最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

知らないと損をする火災保険で屋根を修理する方法

      2016/06/07

知らないと損をする火災保険で屋根を修理する方法

意外と知られていませんが、風や雪やひょうで屋根が損害を受けた場合は火災保険で修理できる場合があるのです。知らないと損をします。

では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?。

今回は、火災保険で屋根を修理する方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

胃腸炎で病院へ行く、行かないの判断はこれ!

ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気...

朝に音楽を聴く効果と、適した曲を選ぶポイントをご紹介♪

音楽は人の心を動かします。ウキウキ、わくわく、楽しい...

ふくらはぎの痛みにマッサージは効果的?手軽にすっきりする方法

仕事終わりや遠出した帰り道、どっと疲れが出てくるとふくらはぎ...

頭痛と嘔吐!病院に行っても「原因不明」な症状の緩和方法

頭痛がひどくて嘔吐などの症状が出るけれど、病院に行...

足の付け根の痛みには何科を受診?症状から受診する科を考えよう

足の付け根の痛みって色々微妙ですよね。何が原因かに...

気になるニートの税金は?働かないので支払いはどうしてるか解説

社会人になれば自分が生活していくために働くことが当...

結婚式で仕事を休みたい!休む時にやっておきたい気遣いとは

自分が結婚で仕事を休む時には、職場の人たちに迷惑が...

課題が終わらない!徹夜する時に絶対に眠くならない方法を紹介!

明日までに絶対に終わらせなくてはいけない課題が終わらない。 ...

《危険!》車のエンジンかけっぱなしで寝るリスクを知ろう!

最近はSUV車のような、車内空間が広く車中泊が可能な車の人気...

仮病を理由にしてうまく部活を休む方法はこれ!

部活を頑張っている人も、仮病を使ってでも休みたいときはありま...

大学を辞めたい!鬱病になってしまった時に取るべき行動とは

大学に通っている時に鬱病だと診断されてしまったら、...

マンション管理会社の調べ方と管理会社を知ることのメリット

マンションに住む時には見た目だけの綺麗さだけで評価...

生活保護での家賃の支払いとオーバーした時の対応を解説

生活保護を受けることになった時に心配なのは、食費と...

失業手当を貰いながら扶養に入っているのがばれた時のリスクとは

仕事辞めた後に失業手当をもらうため手続きをしますが...

公務員になるには浪人は不利な理由と実態を解説

公務員になるために勉強していても、大学を浪人してし...

コンビニ店長が転職する理由と経験を活かせる職業をご紹介

アルバイトから始めてコンビニ店長にまで出世をしたのに、店長職...

新生児がミルク飲まない時の原因と病気の可能性を解説

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない症状を見せた時には...

社会人が趣味にかけるお金とは?気になる趣味とお金の関係

社会人になってから自分の趣味にお金をかける人も多い...

先生が好きだけど、相手は既婚者!この恋の諦め方

先生を好きになる事は珍しくありません。他の男子から比べて、大...

受動喫煙による影響は嘘?タバコの害が少ない理由とは

受動喫煙による悪影響はタバコを吸わない人にとっては大きな問題...

スポンサーリンク


火災保険で屋根を修理できる仕組み

火災保険は、火災に遭って家や家財道具が燃えてしまい損害を被ったときにそれを補填してくれる損害保険です。そのため、多くの人は火災保険では屋根の修理費を補填してくれないと考えているようです。しかし、そこには誤解があります。実は、火災保険は火災だけでなく、風水害による損害も補填してくれるのです。つまり、風水害により家の屋根が損害を被れば、その修理費を火災保険で補填できるということです。

火災保険には、基本的な補償の対象として火災による被害があります。この他にも、風や雪、そしてひょうによる災害も補償の対象にしています。例えば、強風で屋根の瓦が飛ばされたり、積雪でカーポートの屋根が壊れたり、ひょうでカーポートの屋根に穴が開いた場合などは補償の対象になります。

これらのことは、大手火災保険会社のパンフレットに載っています。知らないと損をします。いま火災保険に入っている人も、これから火災保険に入ろうとしていつ人も一度確認しておくと良いでしょう。

火災保険で屋根を修理できる事例

先に説明したように、火災保険では火災による損害の補償以外にも、風、雪、ひょうによる災害も補償の対象になります。そのため、台風などによる強風や、大雪、ひょうなどによって屋根の一部が破損した場合、その修理に要した費用は補償されます。

よくあるのが、台風の強風で屋根瓦が飛ばされた場合です。ニュースなどでは、台風が通り過ぎた後の住宅の屋根瓦が飛ばされた風景がよく映し出されています。これも意外に思われるかもしれませんが、強風で屋根の上のアンテナが曲がった場合も、その修理費が補償されることがあります。

この他にも、家屋の屋根より作りが弱いカーポートの屋根もよく被害に遭います。たとえば、強風でカーポートの屋根が飛ばされてしまった。あるいは、前日からの大雪が積もったり、突然に大きなひょうが降ってきた場合など、カーポートの屋根は壊れたり大きなに穴が開いてしまいます。これらを修理するのに要する修理費も火災保険で補償されます。

火災保険で屋根を修理できない事例

家を新しく建てたときは新品でも、時が経てば屋根は老朽化します。そして、いずれかは修理が必要になることもあるでしょう。では、そのときの修理費は火災保険で補償されるのでしょうか。

時が経って老朽化することを経年劣化といいます。火災保険は、修理が必要となる原因がこの経年劣化だけでは補償の対象にはなりません。屋根瓦が剥がれ落ちて雨漏りが酷くなったとしても、他に原因がなく経年劣化のよるものなら補償はされないのです。

では、この経年劣化は誰が判断するのでしょうか。もちろん保険に入っている本人ではありません。保険会社でもありません。公平を期するために、この経年劣化を判断する第三者の専門機関があるのです。そのため、「これは火災保険が下りる」と判断しても、この第三者機関が経年劣化だと判断すれば火災保険は下りません。逆に、「これは経年劣化なので火災保険は下りないだろう」と思っていても、第三者機関がそう判断するとは限りません。調査の結果、経年劣化以外の原因があると判断されれば火災保険が下りる場合もあるのです。

屋根の修理についての誤解

強風や大雪などで屋根が被害を受けたら、その日から3年以内に保険会社に申請をしなければ無効になってしまいます。保険会社の方からいちいち「お宅の屋根は大丈夫ですか。保険の申請をしたらどうですか」とは聞いてくれません。こちらから申請をする必要があるのです。ただし、3年以内に屋根を修理しなければいけないというわけではありません。あくまでも、保険の申請は3年以内にしなければいけないということです。

では、屋根が被害を受けてから3年経った場合は、もう保険の申請は出来ないのでしょうか。絶対に保険の申請ができないというわけではありません。なぜなら、3年も経てば台風などによって強風が吹く可能性も十分にあります。また、豪雪地方に住んでいるのであれば、屋根に雪が積もる可能性も十分にあります。つまり、保険の申請期間はその時から3年間は有効だということです。このように、保険を申請できる3年の期間というものは、あってないようなものなのです。

屋根の風災補償してくれる保険会社

今回紹介した、風、雪、ひょうによる災害補償は、基本的に国内の損害保険会社で取り扱っています。そして、基本的に火災補償とこの災害補償はセットになっているので問題はないでしょう。ただし、この災害補償がオプションとなっている場合、それを外すこともできます。そうなれば、台風で屋根が飛ばされても火災保険では補償されないので注意しましょう。

まとめ

火災保険では、多くの場合、火災補償と災害補償はセットになっています。また、経年劣化により屋根が破損したと思った場合でも、火災保険で補償できる場合があります。しかも、3年という有効期間はあってないようなものです。強風や大雪などで屋根が破損したときは、仮に経年劣化が疑われる場合でも保険申請をした方が良いでしょう。屋根の修理費が保険で賄える場合もあります。

また、これから火災保険に入ろうとするひとは、災害補償がオプションになっているかどうかを確認しましょう。もし、このオプションを外してしまえば、強風や大雪で屋根が被害を受けても火災保険では補償されなくなります。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 生活・ライフハック

ページ
上部へ