最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

最近の虫歯の治療では抜歯でなくても麻酔を使うって本当?

      2016/06/07

最近の虫歯の治療では抜歯でなくても麻酔を使うって本当?

「痛かったら右手を上げてくださいね」

と歯医者は言うけれど、実際虫歯を治療してもらって、痛くて手を上げても

「はい、もう少しだから頑張って〜」というだけで痛くなくなることはない。

抜歯でなくても麻酔してくれる歯医者はないだろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

高校の先生が好きじゃない!嫌いな理由とその対応策

高校生になると自分なりの考え方が確立されてくるので、ルールに...

スポンサーリンク


何故虫歯の治療は痛いのか?

虫歯を治療する際、どうしても虫歯を除去する必要があり、虫歯になった部分の歯を削らざるを得ません。

歯の表面のエナメル質には神経がないので、削っても痛くありません。

ただ象牙質には神経からつながる管があり、歯を削ると痛みを感じます。

ただしこの部分は、虫歯になると自己防衛のために、象牙質を固くして抵抗するため、虫歯のまわりは感覚を感じる人は少ないそうです。

でも中には神経が残っていて、感じる人もいますし、また虫歯が大きく、深い場合は、さらに神経に近くなりますので、痛みを感じる人は多くなります。

神経の近くを治療すれば、痛いのは当然です。

あまりに痛い場合は神経を抜かざるを得なくなります。

神経を抜くとどうしても歯はもろく割れやすくなるので、今は極力神経を残す治療が主流です。

そのため、神経に細菌が入ってしまうと痛みの原因となります。

また、虫歯が原因で根の先に膿がたまっていると、治療したことにより、膿が外に出ようとして痛む場合もあります。

虫歯の治療に麻酔は可能か?

昔と違い、現在は麻酔をすることが主流です。

毎回するわけでなく、治療内容などによって歯科医が麻酔の有無を判断します。

ただ痛みというのは本人しかわかりません。

同じように治療しても、痛いと感じる人がいれば、大丈夫と感じる人もいます。

痛みは個人的なもので、人と共有できません。

そのため、もし自分が痛みに弱いとか敏感であれば、事前に歯科医に「痛くなりそうな治療の場合は、麻酔をお願いできますか?」と希望を伝えましょう。

歯科医院によっては、問診票を記入する際「治療時の麻酔の希望の有無」を確認するところもあります。

おおよそ今は、患者の希望によって麻酔してもらえる時代なのです。

逆に麻酔が苦手なのであれば、それも事前に伝えておきましょう。

特に妊娠中は極力麻酔を使わないのがベター。

妊娠の事実がある場合は、それも伝えましょう。

麻酔が使えない場合は、治療時に痛みがあります。

どうしても痛みが伴う治療をせざるを得ない場合は、麻酔をして治療するのと治療をしないのとどっちが良いかで比較して、治療が必要な場合は麻酔をされることもあります。

虫歯の治療で麻酔が効かない事もある

麻酔薬に耐性のある体質の方がいます。

その場合は、歯科医院にはたいがい2〜3種類の麻酔薬が置かれていますので、種類を変えてもらうしかありません。

残念ながら、歯の炎症が強い時や、膿が溜まっている時は麻酔は効きにくいのです。

一番辛い時に効かないのは辛いのですが、こればかりは仕方ありません。

麻酔の量を増やすか、次回まで先延ばしにするかです。

ただ先延ばしにするともっとひどくなる可能性がある場合は、歯科医判断で続行されることもあります。

虫歯の奥の神経に直接麻酔する方法もありますが、神経に直接するので、一時的にはとっても痛くなります。

実際、麻酔をするのは歯でなくその周辺にある歯茎や粘膜に麻酔薬を入れて、少しづつ歯へと浸透させています。

骨まで浸透した麻酔薬が、神経をブロックして初めて、麻酔が効くという状況になります。

下の奥歯など、周りの骨が密集していて骨が固い場合、麻酔が浸透しにくいため、麻酔が効きにくい傾向があります。

虫歯の治療に使う麻酔の種類

一般的には局所麻酔となります。局所麻酔で良く使われるのは3つの方法です。

一つ目は、「表面麻酔法」です。

麻酔薬を歯茎の表面に塗って、感覚を麻痺させる方法で、歯茎などに注射する前に行って、注射の痛みを軽減させます。

その他、歯石のクリーニングや乳歯の抜歯に使われることもあるそうです。

二つ目は、「浸透麻酔法」です。

歯茎に直接針を刺すため、結構痛いのですが、今は痛くないように色々と考えられています。

例えば、「表面麻酔法」と併用したり、針を細いものにしたり、麻酔薬を温めたり。昔と比べると、かなり痛みが軽減しているそうです。

三つ目は、「伝達麻酔法」です。

下の奥歯は麻酔が効きにくいのですが、下顎の神経を麻痺させることにより、唇や下を含む広範囲にかけることができます。

効果も他の2つと比べれば格段に長く効果時間が持続します。

治療の痛み軽減というより、リラックスを目的とした麻酔もあります。

笑気ガスを使ってする吸入鎮静法と血管に直接鎮静薬を注入する静脈内鎮静法があります。

虫歯の治療でした麻酔の効果時間は?

大人の場合は1〜3時間程度です。

子供の場合は通常大人の半量で麻酔をするので、1〜2時間程度で効果が切れます。

ただし、親不知の抜歯は、親不知がかなり骨の奥深くまで入り込んでいる場合、通常の麻酔方法では無理のため、特殊な麻酔方法となります。

そのため、麻酔の効果は最大6時間継続することがあります。

麻酔が効いている間はなんとなく、唇が腫れているような感覚があります。

多少しゃべるのが困難な場合があり、人によっては少しよだれが垂れてしまうことも。

口の中の感覚が鈍くなっていますので、食事は麻酔が切れてからにしましょう。歯

医者に行くときは、食事を済ませてからの方が良いという人もいます。

唇も噛みやすくなっていますので十分に注意をしてください。

同様の理由で熱いものの摂取も控えた方が良いです。

やけどしていても気が付きません。

麻酔した部分が気になって弄繰り回すひともいますが、これも止めましょう。

爪や指で傷を作ってしまう恐れがあります。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ