最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

抗精神病薬エビリファイの効果効能や断薬についてなどのまとめ

      2016/06/07

抗精神病薬エビリファイの効果効能や断薬についてなどのまとめ

うつ病で抗精神病薬であるエビリファイを利用している方は多いと思いますが、自分がどんな薬を使用しているか、または家族や友人などが使用している場合も気になることだと思います。

そんな抗精神病薬エビリファイについての情報をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

スポンサーリンク


抗精神病薬エビリファイとは?

Antidepressant-Drugs

アリピプラゾール(Aripiprazole)(商品名:エビリファイ®)は大塚製薬が発見・開発し、世界60カ国・地域以上で承認されている非定型抗精神病薬の一つである。略称はARP。2006年1月に許可。
2009年、アメリカのFDAは自閉症児の癇癪を抑制する作用を承認した。

引用元-ウィキペディア

エビリファイの概要

エビリファイは最初は統合失調症という効能で認可されたのですが、気分が高まってしまって落ち着かなくなってしまったり、 何もしたくなくなるなど停滞してしまった心身活動を改善する働きをするので、気分がフラフラと変わってしまう疾患の他、イライラ落ち着かなってしまい集中力に欠けてしまった場合や、 気分が沈滞してしまい、様々な事象に対して興味が湧かなくなってしまった場合など様々な精神症状にエビリファイは応用されるケースが多々ありました。

近年になってエビリファイは双極性障害における躁状態の改善。そしてうつ病・うつ状態の効能を取得しています。様々な精神症状に実際効果があるとのお墨付きを受けたわけです。

エビリファイは抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用をあわせもつ非定型抗精神病薬と呼ばれます。 しかし、同様に非定型抗精神病薬として有名なリスパダールなどとはちょっと薬理が違います。

エビリファイは混乱などを起こす原因となる脳内のドーパミンという神経伝達物質の取り込みが過剰になり過ぎるのをブロックし、逆に意欲の欠如など、脳内のドーパミンが不足しているときは、それを補うという作用がエビリファイにはあります。

よって、エビリファイは統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方に良い効果が期待されています。

エビリファイは従来の抗精神病薬に比べ、「ふるえ」や「こわばり」などの副作用が改善されているのがウリです。3mg、6mg、12mg錠の他に、細粒タイプやOD錠、内用液など様々な剤形を選択できるのもエビリファイの特徴となっています。

引用元-zusu.net

エビリファイの効果効能

【働き-1】

気持ちの高ぶりや不安感をしずめ、また停滞した心身の活動を改善します。こうした作用から、本来の適応症である統合失調に限らず、強い不安感や緊張感、興奮状態、うつ状態などさまざまな精神症状に応用されています。

【働き-2】

心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。

このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善します。おもな作用は、ドーパミンという神経伝達物質の働きを調整することです。統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の両方によい効果を発揮します。

統合失調症はめずらしくなく、100人に1人くらいかかる一般的な病気です。特別視することはありません。この薬をはじめ、よい薬がいろいろとあります。薬物療法を中心に きちんと治療を続ければ、普通の社会生活が送れます。

【働き-3】

双極性障害いわゆる躁うつ病は、躁とうつの気分エピソードを繰り返す心の病気です。躁状態がひどくなると、落ち着きがなくなり、妙にはしゃいだり、怒りっぽくなったり、さらには判断力が低下し行動がエスカレートしてしまいます。逆に、うつ状態に入ると、気分が落ち込み、やる気がなくなり、悲観的になります。再発率が高いのもこの病気の特徴で、長期にわたる治療が必要です。

このお薬のもう一つの効能は、そのような双極性障害における躁症状の改善です。気分の高揚をしずめ、躁症状を落ち着かせるのに役立ちます。実際の臨床試験においても、重症度を示す点数(ヤング躁病評価尺度)の明らかな低下が示されています。この薬を3週間飲んでいた人達(122人)の下げ幅が平均12点(28→16)だったのに対し、プラセボ(にせ薬)を飲んでいた人達(125人)は6点(28→22)しか下がりませんでした。この薬を飲んでいたほうが下げ幅が大きく、躁症状がおさまることが確かめられたわけです。

【働き-4】

うつ病にも適用します。気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、不安、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。はじめから使うのではなく、一般的な抗うつ薬で効果不十分な場合に補助的に用います。抗うつ薬にはドパミン神経伝達の低下を改善する作用がないので、この薬で その作用を補完できるものと考えらます。

実際の臨床試験においても、うつ病の重症度を示す点数(MADRS)の低下が示されています。抗うつ薬にくわえてこの薬を6週間併用した人達(197人)の下げ幅が平均10点(25→15)だったのに対し、プラセボ(にせ薬)を併用した人達(195人)は7点(25→18)の低下にとどまりました。この薬を飲んでいたほうが下げ幅が大きく、うつ症状がより改善されることが確かめられたわけです。

引用元-おくすり110番

 

脳内の神経伝達物質であるドパミンなどの受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、やる気がしない、何も興味が持てないといったような状態を改善させます。また、抑えることのできない感情の高まりや行動などの症状を改善します。

通常、統合失調症の治療、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。

引用元-QLife

エビリファイの副作用

脳内の神経伝達物質であるドパミンなどの受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、やる気がしない、何も興味が持てないといったような状態を改善させます。また、抑えることのできない感情の高まりや行動などの症状を改善します。
通常、統合失調症の治療、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。エビリファイの主な副作用には、不眠、イライラ感、そわそわ感、手のふるえ、筋肉のこわばり、頭痛、めまい、食欲不振、体重減少などがあります。

重大な副作用には、以下のものが報告されております。

  • 高血糖、糖尿病性昏睡(異常にのどが渇く、多飲、多尿、食欲亢進、多食、脱力感、もうろう、意識がうすれる)
  • 低血糖(力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり、脱力感、けん怠感)
  • さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)

  • 悪性症候群(Syndrome malin)
    (急激な体温上昇、筋肉のこわばり、体の硬直、飲み込みにくい、発汗、ふるえ、意識がはっきりしない)
  • 遅発性ジスキネジア(頻回なまばたき、口の周辺がピクピクけいれん、口をすぼめる、口をモグモグさせる、舌のふるえ)
  • 麻痺性イレウス(食欲不振、吐き気、吐く、激しい腹痛、ひどい便秘、お腹がふくれる)
  • アナフィラキシー様症状(蕁麻疹(じんましん)、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー))
  • 横紋筋融解症(手足のしびれ・けいれん、手足に力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿)
  • 痙攣(けいれん)(めまい、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、筋肉のぴくつき、意識低下、全身けいれん)
  • 無顆粒球症、白血球減少(発熱、喉の痛み、口内炎、咳、だるい)
  • 肺塞栓症、深部静脈血栓症(突然の息切れ、胸の痛み、手足の痛み・はれ・むくみ・しびれ、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む。)

上記の様な症状が見られた場合、速やかに医師へ連絡してください。

引用元-副作用大百科

 

エビリファイ錠は基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば副作用を起こす事はありません。

しかし、飲み忘れなどで2回分を一度に服用するなど1度に大量にエビリファイを服用したりした場合などは逆に神経系組織が過剰に働く事もあるので厳禁行為となります。

主な副作用症状の一覧
☆強い眠気が常時続く
☆手・足・指先の震え症状
☆頭痛・めまい症状
☆神経過敏反応症状
☆唇が渇く、喉が渇く
☆血糖値の上昇

などの副反応を発症するケースも多く見られます。

引用元-お薬ぶっく

エビリファイは眠くなる?不眠症になる?

主治医は「エビリファイを飲むと眠れない人が多い」と言っていたが、逆にカウンセリングメールでは逆にエビリファイを飲むと眠気が酷いという意見が多い。

全く正反対の結果を生み出す不思議な薬だ。

引用元-総合失調症は治る病気です

 

エビリファイは不眠の副作用が出現するため、朝、1回投与などが推奨されている。
僕の患者さんでは、80〜90%の人が朝1回投与である。

しかし、個人差があるもので、エビリファイで眠くなって困る人がいる。

こういう場合は、夜1回投与でも良いという。僕の患者さんの場合、そこまで眠さを訴える人がほとんどいないこともあり、不眠が出ない人に朝夕投与するくらいである。

引用元-kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)

 

食欲が出て太ることも

食欲は・・・出る。
勿論レボトミンとベンザリンも飲んでいるのでそちらの副作用の可能性も否定できないのだが、エビリファイが追加されてから
「お腹の皮が張るまで満腹を感じない」
ような感覚が生じたから、エビリファイの副作用だと思う。

引用元-難病性うつ病とともに生きる

 

エビリファイには体重減少作用と体重増加作用の両者が副作用に存在していますが、

どちらかといえば食欲不振になり痩せることが多い薬だと言われています。

しかし薬との相性は非常に個人差が大きく、中には太ってしまう方もおられるようです。

引用元-エビリファイで太る?

エビリファイの離脱症状

エビリファイの離脱症状一覧

  • とにかく苦しい吐き気
  • ひどい不安感
  • 心臓ドキドキ
  • 胸のざわざわ
  • 下痢(お腹がポコポコ言っていた)
  • もちろん、空腹感は無い
  • 熱もあったと思う(測ってはいないが、体がだるい)

吐き気には波があり、マシになったり、ひどくなったりを繰り返す。
ひどくなったときの絶望感と言ったら…。
どんどんその間隔が短くなるので耐えられず、服用を再開しました。
まるで感染性胃腸炎が常時ある感じでした。
ノロウイルスなら吐くかもしれないけど、今回は吐きませんでした。
これならいっそ吐いたほうが楽かもしれない。
でも楽になりそうにないから、服用を再開したんだけどね。

引用元-Kamishiro’s Diary

エビリファイの断薬体験

断薬から約8ヶ月経過。
全くと言って良いくらい改善には向かっていないどころか、更に悪化しているような状態。

症状は頭のてっぺんから足の爪先にまで有り。

脳の働きが明らかにおかしい。手先がまともに動かない。朦朧とする。感情のコントロールができない。イライラ、涙もろい、笑い出すと止まらない。ドライアイ、目蓋の腫れ。肌質が変わる。抜け毛、切れ毛。鼻の穴、耳の穴が大きくなる。歯茎からの出血(歯科に行くも原因不明)ヒゲを触る癖が付く。起きている間中ジョリジョリ弄る。動悸息切れ。下痢。頻尿、早漏、残尿。罪悪感、脅迫感、焦燥感。顔の表情の変化、病人面。

続きはこちら

引用元-断薬.com

 

私は躁転した時に処方された12mgをずっと飲み続けていたんだけれど
最近になって倦怠感が酷くなり
( ゚ ρ ゚ )ボーとしてる時間が長すぎるので、処方から外してもらったのね

結果

倦怠感はとれた

けど

躁になるとか
欝になるとかに関しては

あんま変わんない(´・ω・`)ゝ”

かる〜い軽躁状態
フラットに限りなく近いかな

引用元-ぴのこの「僕はなんだかわからない」

エビリファイに関するTwitterでのつぶやき

関連記事はこちら

 - 健康・病気

ページ
上部へ