最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

男性が彼女を紹介する時はいつ?彼の両親にも好かれる女性になろう

      2016/06/07

男性が彼女を紹介する時はいつ?彼の両親にも好かれる女性になろう

将来のことを考えて真剣に交際していると、気になってくるのが両親への紹介。

自分ではもう”その時”なのに、彼からは何もなくて不安に…なんてこともままあります。

男性はどんな時に彼女を両親に紹介しようと思うのか、紹介したい女性、したくない女性等についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

受付 仕事の楽しい過ごし方 今の仕事に疑問を感じる貴女へ

現在の仕事が受付である方もそうでない方も「この仕事いつまで続...

スポンサーリンク


恋人を両親に紹介するタイミングは?

「恋人を親に紹介するタイミングは?」で注目したいのは、アンケートに答えてくれた男性の57%が支持した「しばらくしてお互いを分かってから」。女性に比べ20%も上回り、いっぽうの女性は「直前まで紹介しない」に票が集中していました。

この結果、意外ではありませんか!?
というのも、男性は女性に比べると、一般的に恋愛話などを安易に親に口にしない人が多いと思っていたからです。結婚が決まるまでは、恋人を両親に紹介しようという気持ちにもなりにくいのでは?と予想していたのですが、それを覆す結果となったのです。

逆に女性は、「結婚直前まで紹介しない」「紹介したくない」と考える人が4割超え。
この数字は「結婚直前まで紹介しない」「紹介したくない」と考える男性の2倍の割合に当たり、 むしろ女性のほうこそ、両親への恋人の紹介には慎重になっているようです。
その心の内には、いったいどんな思いを抱えているのでしょう?
コメントの内容を見ていくと、自分が選んだ恋人を両親の偏見で判断されたくない、2人の世界を邪魔されたくないといった思いが強いようです。その他、もし紹介後に恋人と破局したら心配をかけてしまうと両親を気づかうコメントも目立っていました。

そして男女とも、「付き合ったらすぐ」「できるだけ早め」の段階で親に紹介しようと考える人が少数の2割程度という数字を見ても、多くの人は2人の関係が深まってから両親に恋人を会わせたいと、紹介するタイミングを慎重に考える傾向にあるようです。

引用元-−-サンマリエ

両親に紹介されたきっかけは?

両親への挨拶には、相手の家に出向く挨拶と、何かの折りにする挨拶があります。「両親が上京しているから、夕飯を一緒に食べてくれないかな」という会は、家に出向く挨拶と比べライトなので、まだ結婚を考えていないカップルに多い挨拶スタイルです。逆に、結婚の挨拶は相手の家まで出向くことが多いため、より緊張するのではないでしょうか。また、「親に会わせたい」なのか、「親が会いたいと言っている」なのかでも、言葉の重さは違います。

引用元-−-All About

両親への挨拶には、相手の家に出向く挨拶と、何かの折りにする挨拶があります。「両親が上京しているから、夕飯を一緒に食べてくれないかな」という会は、家に出向く挨拶と比べライトなので、まだ結婚を考えていないカップルに多い挨拶スタイルです。逆に、結婚の挨拶は相手の家まで出向くことが多いため、より緊張するのではないでしょうか。また、「親に会わせたい」なのか、「親が会いたいと言っている」なのかでも、言葉の重さは違います。

引用元-−-マイナビウーマン

真剣だから紹介したいのは、男女とも一緒

では、恋人を親に紹介したい理由とはなんなのか、聞いてみましょう。

最も目立ったのは、
「結婚に発展するかもしれないから」(31歳/男性/静岡県)
という声! やはりいずれにせよ、親に会わせるのは結婚を意識し始めたとき、と考える人が多いのでしょうか。

「実際会うことで、より安心してもらえると思う」(27歳/女性/神奈川県)
というように、前回と引き続き「親を安心させたい」という回答も多数見られました。
恋人がいるとわかれば、一体どんな人と付き合っているのか、親御さんは心配になるのでしょうね。

「どんな人か見ておいてもらいたいし、自分の恋人には親とも仲良くなって欲しいから」(24歳/女性/福島県)
親と恋人の相性というのは非常に気になりますが、仲良くなってくれたら後々いろんな意味でラクかもしれません。

「いい加減な付き合いはしてないから」(29歳/女性/北海道)
「相手から信頼されたいと思うので」(26歳/男性/大分県)
親に会わせるということは、自分の真剣な気持ちをアピールする手段にもなりますね。

「デート代節約のために実家に行くこともあるから」(27歳/女性/愛媛県)
なんて声も。確かに、実家デートをするなら親御さんにご挨拶せざるを得ません!

恋人の親に会うのはドキドキするものですが、相手から「紹介したい」と言われたら、とりあえず真剣に交際してくれていると考えてよさそうですね♪

引用元-−-マイナビウーマン

安心して紹介できる女性像

【1】きちんとした常識やマナーが身についている女性
「失礼な子を連れて行ったら心配されそう」(30代男性)など相手の女性が非常識だと両親に呆れられてしまうのでは…と心配する男性は多いようです。付き合いが長く、気心を知れた仲でも靴をそろえて脱ぐなど、いつでもマナーがある行動を心がけておきたいところです。

【2】笑顔で話ができるなど社交性のある女性
「とにかくイメージがいい!」(20代男性)など、常にニコニコした姿に人当たりの良さを感じる男性もいるようです。普段から引っ込み思案にならず、彼の友達に会ったときに積極的に馴染むよう努力を見せると、「安心して両親に会わせられる」と男性に思ってもらえるかもしれません。

【3】親の前でベタベタしない、状況をわきまえることができる女性
「親の前では気を使ってほしい」(20代男性)などTPOを考えることのできる女性を求める男性もいます。ついいつもの調子で彼に甘えた態度を取ってしまったり、どうしても彼の要望に気づけない鈍感な女性は「その場でこっそり注意して!」など、事前に彼氏に伝えておきましょう。

【4】黒髪など外見が派手ではない女性
「第一印象は大事でしょ」(20代男性)など、その女性の印象を大きく左右する外見は、男性にとって気になるポイントのようです。普段派手な服装をしている女性は、たまに落ち着いた服装でイメチェンしてみると、「そんな一面もあるんだ」と男性が安心感を抱いてくれるかもしれません。

【5】料理が得意など家庭的な女性
「母親にも堂々と自慢できる!」(20代男性)など、家庭的であることは男性が声を大にして親に伝えたくなる能力のようです。ランチにお弁当を持参すれば、料理だけでなく「家計のやりくりも上手そう」と思われるかもしれません。

【6】細かいことにも気がつく気配り上手な女性
「親も喜んで受け入れてくれそう」(20代男性)など、気遣いができる女性なら、両親も感心してくれるだろうと考える男性もいます。大勢での会食の際に、すすんで飲み物を注文したり料理を取り分けるなど、かいがいしく動いておくとソンはないかもしれません。
【7】きちんと仕事をしている自立心のある女性
「経済的な面でも親が安心しそう」(20代男性)など、経済的に安定している女性のほうが親から見ても頼もしいと思うのでは、と感じる彼氏もいるようです。「仕事をずっと続けられるよう、手に職を身につけたい」など、結婚後も男性に頼りきるつもりはないことをアピールしておくと将来の関係に二の足を踏まれずに済むかもしれません。

【8】家柄が自分と同じレベルの女性
「親と会話が続かなそう…」(20代男性)など、あまりに生まれ育った環境が違うと両親が戸惑うのでは、と懸念する男性もいます。たとえ彼氏の家柄が自分とかけ離れていても「ありえない」など、否定的なことは言わないように注意したほうが良さそうです。

【9】親や兄弟を大切にする家族想いの女性
「祖父母と一緒に住んでいた女性は家族を大切にできるイメージ」(20代男性)など、家族との絆がきちんと築けている女性なら、自分の両親も大切にしてくるはず、と思う男性は多いようです。ただし、彼とのデートよりも家族とのイベントを優先しすぎると「俺への愛情がない」と彼に誤解される危険性があるので気を付けましょう。

引用元-−-オトメスゴレン

紹介したくない女性像、当てはまっていませんか?

「親に紹介できない」女性の特徴として、まず注目したいのは「見た目が派手」という意見だ。とりわけ、茶髪やツケマツゲ、派手なネイルなどギャル系スタイルの女性は「遊んでいそう」「親ウケが悪そう」ということで紹介をためらう男性が多いよう。「親の紹介」を目指すのであれば、同世代ではなく親世代に好まれる装いを意識したい。

次に注目したいのは「言葉遣いが悪い女性」だ。「人間として恥ずかしい」という厳しい意見もあるように、言葉遣いに幻滅する男性は非常に多い。「マジ」や「超」といった口癖はなかなか抜けないもの。無意識に使っている場合も多いので、日頃から美しい言葉遣いを心掛けたいものだ。

その他にも、食事のマナーが悪い、借金癖、家事ができない、ズボラといった特徴が挙げられていた。「彼の両親になかなか紹介してもらえない……」と悩んでいる女性は、当てはまるものがないかチェックしてみよう。

引用元-−-マイナビニュース

年末年始の帰省を利用して提案してみる

N745_densyadeinakanikisyousuru500-thumb-750x500-2091

1.お盆やお正月などでカレが田舎に帰るとき!
社会人でも学生でもお盆やお正月は田舎に帰省する人が多いですよね。そのタイミングで「そっかぁ、実家に帰っちゃうんだぁ。旅行とか行きたかったなぁ…。一緒について行くとかダメ??」と、少し冗談のように提案してみましょう。
彼に警戒されないためのコツは「冗談っぽく」です。あくまでも「彼が帰るついでに、ついて行く」ということなので不自然でもなく、カレにも「まぁ、いいか…」と、考えてもらいやすいはず!

2.「テツヤ君の思い出の場所に行きたい」と案内を頼む!
二人で旅行やお出かけ計画を立てている時に、行き先をどうするか聞かれたら「テツヤ君の故郷がいいな〜。小さい頃に遊んでた場所とか通ってた学校とか見てみたい!」と、無邪気にお願いするのです。
この時点で、ちゃっかり実家へ行って親に会わせてもらう作戦はヒミツ!
もし、現地についてからカレが実家へ行きたがらないときは「実はご両親にお土産があるんだけど…」と、断り切れない状況を作ればOK!
☆バッグに隠しておけるサイズのお土産の準備は抜かりなく!

引用元-−-GIRLS Slism

ただし、プレッシャーは厳禁!

彼氏にプレッシャーをかけるのは厳禁!

自分の親にカノ女を紹介するということは、多少でも2人の関係をマジメに考えているから。結婚など将来について考えるとき、女性としてはキチンと正式に紹介してもらって「認めて欲しい」と願うもの。
でも、直接的に「いつ紹介してくれるの?」「私のことホンキじゃないんでしょっ!」と、急かしてしまうと、彼はプレッシャーに感じて逃げ腰になってしまうことも。
あくまでも自然な流れで軽い感じを意識していれば、いいキッカケを作ることも可能なはず!

引用元-−-GIRLS Slism

男性が「紹介するよ」なんて言ってもいないのに「あなたの親に会いたい」、「いつ紹介してくれるの?」、「わたしの親にも会わせるから」なんて1人で突っ走っていませんか?

「だって待ってても全然話が進まないんだもの」とグチを言いたくもなりますが、女性が考えている以上に男性は“結婚”に対して責任を感じている人がほとんど。彼が今だとタイミングを見計らっていることを尊重する姿勢も大事なのかもしれません。

引用元-−-AppWoman

いざ紹介!NG行為には注意して

いつもは普通にしていることでも、相手の親の前でするべきでない言動も……。うっかり出てしまわないよう、気をつけたいNG行為についても聞いてみました。
「相手の両親もふたりの関係が親密なのはわかっていますが、恋人のことを普段呼んでいるような感じで呼び捨てにしたり、ニックネームで呼ぶことは避けましょう。結婚するまで、また結婚してからも、相手の両親の前でお互いを呼ぶときは、多少の敬意を払って、さん付けで呼ぶほうが好意を持たれます」と坂田先生。
呼び捨てでなくても、ちゃん付けやくん付けは、すこし幼く感じられるかも。さん付けで呼ぶほうが、しっかりした大人の印象を持ってもらえます。
「自分の子どもを大切にしてほしいと願うのが親心です。相手の親が『昔から気が利かない子で〜』『落ち着きがない子で〜』と、恋人の至らないところについて言ったとしても、それに対して迂闊に『そうですね〜』と肯定的に相槌を打ってはいけません」(坂田先生)
どんな親でも、自分の子どもを他人からけなされるのは気分が悪いもの。「気配りをしてくれる」「いつも優しい」「ステキな人」など相手を褒めておくと、相手や相手の両親を立てることになり、結果的にプラスに働きます。相手のいいところを、積極的に褒めて。

引用元-−-ウレぴあ総研

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 恋愛

ページ
上部へ