最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

日焼けオイルは顔にも塗れます!健康的に日焼けしましょう

      2016/06/07

日焼けオイルは顔にも塗れます!健康的に日焼けしましょう

意外と知られていないことですが、日焼けオイルは顔にも塗れます。

逆に、顔にオイルを塗らずに日焼けすると顔が赤くなってしまうでしょう。

では、具体的にどこにどのように塗れば良いのでしょうか?

今回は、健康的に肌を焼く方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

軽自動車の名義変更を行う時!法人から個人への変更の仕方とは

会社の営業や移動には、維持費が安くて駐車にも便利な...

糖尿病で入院した人へのお見舞いで気をつけること、喜ばれる品

食事に制限の無い病状の人へのお見舞いなら、その人の...

向精神薬”デパス”への依存 ― 上手なやめ方やコツをご紹介

日本で最も処方されている向精神薬”デパス”。 ...

子供の課題が終わらない言い訳 その裏に潜む本音を知ろう!

「宿題は終わったの?」「うん、終わったー」...

胃腸炎で嘔吐した衣類は洗濯機で洗濯OK? 〜 ウイルス性の場合

ウイルスや細菌などが原因で起こった『胃腸炎』。嘔吐したり、お...

胃に違和感! 胃が痛い時に熱いと感じた時の原因と対策

普通に食事をしていたのに急に胃が痛くなったり、胃の...

蜂に刺された時に腫れない理由とその後の対処法をご紹介

蜂に刺された時は患部が腫れて痛くなるイメージですが...

背中が痛いと感じたら?病院での診察と対処法について

日常生活の中でいきなり背中が痛いと感じた時に、筋を...

年金の支払い大丈夫?学生免除の申請忘れのリスクとは

年金の払い忘れは後から問題になることがあるので、学...

脳出血による意識不明の原因と回復する見込みについて解説

突然脳出血によって意識不明の状態で倒れてしまった時...

アパートの退去費用が気になる!10年以上住んだ時の費用について

10年以上住んだアパートの退去費用に関しては、住み...

NHKの気になる受信料 〜 払わないと罪になる可能性も!

NHKの受信料に関しては支払わなければいけないとい...

肺気胸の手術は失敗?気になる症状と再発についてご紹介

肺気胸とは肺に穴が空いて空気が漏れている状態なので...

年金を払いたくない時に支払いを回避するための方法をご紹介

年金を払いたくないと思っている人も多いかもしれませ...

年金を払わないで生活保護を受けることのリスクとは

20歳以上になると年金を支払う義務が出てきますが、...

膝の痛みが運動後にくる!そんな運動トラブルの回避方法を紹介!

マラソンやテニスなどの運動後に膝の痛みを感じることはありませ...

常に喉に痰が絡む!なかなか治らないその症状の原因と対策を解説

喉に痰が絡むと、恥ずかしいですよね・・。いつも咳払いをして、...

タバコの副流煙は悪影響大!喉痛いと思った時の対処法

タバコを吸わない人にとってタバコから出る煙は迷惑でしかありま...

インフルエンザにかかったことを学校に言わないで登校する問題点

インフルエンザにかかったことを、学校や会社に申告せ...

朝コーヒーを飲むとお腹が痛くなる?下痢の原因と対処法をご紹介

毎朝の習慣としてコーヒーを飲む人もいますが、朝から...

スポンサーリンク


日焼けオイルは顔にも塗れます

今まで日焼けオイルを使ったことがない人の多くは、日焼けオイルは顔には塗れないと思っているのではないでしょうか?

そのため、日焼けオイル初挑戦の際には顔にオイルを塗らずに肌を焼き顔が真っ赤になってしまう人もいるでしょう。

意外と知られていないことですが、日焼けオイルは顔にも塗れます。

心配ならオイルの記載を確かめてみると良いでしょう。

それでも心配ならメーカーに問い合わせれば答えてくれるでしょう。

日焼けオイルが顔に塗れるのであれば、当然日焼け止めオイルも顔に塗ることができます。

こちらの方は、特に日焼けを気にする女性の方が詳しいと思いますが。

日焼けオイルも日焼け止めオイルも、肌に塗るときはムラが出ないようにたっぷりつけて塗りましょう。

もしもムラができてしまったら、その部分が紫外線の影響を受けることになってしまいます。

これではせっかくオイルを塗ったのに紫外線の量をコントロールするという本来の効果がなくなってしまいます。

日焼けオイルと日焼け止めオイルを使い分けよう

簡単に説明すると、日焼けオイルは肌の火傷を引き起こす紫外線B波をさえぎります。

そのため、このオイルを塗ると肌が赤くなることを防ぐことができます。

また、日焼け止めオイルは老化現象を引き起こす紫外線A波をさえぎります。

そのため、このオイルを塗ると日焼けはしなくなります。

肌が強くない人は顔の日焼けに注意しましょう。

不用意に焼くと顔が真っ赤になる可能性があります。

そんなひとは、顔に日焼けオイルではなく日焼け止めオイルを塗った方が良いでしょう。

また、そんな人は顔だけでなく、肩や首筋など太陽の光を浴びやすい部分に日焼け止めオイルを塗ると良いでしょう。

また、ある程度肌が焼けた人でも、日焼けしやすいところは日焼けオイルではなく日焼け止めオイルを塗った方が良いでしょう。

いずれにしても、自分の肌の調子と相談して日焼けオイルを塗るのか日焼け止めオイルの塗るのかを決めましょう。

そうしないと、せっかくの楽しい日焼けが苦痛になってしまいます。

日焼けオイルはどこに塗るのか

誤解している人もいますが、日焼けオイルは日焼けを促進するために肌に塗るものではありません。

日焼けオイルは、肌に悪影響をおよぼす紫外線B波をさえぎることで肌の火傷を防いで健康的に肌を焼くためのものです。

もし、このオイルを塗らずに肌を焼くと肌が火傷したり皮膚ガンを招く結果となることもあります。

なので、面倒がらずに必ず塗るようにしましょう。

基本的に、日焼けオイルは肌を焼きたい部分にたっぷりとムラにならないように塗ります。

顔を焼きたい場合は顔に塗ります。

ただし、先に説明したように肌が弱い人は注意が必要です。

顔の皮膚は特にデリケートですから。

また、全身を焼きたい場合も全身に日焼けオイルをタップリとムラにならいように塗ります。

ただし、ここでもまた注意が必要です。

肩や首筋など太陽の光を浴びやすい部分が日焼けし過ぎないようにすることも重要です。

そうしないと、シミやソバカスができて後で後悔することにもなります。

日焼け止めオイルはどこ塗るのか

基本的に、日焼け止めオイルは肌を焼きたくない部分にたっぷりとムラにならないように塗ります。

ただし、これも例外があります。

肌が弱い人がいきなり顔を焼くとそこが真っ赤になってしまうことがあります。

そんな人は、日焼けオイルではなく日焼け止めオイルを塗りましょう。

また、全身を焼きたい場合も注意が必要です。

肩や首筋など太陽の光を浴びやすい部分は日焼けし過ぎてシミやソバカスの原因となることもあります。

そんな場合は、日焼けオイルではなく日焼け止めオイルを塗るようにしましょう。

さらに、ある程度肌が焼けた人も注意が必要です。

ある程度肌が焼けて紫外線に対する抵抗力ができていたとしても、日焼けしやすいところは日焼けオイルではなく日焼け止めオイルを塗った方がいいでしょう。

もし、そのまま日焼けオイルを塗って日焼けを続けたら、その部分のシミやソバカスの原因となることもあります。

いずれにしても、日焼けオイルと日焼け止めオイルを適切に使い分けることが重要です。

顔についたオイルをきれいに落とす方法

最後に、顔についたオイルをきれいに落とす方法を紹介しましょう。

日焼けオイル、日焼け止めオイルともたっぷりつけて塗る必要があると説明しました。

そのため、体はいいかもしれませんが顔にオイルが残ってしまうことも十分考えられます。

それでは、ちょっと格好が悪い。

顔にオイルを塗ったときは顔用のクレンジングを使ってていねいにオイルを落としましょう。

このあと普通の洗顔をするダブル洗顔がおすすめです。

ただし、これは体にもいえることですが、ゴシゴシと力をいれてこすってはいけません。

力をいれればオイルが落ちるというものではありません。

また、これも体にもいえることですが、強いオイルを使ったときにはオイルタイプのクレンジングがおすすめです。

ただし、これは洗浄力が強いので、肌の弱い人にはミルクやジェルのクレンジングがおすすめです。

最後にもう一つ注意点を述べておきます。

長時間肌にクレンジングを塗ったままにしておくのはよくありません。

皮脂が落ちてしまいます。

手早く洗い流しましょう。

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ