最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

産後の体重減少はいつから?産後ダイエットで体型を戻す!

      2016/06/07

産後の体重減少はいつから?産後ダイエットで体型を戻す!

出産によって体系が変わってしまったことに悩む女性も多いですが、

産後の体重減少はいつからなのでしょうか?

今回は産後ダイエットで元の体型に戻す方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s
《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

ba3ea633adfc9bf5a230ea7a09205155_s
今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_s
《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s
《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

2f65e61f91454394d7669203bac72d1e_s
原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s
野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

fd992c2cb25b12d37b3f0bf5f7d445cd_s
赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s
妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

3df91a308507f3edf5512facf46a6928_s
ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

9511b509cf0570d0310507ae3a06c2a9_s
bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

6480d6736487596451dbfc65aae6149f_s
人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

ed47e49ae0252bac1362669f2b04f4bd_s
受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

2a16cc3662b9834312b74f4299540085_s
アトピーは治せます!ワセリンとラップを使った治療法をご紹介します

4人に1人の赤ちゃんがアトピーを患っているのをご存知でしょう...

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s
気をつけて!あの野菜は食べ過ぎると太る!


太るのはもちろん嫌なのに太ってしまう。

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
コミュニケーションが苦手!病気の可能性や原因について解説!

人付き合いが苦手、コミュニケーションを取るのが難しいと感じた...

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s
自宅でカンタン!美容院のトリートメントが長持ちしちゃう方法


女性の美しさに欠かせない要素の、髪・へスタイル。...

スポンサーリンク


産後はいつから体重減少が始まるの?

産後すぐに4〜5キロ減る人が多い

産後は、赤ちゃんが外に出てくるので、その分の体重と、胎盤や羊水の分も減るので、だいたい4〜5キロはすぐに落ちる人が多いです。

そこから、妊娠中に体に蓄えられていた水分が徐々に排出され、病院を退院する1週間後ぐらいには、5〜6キロ程度減る人が多いです。

ここまではあまり苦労せず、体重を落とすことが可能です!

問題は産後1〜6ヶ月の体重の減り方!

退院した後の体重ですが、私の経験上、産後1ヶ月まではストンと体重が減っていきました。

ただ、問題なのは床上げ終了後の産後1ヶ月〜6ヶ月の間です!

ここでどう頑張るかで、産後の体型が元より痩せれるか、太ってしまうかが決まってしまいます!

引用元-産後体重はいつから減り始めるの? | 産後ダイエットに成功する方法〜16キロ痩せました〜

産後の体型が出産前に戻るまでは3〜6ヶ月かかる

出産前の体型に戻るまで3〜6カ月という方が圧倒的に多く、

2カ月以内に戻ることや11カ月以上かかる方は少数のようでした。

ですから、1〜2カ月で体型が戻らなくても、心配することはないみたいですね☆

しっかりとした対策をしていても、3〜6カ月はかかるようです。

引用元-出産後のお腹、体重が痩せるのはいつから?産後ダイエット100人アンケート結果!

母乳を上げていると体重減少しやすい

産後、赤ちゃんのお世話で大変なお母さん。

でも、妊娠中に増加した体重は、その後減りましたか?
出産時赤ちゃんは、平均3000g。胎盤約500g。羊水が500g。
出産と同時に、お母さんの体重が約4キロ減る計算になります。
問題は残りの数キロ。

産後すぐに体重は減りませんが、通常の食生活を送っていると、徐々に体重は戻ると思います。
特に母乳をあげているお母さんは、食生活の見直しをしていたり、母乳をあげている為に、体重がもとに減りやすいと言われています。

しかし、寝不足の積み重ねや、ストレスの発散として、いつも以上に食事を摂ったり、おやつを食べると、あっという間にカロリーオーバーとなり、体重も増えるかも知れません。

母乳の場合、お母さんは喉が乾きやすいので、カロリーの高い飲み物で水分補給をしたり
痩せやすいから大丈夫と、安心して沢山カロリー摂取すると、体重が減るどころか、太ってしまうので、注意しましょう。

母乳は、お母さんが食べたものが血液となって、母乳として赤ちゃんの栄養源になります。
それを思うと、甘すぎるお菓子やジャンクフードは控えたいですね。塩分の取りすぎも気になりますね。

引用元-産後の体重減り方、完母の場合は?二人目では差が出る?

産後ダイエットはいつから始めればいい?

出産後すぐにダイエットを意識する人、赤ちゃんのことに夢中で自分のダイエットのことなんて忘れてしまっている人……さまざまだと思いますが、産後のダイエットは早ければ良いというものでもないですし、遅くても良くないです。

産後1ヶ月は まず自分の体調回復に

産後は、妊娠中の体から妊娠前の体に戻ろうとするので、さまざまな変化があります。これが「産後の肥立ち」であり、すごく大切な時期なんです。

子宮やホルモンバランスなど、妊娠前の状態に戻ろうと、急激に体に変化が現れてきます。精神的にも不安定になりやすく、ひどくなると産後うつにつながってしまいます。

自分の体の回復だけでなく、子育てで生活も変わる時期です。3時間おきの授乳に寝不足になる人も多いと思います。体が回復するまでの1ヶ月程度は、ダイエットよりも自分の体を休めること、回復させることを優先しましょう。
産後6ヶ月までが勝負!

妊娠でついた脂肪は普通の脂肪とは違い、落としやすいという特徴があるんです。でも、産後6ヶ月以降はその脂肪が定着しやすくなってしまうので、産後6ヶ月を目処にダイエットを進めましょう。

もちろん、6ヶ月を過ぎたらもう落ちないというわけではありませんが、徐々に落ちにくくなってしまうので、長くても1年以内を目標にダイエットすると効率的です。

引用元-産後ダイエットで元のボディラインに戻すための5つのポイント | ダイエットSlism

産後ダイエットに効果的な骨盤スクワット

骨盤スクワットは、1日に1回、たった3分でできます。

1.足を肩幅に開き、つま先は開ける最大まで外側に向ける
2.45秒かけて、腰を落とせるところまで落とす
3.15秒かけて、元に戻す
4.今度はつま先をできるだけ内側に向ける
5.また45秒かけて、腰を落とせるところまで落とす
6.15秒かけて、元に戻す
7.つま先はそのままで、上体をできるだけ前に倒し、約15秒キープ (このとき背筋はなるべく真っ直ぐに状態を倒します)
8.ゆっくり戻して終了

スクワットを行う際のポイントは、体重を膝ではなく、お尻にかけることです。慣れるまでは、「45秒かけて腰を落とす」のが辛いので、無理のない範囲で頑張ってみましょう。

基本的に、「1週間やったら3日間休む」というサイクルで取り組むのがおすすめです。毎日続けて行うと体が刺激に慣れてしまい、ダイエット効果が出なくなってしまうためです。
効果が出るまでの期間は、個人差はありますが、1ヶ月ほどといわれています。

骨盤スクワット、注意点は?

体重が一気に2〜3キロくらい落ちたら、一旦骨盤スクワットを中止し、体重の減少が止まったら再開しましょう。

やり過ぎると膝に負担がかかるので、膝の弱い方は痛くない程度に曲げる、回数を減らすなどして無理をしないようにしましょう。

引用元-骨盤スクワットで痩せた!やり方、効果まとめ。産後いつから? – こそだてハック

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 美容・健康

ページ
上部へ