最新ニュースや最新じゃないニュースで管理人が気になったお話まとめてます。

話題のアレ

知的障害者施設で職員として働くということ

      2016/06/07

知的障害者施設で職員として働くということ

知的障害は、概ね18歳くらいまでの発達期に診断されることが多く、理解、思考、記憶などの認知能力が遅れてている状態を指します。

高齢者の認知症や痴呆、発達障害とは違い、脳機能の障害を伴う知的障害。

こう言った障害を持つ方々と関わる仕事は、生半可な決意では出来ません。

知的障害者と施設で職員として関わりたい、そう思った時、もう一度知的障害者と向き合う為に必要な心構えを考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員と企業の併願は無理?「二兎追うものは一兎も得ず」か

公務員試験と企業の選考開始日が被ってしまうと、併願希望者にと...

これは本心?それとも義理?旦那の友達の結婚式、妻はどうすべき


旦那の友達の結婚式の招待状に、何故か「奥様と是非...

大学生の部活は厳しい! 円満にやめたい時に出すべき理由とは


大学生になってからの部活というものは、それまでの...

太ももが熱いと感じたら要注意!それは重大な病気のサインかも


太ももが突然、燃えるように熱いと感じたら、決して...

心臓が痛い!中学生や見られる心臓の痛みの原因と対策

心臓が痛い!と感じる中学生や高校生は少なくありません。 <...

《そろそろやばい?》気づけばアラサー、結婚を焦る大人女子へ

学校を卒業して社会に出ると、見える景色は一気に変わります。 ...

今更人には聞けない!「憶測」と「推測」の違いと使い方

日本人が使っている日本語というのは、基本的に生活や経験、そし...

《朝からトイレに閉じこもり》出ない悩みはすぐに解決!

朝、毎日トイレで「出ない・・・」と悩んでいるあなた。その辛さ...

《健康志向の方必見》朝バナナの効果!ポイントは一日2本まで

健康な身体を維持するためには朝食はとても重要です。

《気にしすぎ?》赤ちゃんが心配で眠れない毎日

子供が生まれると今まで以上に赤ちゃんに関するニュースには敏感...

《過保護すぎ?》大学生になった息子が心配でたまらない

あんなに小さくて可愛らしかった息子が気づけば大学生。

《みんなこんなに苦労してるの?》夫の給料が低い我が家

衣食住だけでなく各種税金や保険、人間誰しも生きるためには常に...

原因は猫背?!くしゃみをすると腹筋が痛い人必見!


暑い夏も終わり、そろそろ秋ですね。

野菜の食べ過ぎが害に!?良かれと思って食べ過ぎると実は逆効果

美容と健康のために野菜をたくさん食べましょう!というのは、常...

勉強も運動も苦手…でも子供なら1年間で得意になります!


小学生から大学生まで勉強に関わることは長いですよ...

赤ちゃんがうつぶせを嫌がる!そんな赤ちゃんにオススメの練習法


赤ちゃんは生後3ヶ月〜5ヶ月頃になると首がすわる...

妊娠?プラノバール服用で体温が上がる理由

プラノバールというお薬は婦人科系のお薬なので、聞いたことがな...

ダウン症の新生児がよく寝る理由と注意点等のまとめ

ダウン症の認知度はかなり高いようですが、どんなハンディキャッ...

bcg接種後、翌日の外出は?お風呂は? 注意すべきことは

生後3ヶ月ほどから、赤ちゃんは数多くの予防接種を受けることに...

人気俳優もかかった気胸はどんな病気なのか。再発3回という事例も

気胸という病気をご存知ですか?気胸には軽度の症状から、重度の...

スポンサーリンク


知的障害とは

知的障害とは、知能の発達の遅れが成長期に見られること、つまり、18歳までに診断される知的能力に障害があり、日常生活・社会生活の適応行動に困難が生じるため、介助を必要とする状態にあることをさします。

知的障害は4段階に分類されることが多く、知的能力を測る知能指数IQ(Intelligence Quotient)テストの結果によって軽度・中度・重度・最重度に分類されます。

知能指数の平均値は100。

70〜130の間に約95%の人がおさまり、70以下と130以上が異常値とされています。

130以上の場合は高知能、70以下の人が知的障害とされています。

70以下の分類は、50〜70が軽度:自立生活が可能で、簡単な読み書き・計算はほぼ可能、言葉でのコミュニケーション、単純作業が可能。

35〜50が中度:自立生活がほぼ可能で、簡単な読み書き、計算が一部可能、言葉でのコミュニケーション、単純作業が部分的に可能。

20〜35が重度:自立生活が部分的に可能、簡単な読み書き、計算がほぼ不可能、言葉でのコミュニケーションが少し可能、単純な手伝いが可能。

20以下が最重度:自立生活がほぼ不可能、簡単な読み書き・計算は不可能、言語コミュニケーションはほぼ不可能、単純作業・手伝いは不可能。となっています。

知的障害者の施設

知的障害者の施設には、知的障害デイサービスセンター、知的障害者更生施設、知的障害者授産施設、知的障害者通勤寮、知的障害者福祉ホーム、の5種類があります。

知的障害者デイサービスセンターはその名の通り、知的障害者のデイサービスを提供する施設です。

文化活動や社会参加を目的とした機会を提供しています。

知的障害更生施設は満18歳以上の知的障害の方の入所施設で、日常生活における支障をサポートしながら、職業訓練など、自立のための生活支援を行い、社会生活に順応できるよう訓練する施設です。

知的障害者授産施設は18歳以上の知的障害者の方で就労が困難の方を対象とし、自立生活に必要な支援・訓練を行いながら、社会生活を営めるよう就労の場や技能の取得を手助けする施設です。

知的障害者通勤寮はすでに就労をしている知的障害者に対し、居室・設備を提供する施設です。

独立や、自立活動に必要なアドバイスや指導、相談などを行うことが目的とされています。

知的障害福祉ホームは就労をしている15歳以上の知的障害者が事情により住居を必要とする場合に、居室・設備を提供する施設です。

他の施設に比べると比較的低額で、原則は指導や訓練は行わず、生活も個人負担、自炊・自立した生活を送るための施設となっています。

知的障害者施設の職員

知的障害者施設で働くには、資格の有無は問われません。

ですが、「人」相手の仕事で、知的障害という支援を必要とする方々をサポートし、本人を含む家族とのコミュニケーションも必要となりますので、可能ならば、社会福祉士や社会福祉主事などの資格があると知的障害や福祉についての基本的な知識があるという信頼につながるでしょう。

施設によっては、医師・看護士・調理師・栄養士・相談員・生活支援員・作業支援員など様々な職種の職員が働いています。

どういった職種を希望するのかにもよりますが、知的障害者施設は、基本的には障害者の方々が、地域・社会に出て自立活動をしていくのを支援・サポートをする場所です。

一言で知的障害と言っても、様々な段階があり、また、一人一人の個性や得意不得意などによっても自立支援の方法や手順が違ってきます。

福祉、保健、医療、教育、就労、生活など様々な分野でのトータルケア計画が重要視されますが、それぞれの専門分野での指導や支援は手厚くても、その連携や連絡が難しいのが現状です。

そういった問題を解決し、個人の活動ニーズに基づいてトータルにケアを計画する仕事が障害者ケアマネージャーです。

知的障害者施設の中での職員の役割

先ほど記載しましたが、知的障害者施設で働くには様々な選択肢があります。

資格や知識があるに越したことはありませんが、人を相手とし、人と関わる仕事は、相手との意思疎通に加え、予期せぬたくさんの支障も起こります。

ましてや、知的障害のある方の度合いによっては、言語のコミュニケーションが困難であったり、生活支援は食事や作業の指導だけではなく、日常生活の排泄や理由のない感情や発作のような行動、欲望などに直面することもあります。

人としての尊厳を互いにどのくらい感じあえるか、など目に見えない部分のつながり、忍耐力、包容力、また、強靭な精神力も必要となります。

もちろん、これらは、知的障害の方と関わる経験が増えるにつれ、また、それに携わる職員同士のディスカッションなどで経験値も、技能も鍛えられ、高まっていくものですので、仕事を始めてから身につくことも多いでしょう。

とはいえ、誰もが同じ人間ですので、様々な事情、環境、傷つくことや、恐怖を感じることも起こりえます。

障害に対する理解、そこに関わる家族や職員、友人との信頼、また、時に受け入れ、時に厳しい判断を下す場面も必要となります。

人として、職員として、それぞれが成長し、成長をしながら生きることへの喜びに視点を置けること、相手に対し、奉仕の心や尊敬の念を抱けることが、最も必要なスキルといえます。

知的障害者と関わる職員の心のケア

ここまでは、知的障害の方と関わる仕事を選ぶことへの心構えや知識を記述してきました。

理解力、包容力、忍耐力が強く問われる職業ですが、人として、生きがいを持って職に就くこと、人と関わ理を持つ仕事は、耐えること、我慢やボランティア精神だけでは長く続けることはできません。

実際に、知的障害者からの暴力やセクシャルハラスメントに苦しむ方や、生活支援の度合いなどをどこまで容認するのか、など辛い選択が必要な場面、また、人として尊重すべき関わり方の限界や葛藤を抱え、自分自身が精神を病んでしまい、退職や転職をする職員も多くみられます。

人間ですから、心の葛藤や様々な思いを抱くのはごく自然で、感情のぶつかりが生じるのはある意味、仕方のないことです。

知的障害児は、成長の速度は遅くても、その年齢にあった精神・身体の成長があり、18歳を越えれば大人としての人格が表面に出てきます。

知的障害があるからこうだ、という決めつけのできない複雑な人と接する仕事ですから、その出来事が、互いの生活に深く大きく影響を与え合うのは当然です。

だからこそ、仲間として、支え合い、他の職員との連携、コミュニケーションが大切です。

互いに励まし合い、成長を喜びあえる関係を築いていくことが、そこに関わる人すべての心のケアにつながるでしょう。

Twitterでの関連したつぶやき

関連記事はこちら

 - 仕事

ページ
上部へ