最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

日焼けオイルのSPFの意味を理解して紫外線から肌を守ろう

      2016/06/07

日焼けオイルのSPFの意味を理解して紫外線から肌を守ろう

日焼けオイルを塗るのは紫外線から肌を守るためです。

そして、その効果を数値であらわしたのが日焼けオイルに書かれているSPFです。

今回は、それが何を意味するのかを説明しましょう。

それが理解できれば、紫外線の害から肌を守ることができるでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


日焼けオイルに書かれているSPFの意味とは

日焼けオイルに書かれているSPFの意味を説明する前に、肌が日焼けする仕組みを簡単に説明しておきましょう。

日焼けは紫外線の影響を受けて生じるものです。

そして、その紫外線にはA波とB波があります。

前者のA波は、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こします。

日焼けは主にこのA波の影響により肌が黒くなることを指します。

後者のB波は、火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因となるとも言われています。

SPFは、紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

具体的には、SPF5の化粧品を塗ると何も塗らなければ10分で日焼けするひとがその5倍の50分経ってはじめて日焼けすることを意味します。

なお、紫外線をさえぎる効果はPAという単位でも表されます。

これは、紫外線A波に対する効果を表した指数で、+、++、+++の三種類があり+が多いほど効果が大きいとされています。

日焼けオイルのSPFの効果とは

先ほど説明したように、SPFは紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

したがって、この数値が低いほど日焼けを起こすまでの時間が短くなります。

短時間に日焼けを起こすため、肌への負担も大きくなります。

もっとも、SPFの数値が高い方が良いという訳でもありません。

日常生活で使うのなら、SPF20〜30程度のオイルを塗りなおして使うのが理想とされています。

SPFの数値が高いからといっても肌への負担が小さくなるのではなく、かえって負担が大きくなるので注意した方がいいでしょう。

なお、SPFは紫外線B波のみをさえぎります。

このため、SPFのオイルだけを使った場合は紫外線A波の影響を受けて、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こす原因ともなります。

基本的に、SPFは日焼けをコントロールするオイルで日焼け止めのオイルではありません。

日焼けが気になるひとはPAのオイルを合わせて使うといいでしょう。

日焼けしたくないひとのSPFは

火傷などの肌のトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因にもなるといわれている紫外線B波をさえぎるためには、先ほど説明したように、日常生活で使うのなら、SPF20〜30程度の日焼けオイルを塗りなおして使うのが理想とされています。

しかし、日焼けをしたくない場合はこれだけでは不十分です。

なぜなら、SPFは日焼けを止めるオイルではないのです。

そのため、シミ、ソバカス、肌のたるみなどの老化現象を引き起こして肌を黒くする紫外線A波の影響を受けます。

したがって、日焼けしたくない人はSPFの日焼けオイルと一緒に日焼けの原因となる紫外線A波をさえぎってくれるPAの日焼け止めオイルも合わせて使いましょう。

これは、紫外線A波に対する効果を表した指数です。

   +:効果がある
  ++:効果がかなりある
 +++:効果が非常にある

このPAは目的に合わせて選ぶといいでしょう。

もしも、絶対に日焼けはしたくないという強い思いがあるとしたら、「+++」のPAを選ぶといいかもしれません。

健康的に日焼けしたいひとのSPFは

もう一度、日焼けの仕組みを確認しておきましょう。

日焼けは紫外線(A波とB波)の影響を受けて生じるものでしたね。

そして、日焼けは主にA波の影響によって肌が黒くなることを言います。

つまり、このA波をさえぎってしまったら日焼けしないということです。

言い換えると、PAの日焼け止めオイルは使わないということです。

しかし、日焼けをしようとするときは紫外線B波をさえぎる日焼けオイルは必須です。

なぜなら、B波は火傷などのトラブルや時には皮膚ガンを引き起こす要因ともなるからです。

では、SPFの数値はいくらを選べばいのでしょうか。

人間の肌というものは個人差が大きいので一概には言えません。

ただ、肌を焼いたあとに皮膚が赤くなったり、ほてったりする場合はSPFの数値が低いといえるでしょう。

もっと数値の高い日焼けオイルを使うか、途中で日焼けオイルを塗りなおしましょう。

ここで注意が必要です。SPFの数値が高ければ良いというわけでもありません。

むしろ、肌への負担も大きくなります。

黒く日焼けしたい人のSPFは

最後に黒く日焼けしたい人が使うべきSPFを考えてみることにしましょう。

まず言えることは、紫外線A波をさえぎるPAの日焼け止めオイルは使わないということです。

日焼けするということは、紫外線A波の影響を受けて肌が老化するということを肝に銘じておきましょう。

特に、肌を真っ黒になるまで焼いてしまうと肌の老化がかなり進むことを意味します。

黒く日焼けしたいからといって、SPFの日焼け止めオイルを使わないというのは無謀です。

紫外線B波の影響を受けて、肌の火傷を引き起こして皮膚ガンのリスクが高まることにもなりかねません。

では、真っ黒に日焼けしたい人はSPFの数値をいくらにすれば良いのでしょか?

先に説明したようにSPFは、紫外線B波をさえぎって日焼けを起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかの尺度をあらわします。

したがって、短時間に焼きたいひとはSPFの数値が低い日焼けオイルを、じっくり焼きたい人はSPFの数値が高い日焼けオイルを選ぶと良いでしょう。

もっとも、日焼けするのは長くても3時間程度にとどめておいた方が良いでしょう。

だだし、これも先に説明したように、SPFの数値が高ければいいというわけでもなく、むしろ、肌への負担も大きくなります

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ