話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

生理後の胸の張りや痛みは大切なサイン!受診が必要な場合も

2016.5.31

生理前の胸の張りは、多くの女性が体験していますよね。

「あれ、そろそろかな?」生理前のサインです。

しかし、生理後の胸の張りや痛みがあるようなら、注意が必要です。

場合によっては婦人科へ受診が必要なケースもあります。

生理前の胸の張りや痛みの原因

多くの女性が経験している「生理前」の胸の張りや痛み。これはホルモンが関係しています。女性は生理前に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌されます。これは体が子供を妊娠、出産する準備を整えているのです。胸の張りや痛みは、お母さんが出産後子供に母乳を上げるために必要な部位である乳腺の成長を促しています。

この胸の張りや痛みにも個人差があります。あまり感じない人もいれば、なんか胸が大きくなったような気がするように感じる人もいると思います。

多くの場合、生理1〜3日前に胸の張りや痛みを感じて生理が近いなあと考えると思います。しかし中にはそのずっと前から胸の張りや痛みに悩んでいる人もいます。

いわゆる月経前症候群(PMS)です。

人によって色々症状が違いますが、月経前に不快を覚える症状の総称です。多くの場合は生理前3〜10日ぐらいに現れるので、生理中を含めると半月ぐらいこの胸の張りや痛みを感じる人もいるのです。女性に生まれたためとはいえ、大変なものです。

生理後の胸の張りや痛みの原因

前述したように、生理前の胸の張りや痛みは、個人差のあるものの多かれ少なかれ、多くの女性に現れる症状ですので、心配する必要はありませんが、「生理後」となると問題があります。

胸の張りの原因となる「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は生理が始まると徐々に分泌が減っていきます。つまり、胸の張りや痛みは治まっていくわけなのですが、生理が終わってもまだ痛むのであれば問題です。

原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。つまり本来なら減少していなければならない「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が生理後もずっと分泌されていればやはり胸が張ったり、痛みを覚えたりします。

また年齢的に更年期に近い女性であれば、更年期の症状の可能性もあります。更年期になるとどうしても女性はホルモンバランスが崩れるので、胸の張りや痛みを感じます。他にもホットフラッシュという、体のほてりやのぼせ、突然の発汗などの症状が伴います。

病院に受診が必要な胸の張りや痛み

胸の張りや痛みの原因が、ホルモンではなく乳腺や乳房に問題がある場合もあります。乳腺が何らかの原因で炎症を起こしたり(「乳腺炎」)、しこりがあったり(「乳腺症」)、乳房に腫瘍ができている時、その腫瘍が悪性だった場合は「乳癌」となります。

また、妊娠しているという事もあります。

「え、だって生理来たのに」と驚く方も多いと思いますが、それは生理でなく不正出血という事も考えられます。妊娠していれば当然、出産のために乳腺の発達は促されるわけなので、それ自体は体の当然の働きです。

今は妊娠検査薬で簡易的に妊娠のチェックが出来ますので、時期的に妊娠している可能性のある人は一度確認してみましょう。

妊娠の有無が妊娠検査薬で確認できるのは、生理予定日の一週間後からです。それ以前は検査薬を試しても正しい結果は得られません。また最終的な妊娠の判断は産婦人科での病院の受診をもってとなります。

どちらのケースにしろ生理後の胸の張りや痛みが体の重要なサインなのです。見逃さないでください。

ホルモンバランスの乱れを直そう

ホルモンバランスが乱れたままでは、妊娠がしたくても出来なかったりすることもあります。またホルモンバランスが乱れた状態が続けば、健康が損なわれる可能性もあります。だから乱れたホルモンバランスは治すようにしましょう。

まずは生活習慣の見直しからです。

生活は規則正しく、朝起きて、夜は眠るようにしましょう。当たり前の生活が出来ない人が多くなっています。食事はきちんと3食食べるように。最近の女性は糖質オフダイエットをする人も多いですが、一時的に体重は減るものの、リバウンドしやすい食べ方なので、炭水化物は3食取るようにします。また動物性脂肪は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌を促すようなので、摂取は控えめに。同じく摂取を控えたいのがカフェインです。

また現代人には中々難しいと思いますが、極力ストレスを溜めないように。といってもストレスと無縁の人はいないと思います。ストレスを受けても、できれば早期の時点で発散する方法を見つけたほうがいいでしょう。

生理後の胸の張りや痛みを感じたら…

一時的なものならまだしも、ある程度の期間続くようなら、病院に受診しましょう。胸が張る=乳がんではありませんが、どんな病気も早期発見が、早期治療に結びつきます。

前述しましたが、たかがホルモンバランスの乱れが原因だとしても、甘く見てはいけません。特に妊活中の女性であれば、猶更です。ホルモンが乱れている限りは妊娠する可能性はどんどん低くなります。生活習慣を見直すとともに、病院に受診し、投薬治療で症状が改善することもあります。

また合わせて基礎体温をつける習慣をつけると、自分がいまどの時期にいるのか理解できるようになります。妊娠したい人も、妊娠したくない人も、今自分の体が妊娠にしやすいのか否かの目安となります。

最近はスマホのアプリでも簡単に記録できたり、メモリ機能のある婦人体温計もありますので、さほど負担なく実施することが可能です。方法は簡単で、朝起きてから動かないまま体温計を図り、その結果をアプリに記録すればいいのです。

その表でホルモンバランスの乱れとかわかるようになります。是非お試しください。

 - 美容・健康