最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

海外旅行でアジアに行くなら治安が良い安全な国にしよう

      2016/06/07

海外旅行でアジアに行くなら治安が良い安全な国にしよう

海外旅行でアジアに行こうと考えている人も多いでしょう。

アジアなら距離的にも近いので、時差ぼけの心配も少ないでしょう。

でも、日本とは違って治安が心配という人もいるでしょう。

今回は、治安がよく比較的安全なアジアの国を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝食にラーメン!?太るのが嫌な人は「朝ラー」がおすすめです!

朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象があります...

会社からメールの返信ない時!催促メールの打ち方

とても大切なビジネスのメールのはずなのに、会社や取引先から返...

派遣の仕事先が暇!困ってしまった時の対処法!

派遣会社に登録し、いざ紹介されてこれから頑張るぞ!と思ってい...

会社で虐めがあるが証拠がない。そんな時はこれで解決!

会社で虐めに遭っている、もしくは虐めがあることを聞いたり目撃...

生活保護中の仕事場での注意点や社会保険の問題とは

生活保護を受けている時には、新たに仕事をする時には会社にバレ...

夫の社会保険で産休手当はもらえる?扶養に入っている場合のポイント

夫婦にとって、そして女性にとって大きなイベントでもある出産と...

職場で先輩の態度が冷たい!そんな時の先輩への対処方法

職場はできるだけ明るく、そして自分が仕事をしやすい環境である...

職場の若い女性にイライラが止まらない!嫉妬心を堪える方法とは

職場に新しく入ってきた若い女性。その女性に対し、どうしても嫉...

【年上の部下ができた】間違えれば命取り?年上女性の扱い方

社会へ一度出てからまた大学に入り直したり、留学をしてから社会...

旦那がパワハラの標的に!相手の上司に対抗するには

家族を養うため、世の男性は辛いことも大変なことも必死に乗り越...

洗濯機は洗濯槽クリーナーを使ってもカビが残るって本当?

洗濯機は洗濯物をキレイにしてくれます。
<...

クロスのヤニ取り方で敷金が変わる?簡単なヤニ取り方法

賃貸にお住まいの人ならご存知だと思いますが、退去する時には借...

こんな時にボーナスはもらえるの? 退職前の有給消化中の場合

ボーナスは大事な臨時収入。まして退職が決まっているのであれば...

会社をクビになる?新卒でもそう簡単には解雇できません。

会社に勤めていて、時に悪い上司にぶつかると「クビにするぞ!」...

大学のゼミで一人に…。「ぼっち」は恥ずかしいと悩む人へ

大学のゼミに一人で浮いてしまう、周りは友達と楽しそうなんて場...

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

スポンサーリンク


海外旅行でアジアに行くのならシンガポールがおすすめ

海外旅行でアジアに行くのなら、やはりシンガポールでしょう。ゴミひとつ落ちていない道路や治安のよさは他の国とは比較にならないでしょう。もちろん、外務省からは「危険情報」は出ていません。なお、ゴミを捨てるところを見つかれば罰金を取られます。

博物館や動物園などの見所はいくつかあります。また、日本のデパートも進出しているのでショッピングも楽しめます。ちょうど小さな東京のような感じです。夜はグルメも楽しめます。エスニック料理に中華料理です。今日は本格的なインドカレーを食べ、明日は中華料理に舌鼓を打つ、という楽しみ方もできます。

ちなみに、筆者もシンガポールに1ヵ月ほど仕事で滞在しました。そこで驚いたのは、南国のシンガポールのデパートで毛皮を売っていたことです。もちろん現地の人は買いません。旅行で来ている観光客が買って帰るのです。

また、いくつか恥ずかしい失敗もしました。それは、日本から進出している大手書店に行ったときのことです。店員さんに英語で質問したら、日本語で答えが返ってきたのです。そうです、店員さんは日本人だったのです。現地は華僑の人が多いので、日本人と区別がつかなかったのです。

海外旅行で行くアジアの安全な国【ベトナム】

ベトナムは安全な国です。シンガポールと同じく、外務省からは「危険情報」は出ていません。

ここではショッピングを楽しむ日本人旅行客が多くいます。特に買い物が好きな女性にとって、ベトナムは良い国です。

ここでは、彼女たちが大好きな雑貨や洋服はかなり安く手に入ります。彼女たちは事前にインターネット等で下調べをしていることが多々あります。そういうことも、手伝って物価が低く抑えられているという面もあるでしょう。

しかし、一般的な外国人観光客を相手にするような、免税店やレストラン等はそうではありません。初めてその国を訪れる外国人観光客の多くは現地の物価等について下調べをすることはないでしょう。

そのため、その国の物価というものが分かりません。相場よりもかなり高目の価格を請求されても気づきません。こういった要因があるため、ここでの物価はかなり高目になっています。

安全面では心配がないベトナムですが、買い物をする場合は高い買い物をしないように注意した方が良いでしょう。

海外旅行で行くアジアの安全な国【韓国・台湾】

韓国や台湾も安全な国です。これらの国も、外務省からは「危険情報」は出ていません。

韓国は日本から一番近い国ともいえるでしょう。日帰りで海外旅行を楽しむことも不可能ではありません。かつての韓流ブームは去りましたが、依然として旅行先として人気があります。そのため、女性の一人旅も少なくありません。ただし、観光客が行かないようなところに足を踏み得れないように注意しましょう。思わぬトラブルに巻き込まれることにもなりかねません。

台湾は親日家が多くいるところなので、日本人に対して親切な人が多い国でもあります。料理も本格的な台湾料理が楽しめます。また、同じ漢字文化をもつ国です。言葉が通じなくても筆談でそれなりに意思の疎通は可能でしょう。

ただし、台北で留まるとなるとホテル代が高くつきます。できることなら、それ以外の田舎で泊まる方がホテル代は安く済みます。もちろん、台北から田舎に移動しても安全面に問題はありません。

海外旅行で行くアジアの安全な国【香港】

厳密にいえば香港は地域であり国ではありませんが、ここも安全です。香港も、外務省からは「危険情報」は出ていません。

先にあげた台湾は日本人にとって馴染みやすい国といえるでしょう。しかし、中国文化の影響が残っている香港は、日本人に馴染みづらい地域といえるでしょう。もっとも、それは個人差があって一概にいえるものではありませんが。

この国を旅行した人の多くが口にするのは、物価が高いということです。そのため、買い物目当ての旅行に行く国としては相応しくないかもしれません。もっとも、ここでしか買えないような掘り出し物が見つかるかもしれません。

先に説明したように、香港は国ではなく地域です。つまり、それだけ狭いということです。そのため、数日間滞在しただけで地域のほとんどを見回ることができるでしょう。短期の滞在には向くかもしれませんが、長期の滞在には不向きかもしれません。

香港だけでなく、これまで紹介した安全といわれる国に共通していえることは、そこは日本ではなく外国だということです。日本では当たり前のように女性は夜中にひとり歩きをします。しかし、これらの安全と言われる国であっても、そのような行動は控えた方が良いでしょう。

海外旅行でアジアに行くならタイ・マレーシアに注意

タイとマレーシアは、外務省から「危険情報」が出ています。

タイは、一部の地域でレベル3の渡航中止勧告、レベル2の不要不急の渡航中止、レベル1の十分注意が出ています。また、マレーシアは、一部の地域でレベル3の渡航中止勧告とレベル2の不要不急の渡航中止が出ています。これからこれらの国に旅行に行こうとする人は十分注意してください。(※2015年11月現在の情報です。)

また、安全面だけでなく物価面でも注意しましょう。たとえばタイでは、日本人観光客だと分かると高額な価格を請求されるという話です。

まとめ

これまで、比較的安全だといわれているアジアの国々を紹介してきました。いくら安全だと言われていてもそこは外国です。日本の常識は通用しません。くれぐれも注意してください。

また、外務省から発表されている「危険情報」も現地の情勢によって日々変わってきます。旅行に出かける前には、外務省の「海外安全ホームページ」で最新の情報を確認するようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 雑学

ページ
上部へ