最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

日焼けオイルの代用品としてこんな物も使えます!

      2016/06/07

日焼けオイルの代用品としてこんな物も使えます!

紫外線の影響を防いで健康的に肌を焼くための日焼けオイル。

市販の日焼けオイルしかその効果はないと思っているひとも多いのでは?

実は、意外な物でも代用できるのです!

今回は、日焼けオイルの代用品として使える肌にやさしい物を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


日焼けオイルを塗る効果

まず、日焼けオイルを塗る効果を見て行きましょう。

日焼けは紫外線の影響を受けて生じます。

そしてその紫外線には、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こすA波と、火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因となるともいわれるB波があります。

日焼けオイルはこのうち後者のB波を遮ってくれます。

そのため、火傷などのトラブルから肌を守ってくれます。

しかし、前者のA波は遮りません。

そのため、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象は引き起こします。

もしA波も遮ってしまうと日焼けは起こらなくなります。

多くの人が誤解しているかもしれませんが、日焼けオイルは日焼けを促進するために肌に塗るものではありません。

つまり日焼けオイルは、火傷や皮膚ガンを引き起こす要因となる紫外線のB波を遮ったうえで、紫外線のA波の影響を受けて肌を健康的に焼くために塗るものだといえます。

そのため、日焼けオイルを塗ったとしても肌を焼き過ぎるとシミ、ソバカス、肌のたるみなどの原因となります。

日焼けオイルの代用品を使う理由

次に、日焼けオイルの代用品を使う理由を見て行きましょう。

まず考えられるのは、メーカーが作る日焼けオイルは自分の肌に合わないということです。

確かに、メーカーも一般的な人の肌の状態を考慮して作っているでしょう。

しかし、肌は個人差が大きいものです。

そのため、メーカーが作っている一般的な日焼けオイルが肌に合わない人も多くいます。

また、一般の日焼けオイルでは皮がめくれて上手く肌が焼けないという人もいます。

せっかく日焼けしたのに皮がめくれてしまってはもとの肌に戻ってしまうでしょう。

そんな理由で一般の日焼けオイルが自分に合わないときは、その代用品を探すことになります。

また、ジムやプールでは日焼けオイル禁止のところが多いので、代用品が必要となってくるでしょう。

この他にも人によっては色々な事情があるでしょう。

いずれにしても、自分に合った日焼けオイルの代用品を見つけておけば、イザというときになっても慌てずに健康的に肌を焼くことができるでしょう。

日焼けオイルの代用品【ニベア】

ここからは日焼けオイルの代用品を使ってきれいに日焼けする方法を紹介しましょう。
まずは、ニベア。

これは多くの人が実践しているでしょう。

日焼けオイルがないときに臨時の代用として使えるというメリットもありますが、それだけではありません。

次のように、ニベアを使う利点はいくつかあります。

日焼けの効果

皮が剥がれにくいので焼いた肌の色が長く保てる。

また、日焼けのムラがない。

確かに、皮が剥がれてしまっては見た目も悪くなります。

これでは逆効果です。

使用感

ニベアなら日ごろから顔に塗っているので、日焼けオイルに比べて顔に塗る抵抗感がない。

また、ベトつき感や臭いが気にならないので扱いやすい。

これは大きなメリットです。

さらに、日焼けオイルに比べて水に洗い流しやすく、仮に流せなくてもベタベタしないというメリットもあります。

購入時のメリット

日焼けオイルに比べて入手しやすく価格も安い。

これも大きなメリットです。

日焼けオイルの代用品【コパトーン】

次は、コパトーン。これは有名ですね。

コパトーンは世界初のUVケア製品といわれています。

これは、第二次世界大戦において、赤道近くで戦う白人兵士の皮膚を紫外線から守るために生まれました。

なお、今では当たり前のように使われ世界各社のUVケア商品に書かれているSPFの数値は、1972年米国でコパトーンと米国食品医薬品局が共同開発して導入したことがはじまりとされています。

コパトーンには焼かないコパトーンの「日焼け止めシリーズ」と、キレイに焼くコパトーンの「サンタンニングシリーズ」があります。

ここでは、後者の「サンタンニングシリーズ」の説明をしましょう。

明るい小麦色に焼くための、日焼け用化粧水、日焼け用スプレー、日焼け用乳液があります。

また、濃い日焼けのための、日焼け用化粧水があります。

このように用途にあわせた品揃えも魅力です。

いずれにしても、自分が焼きたい肌の状態に合わせて選ぶといいでしょう。

なお、ありがたいことに、この他にも日焼けした肌にうるおいを与える日焼け肌用の化粧水もあります。

日焼けオイルの代用品を使うときの注意点

最後に、日焼けオイルを使わずにその代用品を使うときの注意点を述べておきましょう。

先に説明した、ニベアやコパトーンはそれなりに名が通った企業が作った製品であり、数多くのひとが使ってきたという実績もあります。

また、健康被害があったという報道も耳にしません。

そのため、これらを日焼けオイルの代用品を使ったとしても健康被害などのリスクは低いと判断できるでしょう。

しかし、ネット上ではこれら以外にも日焼けオイルの代用品の話が数多く流れています。

それが天然素材であるのなら問題はないかもしれませんが、それらのなかには、たんなる口コミでしかなく、科学的根拠が明らかにされていない物も少なくありません。

安易にそうした代用品を使って思わぬ健康被害を招くことも十分に考えられます。

なので、それらの代用品を使うときは自分の肌の調子と相談したうえで、メリットやデメリット、そしてリスクを十分調べてあくまでも自己責任で使うようにしてください。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ