最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

旦那さんへのSOS!産後の女性は精神が不安定になりがち!

      2016/06/07

旦那さんへのSOS!産後の女性は精神が不安定になりがち!

女性は、産後に特に理由もなく不安に襲われたり、ふさぎ込んだりして精神が不安定になりがちです。

妊娠中はマタニティブルーなどと呼ばれ広く知られているのですが、実は産後もマタニティブルーとして要注意な時期なのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


産後の女性は精神が不安定になるもの?

出産後、精神的に不安定な時期があった方は、合わせて74%いらっしゃいました。そのうち、お一人目の時という方が57%、毎回という方が12%、二人目以降の時が5%いらっしゃいました。
落ち込んだり精神的に不安定だったことのなかった方は、26%でした。

精神的に不安定だった時期をお伺いしました。
一番多かったのは、出産後1カ月?6カ月後(45%)でした。里帰りをしていた方も自宅に戻り、はじめての子育てが本格的に始まったころですね。次に多かったのは、出産後1日?15日後(43%)でした。産後すぐの時期に涙もろくなったり不安定になるのは、一般的にマタニティーブルーとも言われ、多くの方が経験されるようです。そして、出産後16日?31日後(36%)、出産後7カ月?11カ月(11%)、1年後以降(7%)となりました。
大半の方が、出産後1年までの頃に経験されています。

引用元-−-コンビタウン

産後まもなく情緒不安定などの精神症状を経験します。通常は産後2 〜 3 日以内に現れ、ピークが5 日目頃で、10 日目ぐらいまでに軽快します。これがマタニティーブルーズです。その一方で、産後数週間から数カ月以内に症状がでてきて、2 週間経っても改善しない場合や悪化傾向がみられる場合には産後うつ病が疑われます。

引用元-−-All About

産後の女性の精神が不安定になった時には

育児は「ゆりかごの側で微笑む母親」みたいな母子像が浮かびます。
結婚式のウェディングボードや衣装や二次会の内容で盛り上がったその先に有る大事業が出産とその後の育児です。

子供一人産み育てることはとっても大変なことです。
時々のヒステリーも仕方がないことですが、カリカリしても同じ24時間です。

怒りは母乳の質も悪くするし子宮の戻りもまだ最中ですから、しっかり養生しましょう・・・

引用元-−-Yahoo知恵袋

不眠などにより心身の消耗が著しい場合には、夜間は赤ちゃんを預かってもらいゆっくり休むだけで症状が軽快することが多いでしょう。薬剤を使うことは通常ありませんが、不眠などの症状が強い場合に睡眠薬や抗不安薬を処方することが稀にあります。

引用元-−-All About

とにもかくにも、ママが24時間無休で続けている、『育児』に対して、ねぎらいの気持ちを持つと同時に、ひたすら共感してあげること。

育児に協力できなくても、ママのメンタルケアさえしっかりサポートできていれば、ママの満足度は高く、後々の夫婦関係もとってもうまくいくのだとか。

引用元-−-パピマミ

産後に女性の精神が不安定になる原因

出産の疲れや、慣れない育児による疲れや睡眠不足、育児に対するプレッシャーや孤独感などがマタニティブルーとなる要因です。でも、それだけではありません。お産後に急激にホルモンが低下することが、マタニティブルーの原因として大きく関わっています。
妊娠中は、女性ホルモンをはじめとするたくさんの種類のホルモンが胎盤でつくられています。しかし、出産時に胎盤が体外に排出されると、ホルモンは急激に減少します。こうした急激なホルモンの変化に体がついていけず、多くの女性が一時的に情緒不安定となって、マタニティブルーになると考えられています。

引用元-−-ウーマンズヘルス

出産後は女性ホルモンのバランスが崩れる事に加え、四六時中赤ちゃんの世話をしなければなりません。ミルクや夜泣きで夜はまともに眠れない事も多いでしょうし、家事や育児に非協力的な父親の場合、ストレスも溜まっていきます。

特に、一人目のお子さんの場合、わからないことばかりですので、一種のパニック状態に陥ってしまうママも多いのだと思います。

引用元-−-はじめて学資保険

赤ちゃんのためにと頑張りすぎないで!

N784_kakejikunomaedeseizasurumiboujin500-thumb-750x500-1749

出産後のお母さんにとって辛く感じるのは、赤ちゃんに対して「やって当たり前、できて当然」という周囲の雰囲気です。でも何の不安や迷いもなく、最初から上手にできる人はいません。初産の人はもちろんのこと、2人目、3人目のお母さんも、経産婦だからこその不安があります。
こうした不安な気持ちや、簡単には気持ちの切り替えができないことを周囲の人たちに理解してもらうことが大切です。

引用元-−-ウーマンズヘルス

特に異常もないのに、情緒不安定になる可能性があるということ。それは誰にでも起こりうること。もし自分がそうなったと感じても、思いつめず、そのままでいれば時間が解決してくれるということを、知っておいてください。

引用元-−-All About

お母さんになったからと言って、なんでも完璧にやろうとしないでください。慣れるまではおっぱいをあげる、オムツを替えるなどの行為もなかなか大変です。自分でできる範囲だけでOK。無理をせずに、周囲の人に手伝ってもらいましょう。

引用元-−-ウーマンズヘルス

症状が長引くようなら産後うつかも

「産後うつ」は産後すぐに始まるのではなく、多くは産後4週間程度経ってから不調になり始め、産後約3ヶ月〜1年程で良くなっていくるのも特徴のひとつです。

しかし「産後うつ」を知らないままで対処せず、治療を先延ばしにしていると、ストレスがストレスを呼び、本当に「うつ病」になってしまう可能性もあるので要注意です。

引用元-−-産後うつ病を治そう!

「あっこれが産後うつだ」というふうに自覚のある方は安心ですが、自分の不安定な精神状態の原因がわからないままパニックになったりすると、重症の場合は本当に「うつ病」になってしまうこともあるので注意が必要です。

引用元-−-はっぴーママ

この産後うつ病、あまり知られていないのですが、ほうっておくと非常に危険な病気です。
密室育児(母子が二人きりの状態)が多いことから赤ちゃんと一緒に無理心中という事態をひきおこすことがあります。
また、時々新聞をにぎわす母親による痛ましい「幼児虐待事件」、その背後にはほとんどの場合産後うつ病が潜んでいるのです。
最近になって厚生労働省でもようやくこのあたりの関連性について真剣な調査が始まっていますが、「じっくり検討」などと悠長なことは言ってられません。今、まさにこの瞬間にも産後うつ病の母親が子供を虐待しているかもしれないのです。

引用元-−-UTU WEB-CLINIC

産後うつにかかってしまったら

産後うつの対処法に、

人に話す、
自分の時間を作る、
家族や友人の協力を求める、

という風にありましたが、

本当のことを言うと、
できるだけ早い段階で、
診療内科、精神科、神経内科などを受診するのが一番正しいです。

引用元-−-育児を最高に幸せな時間にする方法 〜ハッピーなママと子どもを育てる100のヒント〜

夫など家族と「産後うつ」についてよく話しをすること
産科や地域の子育て支援センターなどに相談へ行く
「産後うつ」になった母親は、一人で抱え込みがちです。「おかしいな」と思ったらすぐに身近な人に相談し、協力を仰ぎましょう。そして、できるかぎり休みを取ることが大事です。

引用元-−-産後うつ病の2つの治療法とは?

産後鬱というか、誰しも皆、出産後はそのようになりますよ。
出産した産婦人科に相談するのもありかと

引用元-−-Girls Channel

ダントツで一番多かったのが、「夫に相談した」(52%)でした。一番近くにいて、パートナーでもある夫に相談する。自分の状態を理解してもらうのも大切かもしれませんね。次に多かったのが、「親に相談した」(38%)という方。身近な出産経験者で、産後の体を気遣ってくれる存在はありがたいものです。3番目は、「友人に相談した」(24%)でした。出産経験者ならとても心強く、気軽に話ができるだけでもうれしいものです。

引用元-−-コンビタウン

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ