最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

料理の初心者は何から始めれば良いの?ここからスタート!

      2016/06/07

料理の初心者は何から始めれば良いの?ここからスタート!

いままで料理をまったくしてこなかったとしても、独り暮らしをはじめたり結婚が決まれば話は別です。

そうなってから慌てなくてもいいように事前に勉強しておきましょう。

今回は、料理初心者が何から始めればいいのかを説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


料理初心者は何から始めるべきか【その1:調理器具選び】

料理するのに調理器具がなければ話は始まりません。

まずは調理器具を揃えましょう。

料理初心者、つまり今まで料理を作ったことがない人がまず揃えておきたいのは次の通り。

まな板と包丁

これは必須ですね。

プラスチックのまな板は衛生的ですが包丁の刃が傷みます。

できれば木のまな板を選びましょう。

包丁は三徳包丁、別名文化包丁を選ぶと、これ一本で肉や魚、野菜も切れるので便利です。

テフロンのフライパン

余り大きすぎると持て余し、小さすぎると不便です。

なので、中ぐらいのサイズを選びましょう。

手鍋

ラーメンや味噌汁を作るときに便利です。またこれでお湯も沸かせます。

菜ばし、フライ返し、お玉、ボール、軽量カップ、軽量スプーン

これらの小物も揃えた方がいいでしょう。

まずはこれらを揃えましょう。大概の料理はこれで作ることができます。

慣れてきて料理のレパートリーが増えてきたら、フードプロセッサーなども揃えてみてはどうでしょう。あると重宝します。

料理初心者は何から始めるべきか【その2:だし編】

なにごとも基本は大切です。

もちろん料理も例外ではありません。

調理器具を揃えたら、まずは料理の基本をしっかりと押えましょう。

料理の基本はだしを取ること。

すべてはここから始まります。

ただし、洋風のだしを取ることは料理の中級者でも難しいので、まずは和風だしのとり方を覚えましょう。

市販の顆粒だしを使ってもだしを取ることはできます。

しかし、鰹節と昆布で取っただしとは風味は全然違います。

味にこだわる人は面倒でも鰹節と昆布でだしを取りましょう。

小分けにして冷凍しておけばすぐに使うことができます。l

材料は、水、鰹節、昆布の三つです。簡単でしょう。

手順も簡単です。

まず、鍋に水と昆布を入れて火をつけます。

お湯が沸騰する前に昆布は取り出します。

そうしなければ昆布のえぐ味が出てしまい、おいしいだしが取れません。

お湯が沸騰したら鰹節を入れてすぐに火を止めます。

このあと1分ほど待ちザルでこせば和風だしのできあがりです。

お吸い物に使う一番だしです。

料理初心者はまず基本を学ぼう【その1:切る】

テレビの料理番組を見ていれば分かると思いますが、食材の説明をしたあとはそれを「切る」ことになります。

そうです、次の料理の基本は、食材を切ることです。

とくに、キャベツの千切りは基本中の基本です。

豚カツに添えられているアレです。

最初はマッチ棒、あるいはもっと太くなるかもしれません。

でも大丈夫。みんな最初はそうなのですから。

とにかくできるだけ薄く切ること。

これが料理上達への近道です。

薄く切ることができるようになれば、みじん切りなどもその応用なので充分対応することができるでしょう。

包丁を動かして切ることがコツです。

包丁は上から押し付けただけでは切れません。

包丁を動かしてはじめて物が切れるのです。

これは大事なポイントですから忘れないようにしてください。

この時、包丁を持つ反対側の手は指を丸めます。

そうしないと包丁で自分の指を切ってしまうことになります。

その丸めた指に包丁を当てるようにして切れば怪我をすることもなくなります。

料理初心者はまず基本を学ぼう【その2:焼く】

切った食材はサラダや刺身のように生で食べるのでなければ火を通す必要があります。

食材に火を通すといっても、煮たり、焼いたり、揚げたり、蒸す方法があります。

しかし、これらを一度に覚えるのは無理があります。

なので、初心者はまず「焼く」ことを覚えましょう。

焼くといってもいろいろありますが、今回はフライパン一つでできる肉や魚を焼く方法を説明しましょう。

まずフライパンを温めます。

ガスコンロのひとはガスに火をつけ、IHのひとはスイッチを入れます。

どちらにもいえることは、火加減は中火にすること。これがコツです。

そして、フライパンが温まったらサラダ油(好みによってオリーブ油)を入れてフライパン全体に行き渡るようにします。

ここで注意しなければいけないのは、フライパンが温まらないうちに食材を入れてしまうとフライパンにくっつきます。

フライパンの上に食材の乗せて“ジュー”という音がしたらベストのタイミングです。

まずは片側に6割から7割方火を通します。

このとき、ときどきフライ返しで焼き色を確認するといいでしょう。

キツネ色になればOK。

そうなったらフライ返しで食材をひっくり返して残りの3割火を通します。

料理初心者は何から始めるべきか【その3:献立編】

最後は、これまで覚えた料理の基本を使って実際に献立を作ってみましょう。

今回の献立は、焼き魚、ご飯、味噌汁、ほうれん草のおひたし、漬物です。

これなら比較的簡単で栄養のバランスも取れているので、初心者がはじめて作る献立に向いているといえるでしょう。

焼き魚は料理の基本「焼く」を使います。

フライパンを温めてサラダ油(好みによってオリーブ油)を薄くひきます。

そして、お好みの魚をフライパンに乗せ、両面がキツネ色になるまで焼けばできあがりです。

味噌汁は料理の基本「だし」を使います。

鰹節と昆布で取っただしにお好みの具を入れて少し煮ます。

そして、最後にこれもお好みの味噌を溶いてできあがりです。

ここで注意しなければいけないのは、味噌を入れた後は味噌汁を煮詰めないことです。

そうしないと味噌の風味が飛んでしまいます。

料理に慣れてくれば魚を肉に替えてチキンソテーや豚肉のしょうが焼きに挑戦してみるのもいいでしょう。

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ