗濯も掃除も週に3回程で充分です。気になる汚れは休みの日に掃除するようにします。

【2】得意なもので分担

例えば夫が全く食事作りに関心もセンスも無い場合、「共働きだから、週に半分は作ってね」と言っても、時間がかかるだけで、美味しいものを作ることも期待出来ません。
そういう場合は、その他のこと、例えば洗濯物を干す、または畳むとか、お風呂洗いをしてもらうとか、その他のことを任せましょう。
「何でも半分」と言うのは、「言うは易く行うは難し」です。女性だって家の中の大工仕事関係を任されても当惑すると思います。
お互い得意なことはまず引き受け、それから後のことを分担するようにすると効率的です。

【3】段々と生活のリズムを掴んいく

共働きを始めてすぐに上手くいくとは限りません。
分担は最初からキッチリと決めず、少しずつ様子を見て臨機応変に対応して行くことが一番です。
例えば、どちらかが繁忙期に入ったら、少しは家事を免除して上げないと身体を壊してしまいます。
両方が忙しい時は、外食をしたり、洗濯物もすぐ乾燥機に入れて乾かすなどして、2人共に負担が掛からないようにしましょう。
何よりも身体を大事にすることが一番です。
焦らず、数年掛かりで段々と2人でリズムを掴んで行きましょう。

引用元-夫婦円満の秘訣!今知っておくべき、家事分担の方法!! | ママスタセレクト

二人で目指そう、家事・育児を柔軟にこなす”バランス夫婦”

バランス夫婦のライフスタイルが活き活きと充実して見えるのは、家事という労力の負担度ではなく、日常生活の充実度がシェアできているから。一見すると周囲からは、「家事分担が上手に出来ているから、夫婦仲もまるで恋人同士のよう」と思われがちですが、当人たちにとっては分担意識など驚くほど希薄で、いつまでも恋人同士のような夫婦関係を大切にしているからこそ、「分担なんて考えずに、一緒にやろうよ!」と考えることができるのです。

そもそも大切なのは家事や育児の分担ではなく、純粋に今、その瞬間をお互いに楽しいと感じながら生活することができるかどうか。また、そういった暮らしを送るためにお互いを思いやり、夫婦であっても適度な緊張感・距離感を保ち続けることが大切なのではないでしょうか?共働きであろうとなかろうと、家事や育児の分担ができれば誰もが幸せになれるかと言ったら、そんなことはあり得ません。単純に「愛し愛される夫婦」の日常の一コマに、たまたま家事分担があるだけのような気がします。

家事や育児の「負担度」ではなく、日常生活の「充実度」をシェアするという発想こそが、理想のライフスタイルを実現するための第一歩なのではないでしょうか?

引用元-2/2 タイミングが肝心!家事分担切り出し術 [男の子育て] All About

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ