話題のアレ

最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

眼瞼痙攣の症状や原因と治療法のまとめ

2014.10.4

目の周りがピクピクと痙攣することはありますか?

もしかしたら眼瞼痙攣(がんけんけいしょう)という病気かもしれません。

これは進行性のある病気で、放っておくと目が開かなくなる恐れもあります。

また、初期症状はドライアイにも似ています。

聞きなれない病気である眼瞼痙攣の症状や原因と治療法をまとめてみました。

眼瞼痙攣の症状

まぶしい、目が乾く、目を開けていられない、目の周囲がピクピク動くといった症状が現れる。左右両方に発症し、進行性である。

重症の場合、完全に目が開けられない状態となる為、視力があるにも拘らず生活上は盲目と等しくなることがある。ドライアイ、眼部ミオキミア、眼部チック、といった疾患と間違えやすい。

けいれん、という名称から痙攣が起きている状態と思われがちだが、必ずしも痙攣が起きているとは限らない為、ドライアイとの鑑別は重要である。

引用元-ウィキペディア

 

眼瞼痙攣になるとどんな症状がおこるの?

初期症状としては「まぶしい感じ」や「眼が乾いてショボショボする」「まぶたの周りの筋肉階段がピクピクする」などがあります。

通常は両眼に症状が現れますが、左右で程度に差があることも少なくありません。

やがて症状が進んでくると、まぶたがしょっちゅう下がってくる感じがしたり、さらには全く眼を開けていられなくなり、視力があるにもかかわらず、失明と同じような状態にまで陥ることもあります。

症状の進行はそれほど早くはありませんが、放っておいても自然に治ることは少ないです。進行の度合いによっては、階段を踏みはずす、電柱にぶつかるなどでケガをしてしまうこともあります。

そうなると仕事や買い物に行くのも困難になり、日常生活に大きな支障をきたします。

引用元-myclinic.ne.jp

 

眼瞼痙攣の原因は何か?

眼輪筋を含めて顔の筋肉は脳から出る顔面神経によって制御されていますが、両側性の眼瞼けいれんの原因は、顔面神経に指令を与える脳の深部(大脳基底核(だいのうきていかく))の異常とされます。

一方、片側性のものは脳を離れたあとの顔面神経が、筋肉へ至る走行経路の途中で血管や腫瘍(しゅよう)などに圧迫されて発症します。

また逆に、神経には異常がなく、眼球に異常があってまぶたが開きにくいこともあります。線維束収縮は、ごく一部分の神経の表面の被膜が障害されて起こります。

引用元-gooヘルスケア

 

ストレスが原因の場合も

眼瞼けいれんの症状は主に眼の周りに起こりますが、その原因は、実は脳の神経回路の不調にあります。

発症のきっかけとなる危険因子として、心理的ストレス、遺伝的素因(家族性)加齢、薬物の使用、化学物質への暴露などがあると考えられています。

特に目立つのは薬物性眼瞼けいれん(約40%)で、原因となる薬物として、向精神薬、抗不安薬、睡眠導入薬が挙げられます。

引用元-井上眼科病院グループ

 

眼瞼痙攣の治療方法

眼瞼けいれんには、ボツリヌス療法、薬物内服療法、手術などの治療方法があります。

ボツリヌス療法

目の周りの筋肉に緊張をやわらげるおくすりを注射する治療方法です。

薬物内服治療

向精神薬や抗てんかん薬などを内服する治療です。

手術

まぶたの筋肉や皮膚を短くする手術などがあります。

引用元-グラクソ・スミスクライン株式会社

 

眼瞼痙攣がある方のつぶやき

https://twitter.com/kpmrmh/status/518048868005449728

https://twitter.com/motoki2980/status/518035984617730049

https://twitter.com/Hs25A/status/517685092097855488

https://twitter.com/R_8my/status/448731173234040832

 - 健康・病気