最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

日焼けオイルのSPFの意味を理解して紫外線から肌を守ろう

      2016/06/07

日焼けオイルのSPFの意味を理解して紫外線から肌を守ろう

日焼けオイルを塗るのは紫外線から肌を守るためです。

そして、その効果を数値であらわしたのが日焼けオイルに書かれているSPFです。

今回は、それが何を意味するのかを説明しましょう。

それが理解できれば、紫外線の害から肌を守ることができるでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


日焼けオイルに書かれているSPFの意味とは

日焼けオイルに書かれているSPFの意味を説明する前に、肌が日焼けする仕組みを簡単に説明しておきましょう。

日焼けは紫外線の影響を受けて生じるものです。

そして、その紫外線にはA波とB波があります。

前者のA波は、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こします。

日焼けは主にこのA波の影響により肌が黒くなることを指します。

後者のB波は、火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因となるとも言われています。

SPFは、紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

具体的には、SPF5の化粧品を塗ると何も塗らなければ10分で日焼けするひとがその5倍の50分経ってはじめて日焼けすることを意味します。

なお、紫外線をさえぎる効果はPAという単位でも表されます。

これは、紫外線A波に対する効果を表した指数で、+、++、+++の三種類があり+が多いほど効果が大きいとされています。

日焼けオイルのSPFの効果とは

先ほど説明したように、SPFは紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

したがって、この数値が低いほど日焼けを起こすまでの時間が短くなります。

短時間に日焼けを起こすため、肌への負担も大きくなります。

もっとも、SPFの数値が高い方が良いという訳でもありません。

日常生活で使うのなら、SPF20〜30程度のオイルを塗りなおして使うのが理想とされています。

SPFの数値が高いからといっても肌への負担が小さくなるのではなく、かえって負担が大きくなるので注意した方がいいでしょう。

なお、SPFは紫外線B波のみをさえぎります。

このため、SPFのオイルだけを使った場合は紫外線A波の影響を受けて、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こす原因ともなります。

基本的に、SPFは日焼けをコントロールするオイルで日焼け止めのオイルではありません。

日焼けが気になるひとはPAのオイルを合わせて使うといいでしょう。

日焼けしたくないひとのSPFは

火傷などの肌のトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因にもなるといわれている紫外線B波をさえぎるためには、先ほど説明したように、日常生活で使うのなら、SPF20〜30程度の日焼けオイルを塗りなおして使うのが理想とされています。

しかし、日焼けをしたくない場合はこれだけでは不十分です。

なぜなら、SPFは日焼けを止めるオイルではないのです。

そのため、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こして肌を黒くする紫外線A波の影響を受けます。

したがって、日焼けしたくない人はSPFの日焼けオイルと一緒に日焼けの原因となる紫外線A波をさえぎってくれるPAの日焼け止めオイルも合わせて使いましょう。

これは、紫外線A波に対する効果を表した指数です。

   +:効果がある
  ++:効果がかなりある
 +++:効果が非常にある

このPAは目的に合わせて選ぶといいでしょう。

もしも、絶対に日焼けはしたくないという強い思いがあるとしたら、「+++」のPAを選ぶといいかもしれません。

健康的に日焼けしたいひとのSPFは

もう一度、日焼けの仕組みを確認しておきましょう。

日焼けは紫外線(A波とB波)の影響を受けて生じるものでしたね。

そして、日焼けは主にA波の影響によって肌が黒くなることを言います。

つまり、このA波をさえぎってしまったら日焼けしないということです。

言い換えると、PAの日焼け止めオイルは使わないということです。

しかし、日焼けをしようとするときは紫外線B波をさえぎる日焼けオイルは必須です。

なぜなら、B波は火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因ともなるからです。

では、SPFの数値はいくらを選べばいのでしょうか。

人間の肌というものは個人差が大きいので一概には言えません。

ただ、肌を焼いたあとに皮膚が赤くなったり、ほてったりする場合はSPFの数値が低いといえるでしょう。

もっと数値の高い日焼けオイルを使うか、途中で日焼けオイルを塗りなおしましょう。

ここで注意が必要です。SPFの数値が高ければ良いというわけでもありません。

むしろ、肌への負担も大きくなります。

黒く日焼けしたい人のSPFは

最後に黒く日焼けしたい人が使うべきSPFを考えてみることにしましょう。

まず言えることは、紫外線A波をさえぎるPAの日焼け止めオイルは使わないということです。

日焼けするということは、紫外線A波の影響を受けて肌が老化するということを肝に銘じておきましょう。

特に、肌を真っ黒になるまで焼いてしまうと肌の老化がかなり進むことを意味します。

黒く日焼けしたいからといって、SPFの日焼け止めオイルを使わないというのは無謀です。

紫外線B波の影響を受けて、肌の火傷を引き起こして皮膚ガンのリスクが高まることにもなりかねません。

では、真っ黒に日焼けしたい人はSPFの数値をいくらにすれば良いのでしょか?

先に説明したようにSPFは、紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

したがって、短時間に焼きたいひとはSPFの数値が低い日焼けオイルを、じっくり焼きたい人はSPFの数値が高い日焼けオイルを選ぶと良いでしょう。

もっとも、日焼けするのは長くても3時間程度にとどめておいた方が良いでしょう。

だだし、これも先に説明したように、SPFの数値が高ければいいというわけでもなく、むしろ、肌への負担も大きくなります

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ